勝手口って必要なもの? メリット・デメリットや気になる防犯性を解説

勝手口って必要なもの? メリット・デメリットや気になる防犯性を解説

キッチンなどに設けられて、直接外へ出入りできる勝手口はゴミ出しや買い物から帰ってきたときなどに便利。でも、最近の戸建では減っているとか。勝手口のメリットやデメリットを知って、わが家には必要かを考えてみよう。

勝手口とはどんなもの?

勝手口をつくる戸建ては減少? その背景を一級建築士に聞いてみた

キッチンやユーティリティなどに設けられる勝手口。玄関やリビングを通らなくても外に出ることができる。昔は多くの戸建てにあったが、最近の建売戸建や注文住宅では勝手口のドアをあまり見かけなくなっている印象がある。その理由について、一級建築士のYuuさんに聞いた。

昔は、家の北側に水まわりがまとめられ、キッチンは独立型が主流でした。リビングや居室は南側にあり、家族が過ごすスペースと家事をするスペースは、南北に分離していたのです。ですから、例えば食料品の買い物から帰ったらそのままキッチンに入れたり、ゴミ置き場に生ごみを直接出しに行くことができたりする勝手口は、家事を楽にするためにとても使い勝手が良いものだったのです。玄関はお客様用で表の顔、勝手口は家事を執り行うための裏口という存在だったんですね。

しかし、今はキッチンがリビングと一体化したオープンな空間になり、家の中心的な存在になってきています。また浴室や洗面室などの水まわりの配置も多様な生活スタイルに合わせてさまざまなバリエーションが見られるようなり、家事を楽にするためには勝手口をつくるだけではまかないきれなくなってきたのです。

そこで生まれたのが、間取り全体から『家事動線』を工夫するという発想です。そうしましたら勝手口が無くても楽に家事ができるようになったんです

キッチンから玄関へはリビング・ダイニングを通る間取り
キッチンから玄関へはリビング・ダイニングを通る間取り。勝手口があるため、ゴミ出しのときにはキッチンから直接外へ(間取図作成/SUUMO編集部)
最近主流の回遊動線
最近主流の回遊動線。キッチンからリビング・ダイニングを通らずに玄関へ行くことができる。ゴミ袋を持ってリビングを通らなくてすむ(間取図作成/SUUMO編集部)

また、主婦がひとりで家事を担うことが多かった時代は、勝手口をつくって家事動線を家族の動線とは分けたほうが家事効率がよかった。しかし今は夫婦や家族で家事を分担する時代。キッチン、洗面室、玄関、リビング・ダイニングをつなぎ、家族全員が家事に参加しやすい間取りや動線の工夫がされているため、勝手口のない動線でも不便がなくなったのだ。

勝手口のメリットは?

集中して家事をするなら勝手口はメリット大

勝手口がなくても、家事がしやすい間取りのバリエーションがいろいろある今だが、それでも、勝手口を設けるメリットはある。

「家事を集中的に、効率的にこなすなら、勝手口はとても便利です」とYuuさん。

「例えば、ユーティリティの洗濯機から濡れた洗濯物を出して、リビング、玄関を通って庭へ、または2階へ上がってベランダへ干しに行くのは重たいし、大変。でも、ユーティリティのそばに勝手口があって、外へ出てすぐの場所に物干し場があれば、洗濯の動線が最短ですみます。取り込むときもラクですね」

間取図
(間取図作成/SUUMO編集部)

そのほか、敷地の外に出やすい位置に勝手口があれば、買い物から帰ってきて荷物を冷蔵庫やパントリーにしまったり、ゴミを出したりの家事動線も短く、効率がいい。

勝手口のデメリットは?

