平屋で4LDKの間取り。どのぐらいの広さが必要?プランニングのコツは?【費用がわかる実例も紹介】

平屋で4LDKの間取り。どのぐらいの広さが必要?プランニングのコツは?【費用が分かる実例も紹介】

平屋の間取りは2LDKや3LDKが多く、4LDKは案外少ないものです。そこで、平屋で4LDKの間取りをつくるときに必要になる広さや、プランニングで気をつけたい点などを桧家住宅の営業担当の皆さんに伺いました。さらに、4LDKの平屋実例を3つ紹介。間取りのほか、価格や住み心地などを参考にしてください。

平屋4LDKの間取りのコツ1 延床面積は30坪を目安に

4LDKの平屋を建てたいとき、最初に気になるのは「どのぐらいの広さが必要なのだろう?」ということではないでしょうか。

「私が4LDKの平屋をご提案する場合、建物の延床面積は30坪、およそ100m2を目安にしています。この30坪に駐車スペースを加えた分が、必要になる土地の広さです」(桧家住宅 東京支社 新宿営業所(瀬田展示場)所長 多並芳将さん)

駐車スペースの広さは、車種、何台分確保するか、敷地と道路の状況などにより大きく異なります。これから土地を探す方は、必要な駐車スペースもプラスした広さをイメージしておくとよいでしょう。

外観イメージ
建物分と駐車スペースの他に、ある程度の広さの庭があれば、自然を感じる暮らしが楽しめます。「スマート・ワンSF024(延床面積:105.99m2 本体価格1589万円(税抜。ウッドデッキ含む)」(画像提供/桧家住宅)

平屋4LDKの間取りコツ2 動線が長くならないように注意しよう

部屋数が多い4LDKの場合、最も気をつけたいのは生活動線や家事動線を短くすることです。

「動線を短くするには、廊下をできるだけなくし、水まわりは一カ所にまとめることが大事です。例えば、LDKを住まいの中心に配置し、そこからすべての部屋にアクセスできる間取りなら動線もコンパクトになります。

年齢を重ねると移動に手すりが必要になることがありますが、動線が長いと、その分手すりの設置個所も長くなります。今の利便性はもちろんですが、先々の安全性を考えても、動線を短くできるような間取りをつくりたいですね」(桧家住宅 埼玉支社 モラージュ菖蒲展示場 津野弘二さん)

間取り図
LDKを間取りの中心に配置。LDKから2つの部屋と水まわりにアクセスできます。「スマート・ワンSF024(延床面積:105.99m2 本体価格1589万円(税抜。ウッドデッキ含む)」※前述の外観と同一商品(画像提供/桧家住宅)

家事の中でも洗濯に関する動線は、洗う・干す・たたむ・しまうの一連の作業が必要になるため、どうしても長くなりがちです。

「最近は、脱衣室と洗面室と分け、洗濯機は脱衣室に置く間取りが人気です。分けておくと脱衣室を室内干しスペースとして活用しやすく、娘さんが洗面室を使っているときでもお父さんは自由に着替えや入浴ができます。

洗面室か脱衣室に隣接させてファミリークロークを設ければ、家族の洗濯物をいちいち個室まで運ばずに済みます。ただ、隣接させると湿気が入りやすいので、クローク内に全館空調を引き込んだり、換気窓を設けるなどの配慮をしましょう」(多並さん)

浴室が並ぶ空間の例
洗面室、脱衣室(洗濯機置き場)、浴室が並ぶ空間の例。洗面室はパブリック、脱衣室はプライバシーの高い空間なので、分けた方がお客様も気兼ねなく洗面室を使えます(画像提供/桧家住宅)

平屋4LDKの間取りコツ3 採光と通風を確保する間取りの工夫を

ワンフロアが広い4LDKの平屋の場合、採光と通風を意識しながら窓の位置を決めないと、家のすみずみまで光や風が届かなくなる可能性があります。

「LDKの一部を勾配天井にして高窓を設ければ、光を取り入れやすく、窓の高低差による換気ができるようになります。ただ、南や西向きの高窓は日が入り過ぎてまぶしく、夏は部屋が暑くなり過ぎることがあります。また、高窓の掃除はかなり大変で、天井が高い部分の照明交換には費用が生じます。

勾配天井と高窓は人気の高いプランですが、私はメリットとデメリットの両方をお伝えしたうえで、お客様に選択していただくようにしています」(多並さん)

リビングイメージ
明るさはもちろん、開放感も得られる勾配天井と高窓のプラン。デメリットも理解したうえで選択しましょう(画像提供/桧家住宅)

