階段下をどう使う? 洗面台や洗濯機置き場など水まわりに有効活用するアイデア

階段下をどう使う? 洗面台や洗濯機置き場など水まわりに有効活用するアイデア

コンパクトな間取りの場合、少しでも居室の広さを確保したいはず。そんなときには階段下を洗濯機置き場やバスルームなど、水まわりのスペースとして活用してみては? 階段下のデッドスペースを有効に活用すると、他の空間を広く使えるだけでなく、家事動線や生活動線もスムーズになることも。階段下を水まわりスペースにするメリット・デメリット、使用用途別にプランニングのポイントについて、リフォームや新築を数多く手掛けているスタイル工房に伺った。

階段下を水まわりスペースにするメリット・デメリット

階段下を水まわりスペースにするメリット

階段の下部はほとんどデッドスペースになるため、空間を有効利用できるのが最大のメリットだ。例えば、洗面室と階段が隣接している場合、階段下を洗濯機置き場にすると洗面室を広くできるので、室内干しができるランドリースペースにしたり、パウダーコーナーにしたりするなど、空間を充実させることが可能になる。

また、階段は生活動線や家事動線などを考慮して配置されるため、階段下に日常的に使用頻度の高い洗濯機、キッチンなどの水まわりを設けると動線がスムーズになり、家事ラクにもつながる。

<階段下を水まわりスペースにするメリット>

・階段下のデッドスペースを有効利用することができる
・階段は生活動線上にあるため使いやすい配置に

階段下を水まわりスペースにするデメリット

一方で、デメリットとしては、天井部分に段差があり歪な形状の空間になるという点と、階段の下段部分は天井高が低くなる点が挙げられる。空間そのものはコンパクトになるため、段差部分の天井高に注意しながらプランニングすることが重要だ。

<階段下を水まわりスペースにするデメリット>

・天井に段差が生まれ、歪な形状の空間になる
・階段の下段部分は天井高が低くなる

階段下を洗濯機置き場にするアイデア

プランニングで注意するポイント

洗濯機を階段下のスペースに置く場合は、ドラム型か縦型かによって洗濯物を出し入れする動き方が異なるため、洗濯機のタイプに合わせて高さなどスペースを確保しよう。

また、洗濯機まわりで使うアイテムの収納を設けておくと◎。洗面室にランドリースペースを設ける場合は、洗剤など洗濯する時に必要な物だけでOK。その他掃除用具など置く場合は、サイズに合わせてスペースを確保しよう。

換気口を設ければあまり湿気がこもる心配はないが、扉ではなくロールスクリーンやウッドブラインドなどで仕切れるようにしておくと生活感が剥き出しにならず、来客時も洗面所にゲストを通せる。

階段下を洗濯機置き場にした実例

ドラム型の洗濯機は洗濯物を手前に取り出すので、縦型に比べると低い段差でも対応できる。余ったスペースをアイロンがけなどの家事コーナーとして活用することも。洗濯の一連の動作が完結して家事ラクにもつながるので、家事動線に合わせて付帯する作業スペースや収納を設けると◎。

洗濯から収納まで完結する家事室
階段の壁面部分をニッチにして、洗剤などの収納スペースに。使いやすく、スッキリしまえる
手前の洗面脱衣室で脱いだ衣類をここで洗い、洗い終わった洗濯物をその隣の家事室で干して、翌朝にはたたんでしまう事ができる、時短家事の動線設計(画像提供/花みずき工房)

階段下を洗面台にするアイデア

プランニングで注意するポイント

階段下に洗面台を設ける場合は、水ハネがある部分はクロスではなくタイルなどにすると良い。また、階段に段差があると既製品の洗面化粧台は入らないことが多いため、造作のほうがスペースを有効に活用できる。

既製品にする場合は、上下がセパレートになるタイプにして鏡のある上部をズラして高さが取れる場所に付けて工夫しよう。

階段下を洗面台にした実例

コロナ禍によって手洗いが習慣化し、玄関から入ったところに手洗いスペースをつくるニーズは増えている。階段は玄関から入ってすぐのところにあるケースが多いので、手洗いスペースに最適だ。