外構費用がかかるなどデメリットも

では、勝手口を設ける場合、どんなデメリットが考えられるのだろう。

まず、勝手口へ通じる通路をつくることになり、外構費用がかかる。また、通りやすい通路にするために、敷地の広さに余裕が必要になる。

「勝手口が設けられるのは、キッチンやユーティリティなど、もともとそれほど広くないスペースです。ドアをつけることで、ドアの前にモノや収納家具が置けなくなります。ドアにスペースを取られて、洗面台が希望よりも小さくなってしまったケースもありました。勝手口をつくるなら、収納や動線を考えてプランニングすることが大切です」

防犯対策は必須。必ず対策を

勝手口は玄関に比べて、道路から見えにくい場所に設けられることが多い。人目につかない開口部は、侵入犯に狙われやすい場所だ。
「防犯性の高い鍵をつけたり、人が通ると明るくなる人感センサー付き照明を設置したりなど、防犯対策が必要です」

ほかにも、歩くと音がする防犯砂利を通路に敷く、防犯カメラを設置するなど、安心度を高めるために複数の対策を検討したい。

サーモス2‐H採風勝手口ドア
ドアを閉めたまま採風、換気ができる「サーモス2-H 採風勝手口ドアFS」。700mmの間隔を開けて設置されたサムターンは、万一ガラスを破られても2カ所に錠があるため開けられにくい(画像提供/LIXIL)
侵入犯がサムターン回しで解錠するのを防ぐ勝手口ドア
鍵をかけたあと、取り外せる安心の着脱サムターンは、侵入犯がサムターン回しで解錠するのを防ぐ(画像提供/YKK AP)
勝手口に通じる通路には砂利を敷き門扉を設ける
勝手口に通じる通路には、砂利を敷き門扉を設けることで、侵入犯にとって入りたくない家にしておく(画像/PIXTA)

防寒対策や使い勝手など、勝手口をつくるときのポイントは?

キッチンが寒くならないよう断熱性に注意

勝手口は水を使うキッチンに近い場所。隙間風が入ってきたり、断熱性が低くて室温が下がったりしては健康にも悪影響。勝手口のドアには、気密性、断熱性の高いものを選ぶこと。現在、勝手口があり、その周辺が寒くて困っている、という場合はリフォームでドアを交換するだけでも改善するケースもある。各設備メーカーから、高気密・高断熱仕様の勝手口ドアが出ているのでショールームなどで見てみるのもいい。

庇を設けることで雨から建物を守る

玄関ドアや窓の上に取り付けられた小さな屋根のような庇(ひさし)。勝手口にも取り付けられているケースがある。この小さな庇にはどんな役割があるのだろう。

いくつかある役割のひとつが日よけ。夏の高い位置からの日差しを防ぐ効果がある。そして、重要なのが雨よけだ。建物と窓やドアの境目からの雨水の浸入や、汚れがサッシの下に筋をつくるのを防ぐ役割をする。

最近は凹凸のないシンプルな外観デザインの家が多いが、庇の役割を知ったうえで、つけるかどうか検討するといいだろう。

また、屋外用のサンダル置き場を室内または外に設けることも忘れずに。

庇を取り付けた勝手口
庇を取り付けた勝手口(画像/PIXTA)

コンロそばの目隠しカーテンやロールスクリーンは危険

夜、照明のついたキッチンにいるとき、勝手口の外から中の様子が見えそうなのが嫌で、カーテンやロールスクリーンで目隠しをしている人もいるだろう。しかし、ガスコンロに近い場所にカーテンを下げるのは、引火の危険性もあり好ましくない。スリガラスだけでは落ち着かないという人は、細かな格子が入ったデザインのドアを選ぶ方法もある。施工会社やリフォーム会社に相談を。

まとめ

勝手口は、キッチンから直接外に出られるため、洗濯物を干したり、ゴミ出しをしたりなどの家事を効率的にしやすい

ゴミ置き場や庭へ行きやすい位置に勝手口を設けることが家事効率アップのポイント

寒さ対策や防犯対策を忘れずに

注文住宅の会社を探す
新築一戸建てを探す
中古一戸建てを探す
リフォーム会社を探す
賃貸物件を探す
新築マンションを探す
中古マンションを探す
取材・文/田方みき 
公開日 2019年06月11日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション・建築会社選びをサポートするプロ。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る