平屋4LDKの間取りコツ4 小屋裏や中二階を活用し、広い収納をつくる

限られた延床面積の中に、居室スペースと収納スペースの両方を十分に確保するのは難しいものです。

「壁には納戸やパントリーなどの収納ではなく、窓を優先して設けたいので、広い収納が欲しいというお客様には小屋裏や中二階を活用する間取りをご提案しています。

小屋裏を収納にするときには、大きな物でも安全に出し入れできるように、固定階段の設置をオススメしています。中二階を設けるときは、上部はデスクを造作してワークスペースに、下部を収納にするケースが多いですね。下部は複数方向にドアを設けると物の出し入れがしやすくなり、通路も兼ねられるので、さらに使い勝手がよくなります」(桧家住宅 千葉支社 幕張B展示場 主任 根岸貴子さん)

コミュニケーションブリッジイメージ
中二階の上部は、船でいえばブリッジ(艦橋)のように家全体の様子を見渡せる場になります。「コミュニケーションブリッジ」(画像提供/桧家住宅)
コミュニケーションブリッジイメージ
「コミュニケーションブリッジ」の下は、収納スペースとして活用するほか、ペット専用の空間として活用しても(画像提供/桧家住宅)

平屋4LDKの間取りコツ5 建物全体に凹凸をつけて、“平坦な印象の外観”を防ぐ

建物高が低い平屋は、ともすると平坦で面白味のない外観になってしまいます。

「家の形を四角にして寄棟の屋根にすると、倉庫や公民館のような外観になってしまいます。印象的な外観をつくるなら、家の形をL型やコの字型にしたり、屋根を片流れにするなど、建物全体に凹凸をつくるとよいでしょう。

道路付けや方位にもよりますが、ファサード(家の正面)の軒を深くしたり、ポーチ柱を立てたりすれば、重厚な邸宅の趣も演出できます」(根岸さん)

外観イメージ
軒の出を深くとり、カーポートも兼ねた外観の例。軒天を木調仕上げにして高級感を演出しています(画像提供/桧家住宅)
外観イメージ
切妻屋根の大きな妻面を重ねて重厚感を。玄関ポーチに配した縦格子は外観のアクセントに(画像提供/桧家住宅)

【4LDKの平屋実例集】広さ、間取り、価格、住み心地をチェック

ここからは、これまでSUUMOで紹介された実例から、3つの4LDKの平屋実例をピックアップしてご紹介します。

【実例1/延床面積99.25m2】帰宅動線と家事動線を考慮した間取りで、家族全員が暮らしやすく

外観イメージ
片流れ屋根がおしゃれな外観。LDK側には、競走できるほど広いテラスを設置(画像提供/アイフルホーム)
リビングイメージ
勾配天井の開放感が心地いいリビングは、キッチンからの見通しもよい空間です(画像提供/アイフルホーム)

「子育て中は生活のほとんどが1階だし、平屋なら将来も暮らしやすそう」と考えていたSさん夫妻。みんなが集まり楽しく過ごせる家にしたいという希望もあり、広々としたLDKのある平屋を建てられました。

間取りは、玄関側に家族や来客が集まるLDKと和室のパブリックゾーンを、反対側には個室や洗面・浴室などのプライベートゾーンを配置。LDKにスペースを割き、充実した“家族団欒タイム”を楽しめるようにしています。

玄関に土間収納を配し、土間収納を経由して洗面室・浴室に行ける動線を確保。また、玄関ホールからキッチンに直接入れる動線により、買い物帰りに重たい食材の運び込みもラクに。毎日の帰宅・家事の動線を考慮した、暮らしやすい間取りになりました。

間取り図
玄関の近くにキッチンと洗面・浴室を配置して、帰宅動線や家事動線をコンパクトに。移動や家事がラクな、家族全員が暮らしやすい間取りです(画像提供/アイフルホーム)

【DATA】
延床面積:99.25m2
本体価格:2000万~2499万円
家族構成:夫婦+子ども2人
設計・施工:アイフルホーム

この実例を詳しく紹介

【実例2/延床面積107.232 】広い小屋裏収納を確保。屋上に第2のリビングを設けて暮らしを楽しく

外観イメージ
チャコールグレー一色でまとめられたモダンな外観。少し奥まった玄関ポーチは、雨が降ったときも濡れずに開錠・施錠できて便利(画像提供/桧家住宅)
リビングイメージ
勾配天井と床材の色をそろえ、現しの梁も木質感を強調してナチュラルな雰囲気にまとめたリビングダイニング(画像提供/桧家住宅)