洗面台は鏡を設置するためある程度高さが必要となる。階段の形状や段差に合わせて配置しよう。ドライヤーや電動歯ブラシなど使用する場合は、コンセントも忘れずに。

スケルトン階段から光が差し込む洗面台
階段の折り返し部分を活用すると人が立つ場所が上段になるため、スペースを有効活用しやすい
階段の折り返し部分を活用した洗面台。洗面台上部をスケルトン階段にすることで、上階からの光が差し込み明るい空間に(画像提供/志田建築設計事務所)

階段下をバスルームにするアイデア

プランニングで注意するポイント

階段下をバスルームにする場合、天井高に段差があるため規格が決まっているユニットバスにすることはできないケースが多い。階段下の段差にも対応できるハーフパンユニットを採用し、防水性の配慮をしながら設置しよう。バスタブの上部分に階段の段差がくるようにするとスペースが有効利用できる。

階段下をバスルームにした実例

階段の段差部分にバスタブを配置すると、天井部分が低くなっていても問題なく利用できる。換気扇はマストだが、窓が付けられるとより換気がしやすくなり、湿気がこもらずカビなどを防ぐことができる。

階段下のユニットバス
階段下部分にはバスタブをレイアウトすると、段差が気にならずスペースを活用できる
階段の形状に合わせて加工すれば、ユニットバスでも対応可能(画像提供/タカホームサービス)

階段下をキッチンにするアイデア

プランニングで注意するポイント

リビング階段にする場合は、階段下にキッチンを設けるとデッドスペースが活用できるだけでなく、家族のコミュニケーションが生まれ、家族の気配を感じながら料理できる。

注意点としては、キッチンから調理中の蒸気や煙が上階に上がってしまったり、階段からほこりがキッチンに落ちるため、階段下にかかる部分はキッチンの調理スペースではなく背面収納などが適している。さらに収納スペースは扉があるタイプを選ぶとほこりなどの心配がない。

階段下をキッチンにした実例

階段下にキッチンを設けると吹き抜けのようになって明るい空間になるため、開放感が生まれて空間が広く感じる効果も。狭小住宅の場合などにおすすめしたいプランアイデアだ。階段下にキッチンを設ける場合、換気扇は階段にかからないようにしておくと、調理の際の煙が上階に上がりにくくなる。

下の実例は、スケルトン階段の蹴込みは透明のポリカーボネートを使用。階段下のキッチンに光を通しつつほこりを落とさないオススメのアイデアだ。

階段がキッチンの近くにあれば、階段をベンチのように使ったり、階段の端に観葉植物などを飾ってLDKを快適な空間に演出することもできる。

階段下のオープンキッチン
木のぬくもり溢れる空間に合わせて、キッチンはダークブラウンをセレクト。ほこりがキッチンに落ちないよう、透明のポリカーボネート板で蹴込部分を塞いでいる
吹き抜けと中庭からの採光で、明るく伸びやかなLDK。キッチンに沿うように階段を配置することで、スッキリとした空間に(画像提供/小野寺工務店)

生活動線や家事動線を考慮してプランニングを

このように、階段下のデッドスペースは、洗濯機置き場、洗面台、バスルーム、キッチンなどさまざまな水まわり空間として活用することができる。その分、他の空間を広くできるので、コンパクトな間取りの場合はぜひ検討を。特に、洗濯機置き場やキッチンは、階段下に設けることで家事効率もアップするため一石二鳥だ。付随する作業のためのスペースを近くにレイアウトしたり、階段下の余った部分を収納にするなど、普段の生活動線や家事動線を考慮しながらプランニングしよう。

まとめ

階段の下部に洗濯機、洗面台、キッチンなどの水まわりを設けると動線がスムーズになり、家事ラクにもつながる

階段下の天井部分は段差があり歪な形状の空間になるという点と、下段部分は天井高が低くなる点がデメリット

水まわり空間はそれぞれ使用する際の動作に合わせてどのくらいのスペースが必要かを確認してからプランニングし、必要に応じて収納スペースやコンセントも設けよう

注文住宅の会社を探す
土地を探す
新築一戸建てを探す
中古一戸建てを探す
カウンターで相談する
ハウスメーカーを探す
工務店を探す
賃貸物件を探す
引越し見積もりをする
リフォーム会社を探す
中古マンションを探す
新築マンションを探す
売却査定する
取材・文/金井さとこ
公開日 2022年02月25日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション選びと会社選びをサポートします。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る