子供部屋のレイアウトや間取り、2人きょうだいではどうつくる?

子供部屋のレイアウトや間取り、2人きょうだいではどうつくる?

「2人目の子供の誕生で家が手狭になったから」という理由でマイホームを考える人は多い。子供部屋をつくるなら最初から、と思いつつ、子供が小さいうちはあまり必要とは感じられず、子供の人数分の個室を何年も使わない状態で置いておくのはもったいない!とモヤモヤする人もいることでしょう。そこで、今と将来にとって使い勝手の良い子供部屋のレイアウトや間取りについて、ブル―スタジオの石井さんにお話を伺いました。

「子供部屋で何をするか」を考えるところから始めよう

子供部屋は、使う人が決まっていても使う年齢によって使い方がどんどん変わっていく部屋です。それだけに、成長に合わせてどんな使い方をしたいか考え、将来の変化に対応できるように備えておく必要があります。また、一口に子供部屋といっても、夫婦でも育った環境によりイメージするものが大きく異なることがあります。そして、家の形状や広さによる制約や子育ての方針でも、そのレイアウトは大きく変わるものです。将来の子供の人数や性別、子供の性格についてはまだわからないし、ましてや子どもは親のイメージ通りに育つわけではないのですが、まずは夫婦でどんな子供部屋にしたいか意見をすり合わせ、わが家のシナリオをつくるところからスタートしましょう。その際、次の3点をしっかり検討しておくと、おのずと子供部屋のイメージが固まってきます。

1. 「子供部屋で何をしたいのか?」(遊ぶ、勉強する、着替える、寝る、友達を呼ぶ、など)

2. 「子供部屋でしたいこと」は、個室でやるのがよいのか、個室じゃないほうがいいのか、個室は避けたほうがいいのかを分類する

3. 「子供部屋でしたいこと」はいつするのか、使う時間を考える

何をするのか、どう過ごしたいのかで考える子供部屋の間取り

小さいうちの子供部屋はつなげておき、用途で仕切るのも手

子供部屋は、どれくらいの広さを確保すればよいのでしょうか。「勉強、着替え、眠る」を全て1部屋で完結できるようにするなら、学習机、ベッド、収納を配置するのに少なくとも4.5畳以上はほしいところです。ただし、先に述べた「1何をするか」で、例えば「勉強はリビングのスタディーコーナーでするから学習机は不要」「着替えは別に設けるファミリークロークでするから収納は少しでOK」と用途を子供部屋から外に出す場合は、その限りではありません。実は、「何を、どこで、いつするか」は、家全体のレイアウトを決める上でも重要な観点です。

「子供が小さいうちはみんな一緒に眠りたい」などみんなで1つの空間で過ごす希望が強ければ、二人分の子供部屋を一旦はつなげて広くつくり、子供が成長してから区切るのも手です。その際は、将来の2部屋分の入口のスぺース、コンセントや照明の配線、窓の位置、仕切りをつくるための下地などを準備しておき、将来のレイアウト変更では極力「早く」「安く」「無駄がない」リフォームを目指しましょう。特に窓の位置は大切です。よく考えておかないと、採光や通風面で2部屋に分けること自体が難しかったり、法的に居室とみなされず売却時の不動産的価値に影響が出る場合があります。将来像も含め、最初の家づくりの際にプランナーに相談しておきましょう。

次の画像は、家全体をワンルームにして子供部屋を設けず、大空間で遊ぶ、寝るは家族一緒にしている事例です。将来は仕切って子供部屋を設ける予定ですが、今は目が届くリビングの一角に勉強する場所をつくっています。昼間はママの作業スペース、夕方からは子どもの勉強スペースと、使う人と時間の組み合わせにより空間はぐっと効率よく使えるようになります。

リビングの一角に勉強スペース
リビングの一角に勉強スペースがある間取り図

小学生のうちは、遊びも勉強も親の目が届くパブリックスペースで。寝るときも家族一緒に
■Oさんファミリー/夫・妻・長男8歳・二男3歳
(写真協力、設計/ブル―スタジオ、以下同)

初めから個室を設けるなら、用途や個性で分けた子供部屋に

一方、「後でリフォームするのも大変だし、初めから個室に分けておこう」ということであれば、1部屋は「昼は遊び、夜は寝る部屋」、もう1部屋は「家族みんなの書斎ルーム、ときどきゲストルームにも」など用途で分けておくと、子供が小さなうちでも活きた部屋になるでしょう。一番やってはいけないのは、子供が個室を使うようになるまで物置にしてしまうこと。住宅取得コストを考えれば、トランクルームよりも割高でもったいないですし、置き場があると物がどんどん増えて、いざ子供が自分の部屋を使おうという段階で片付けるのが大変になってしまいます。

次の画像は、曲線の秘密基地のような空間を中で二つに分け、姉妹それぞれに自分の部屋を設けた事例。広さは均等ではなく、リビングで過ごすことが多い姉と部屋で趣味を楽しみたい妹の個性に合わせてレイアウト。姉の部屋に姉妹のベッドをまとめました。子供がある程度成長してから子供部屋をつくるなら、均等ではなく個性に合わせても。