アウトドアもインドアも大好き!というIさんファミリーは、広々としたリビングと小屋裏収納、プライバシーの確保と家族の楽しみを両立させた屋上スペースが特徴的な平屋を建てられました。

勾配天井のリビングは、現しの梁をアクセントにした開放感あふれる空間です。将来車椅子を使うことになっても暮らしやすいように、隣接する空間への出入口には引き戸を採用しています。また、小屋裏収納は、固定階段を設けて上下移動や物の出し入れをしやすいように。2つの子ども部屋にはロフトを設けるなど、収納スペースを十分に確保されています。

屋上スペースの「青空リビング」は、BBQや家庭菜園、子どものプール遊びなど、アウトドアライフが満喫できる場所に。家族のライフスタイルに合う住まいを手に入れ、Iさんはとても満足されていました。

間取り図
家の中央に玄関を配し、入って右側が主寝室などのプライベート空間、左側がLDKと洗面室・浴室などのパブリック空間にしています(画像提供/桧家住宅)

【DATA】
延床面積:107.23m2
本体価格:1800万円
家族構成:夫婦+子ども1人
設計・施工:桧家住宅

この実例を詳しく紹介

【実例3/延床面積116.50m2】LDKを中心に個室とサニタリーを分離、プラバシーを確保できる住まいに

外観イメージ
黒と白のツートーンでサイディングを貼り分けた、シャープでスタイリッシュな外観。道路側は、デザイン性と視線を意識して長方形の窓を採用(画像提供/アイフルホーム)
リビングイメージ
小上がりのタタミコーナーを隣接した、広々としたLDK(画像提供/アイフルホーム)

長女の小学校入学を機に定住の家を持つ決意をしたHさん。「高齢で2階に上がるのは大変」という希望もあり、年齢を重ねても暮らしやすい平屋の住まいを建てられました。

間取りは、家の中心にLDKを配し、玄関側に浴室・洗面スペース、奥側に個室を設けることでプライバシーを確保できるようにしています。約23畳のLDKは天井を吹き上げ、アジアンリゾートのように家具をゆったりと置くことで、家族みんなが居心地良く過ごせる空間になりました。

玄関からLDKへの動線は、廊下を経由する来客用動線と、シューズクロゼットと洗面脱衣室を経由する家族用動線の2WAYに。洗面脱衣室は、成長した姉妹が安心して使えるように、壁を立てて脱衣スペースと洗面スペースとを分けています。

間取り図
天井を吹き上げたLDKを家の中心に配置。キッチンと洗面脱衣室を近くに配して動線を短くすることで、家事もスムーズに行えます(画像提供/アイフルホーム)

【DATA】
延床面積:116.50m2
本体価格:1994万円
家族構成:夫婦+子ども2人
設計・施工:アイフルホーム

この実例を詳しく紹介

広い土地が確保できれば、4LDKでも平屋がオススメ

フラットな住まいは、家族のコミュニケーションが増えやすい

平屋で4LDKの家を建てるには、一定の広さの土地が必要になります。ただ、階段のないフラットな住まいは家族が顔を合わせやすくなるため、コミュニケーションを取る機会が多くなります。

「LDKを間取りの中心に据えれば、そこを通って個室や洗面・浴室に出入りするので、自然と家族の様子がわかります。テレビの音などが気になりやすい受験期や在宅ワークを考慮して、廊下を挟んだ部屋を1つ設けておけば、家族全員がより快適に生活できるでしょう。

上下移動のないフラットな平屋は、掃除がしやすく、将来も安心して暮らせる住まいになります。4LDKの場合、2階建てを検討する方が多いのですが、広い土地が確保できれば平屋を検討するのもよいと思います」(多並さん)

まとめ

4LDKの平屋の延床面積は30坪、およそ100m2が目安になる

部屋数が多く、ワンフロアが広い4LDKは、生活動線や家事動線を短くすることと、採光と通風を確保することで、快適で利便性の高い住まいになる。小屋裏や中二階を活用して広い収納をつくるのもオススメ

建物全体に凹凸をつけて、“平坦な印象の外観”を防ぎたい

注文住宅の会社を探す
新築一戸建てを探す
中古一戸建てを探す
土地を探す
カウンターで相談する
リフォーム会社を探す
新築マンションを探す
中古マンションを探す
賃貸物件を探す
売却査定する
取材・文/山南アオ
公開日 2020年10月05日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション・建築会社選びをサポートするプロ。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る