曲線スペースを生かした姉妹別々の子供部屋(室内)
曲線スペースを生かした姉妹別々の子供部屋(部屋の外側)
曲線スペースを生かした姉妹別々の子供部屋の間取り図

個室が欲しい年齢になれば、子供の個性も見えてくる。それぞれの過ごし方に合わせてレイアウトを
■Mさんファミリー/夫、妻、長女12歳、二女6歳)

後から仕切れる、大空間の子供部屋間取り。建築コストが下げられる点が人気

子供が小さいうちは子ども部屋をつくらない、もしくは広くつくっておき、それぞれに個室が必要になってから仕切る場合を考えてみましょう。壁をつくらない分、初期の建築コストが下げられ、将来仕切るまでに少しずつ資金を用意する時間が持てる点をメリットに感じる方もいるでしょう。後から仕切る際、子供の性別や個性、部屋の広さにより、しっかり仕切ったほうがいい場合と、緩やかに仕切ったほうがいい場合があります。しっかり仕切る場合は、壁を設けるほか、間にクローゼットやベッドなどをつくることで部屋を分ける方法があります。同性の場合など緩やかな仕切りでOKな場合は、目隠しとなる高さの収納家具で仕切ったり、ロールスクリーンやカーテンなど柔らかい素材で仕切る方法があります。なお、空間が狭い場合は、仕切りを天井まで延ばさずに上の空間をあける仕切りや透過性のある素材を使うのもオススメ。圧迫感がなく奥行きを感じられるので、部屋が広く感じられるでしょう。いくつか、後から区切るアイデアの実例を紹介します。

異性きょうだいの成長にともない、壁で仕切った子供部屋

姉が中学生になるのを機に、1つの子供部屋を姉・弟それぞれの空間に仕切った例を紹介します。ちょうどサッシの真ん中に壁を設けて窓とドアは共用とし、それぞれの空間にはベッドやちょっとした勉強スペースをつくりました。お互いの生活音がさほど気にならない仲良しきょうだいなら、簡易な壁でも十分です。

異性きょうだいの子供部屋の仕切り方
異性きょうだいの子供部屋の仕切り方の間取り図

真ん中にできた壁には、気に入った雑貨を飾ったり、こまごまとしたものが収納できる棚もつけた。
■Mさんファミリー/夫・妻・長女13歳・長男9歳

広さに余裕があるときの、将来の子供部屋の仕切り レイアウト例

小さいうちは親の目が届くところで遊べるよう、子供の遊びスペース(間取図の左下部分)をリビングに持ってきた例です。今は家族全員で北側の広い寝室で寝ていますが、子供に個室が必要になったら3つに仕切り、夫婦の寝室と子供部屋2つにする予定です。なお、リビングの遊びスペースはカーテンで仕切れるようになっているため、ゲストルームとして使うことも可能です。

広さに余裕があるときの将来の子供部屋仕切りレイアウト
広さに余裕があるときの将来の子供部屋仕切りレイアウトの間取り図

子供が遊ぶスペースがしっかりゾーニングされていると、リビングはスッキリした印象に
■Kさんファミリー/夫・妻・長女7歳・二女5歳

コンパクトでも、レイアウトの力できょうだいの空間を仕切った例

きょうだいで子供部屋を分けるにあたり、真ん中に2段ベッドを造作することで空間を振り分けた事例です。もともと家具の2段ベッドで空間を共有していましたが、それぞれパーソナルスペースを持ちたがってきたので、空間をしっかり分けてレイアウト。家具ではなく、壁と一体で造作したことにより空間を立体的にレイアウトしたため無駄がなく、コンパクトながらも自分たちの空間がしっかり確保できたよろこびは大きいようです。

狭い子供部屋を2部屋に仕切った例 棚とベッド
狭い子供部屋を2部屋に仕切った例 入口
狭い子供部屋を2部屋に仕切った例 ベッド
狭い子供部屋を2部屋に仕切った例 間取り図

ベッドで空間の高さを分け、ベッドでできた壁と出入口を上手く組み合わせ、奥行きを分ける複雑な間取り
■Aさんファミリー/夫・妻・長男12歳、長女7歳

子供部屋を常に生きた空間にするためには、最初のプランニングが大切です。と同時に、子供の成長で見えてきた個性を吸収して変化させていく必要があります。どういう風に使うかをよく考えて、自分たちらしい子供部屋を目指しましょう。

まとめ

子供部屋で「何をするか」「何をしないか」からレイアウトを考る

子供の成長に合わせて後でラクに仕切れるようにプランニング

子供部屋はきょうだい同じに限らず、用途や子供の個性に合わせてつくる

注文住宅の会社を探す
土地を探す
リフォーム会社を探す
新築一戸建てを探す
中古一戸建てを探す
賃貸物件を探す
売却査定する
新築マンションを探す
中古マンションを探す
取材・文/竹入はるな 
公開日 2019年12月23日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション・建築会社選びをサポートするプロ。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る