平屋×30坪の間取りを3つ紹介。何部屋つくれる?ロフトや中庭も欲しい!

平屋×30坪の間取りを3つ紹介。何部屋つくれる?ロフトや中庭も欲しい!

平屋を建てるとき、建物の広さ(床面積)を30坪確保できれば、間取りの自由度はぐっと高まります。暮らしやすい30坪の平屋の間取りをつくる上で気をつけたい点について、一級建築士事務所 秋山立花の秋山怜史さんに教えていただきました。さらに、さまざまなバリエーションでの「30坪の平屋の間取り」も紹介します。

暮らしやすい30坪の平屋を建てたい。間取りづくりで気をつけることは?

30坪の平屋の広さは、およそ100m2、約60畳。30坪の広さがあれば、自分たちの希望に応じた間取りをつくりやすくなりますが、30坪の平屋を建てることを検討する場合、注意しておきたいポイントもあります。

ポイント1 十分な広さの敷地と平屋に適した土地の周辺環境が必要

建ぺい率(建蔽率)

「30坪の平屋を建てる場合、例えば建ぺい率(建蔽率)50%の土地だとしたら60坪の土地の広さが必要です。広い庭も欲しいなどの希望があると65坪、70坪の敷地が必要になることを考えておかないといけません」(秋山さん、以下同)

建ぺい率(建蔽率)とは、敷地面積に対する建築面積の割合です。平屋の場合は「床面積=建築面積」になります。地域によって建ぺい率の規定は異なりますが、30坪の平屋を建てたいと考える場合は、2階建てで床面積30坪の家を建てる場合よりも、広い敷地が必要になります。

建蔽率(建ぺい率)の図解
(SUUMO編集部作成)

土地の日当たりや採光を確保できる環境か

さらに、その土地が平屋を建てるのに適した周辺環境かどうかというのも大事な点です。平屋は1階のみなので、周囲を建物に囲まれてしまうような土地では日当たりや採光の確保が難しくなります。

住宅密集地のイメージ
2階建ての家が密集しているような場所では、平屋のプランを考えるのは難しい(画像/PIXTA)

ポイント2 平屋は断熱対策をしっかり行う

生活スペースがワンフロアに集約される平屋の暮らしは、上からも下からも熱の影響を受けやすくなります。夏は屋根からの熱、冬は地面からの冷えに悩まされることにならないよう、しっかりとした断熱対策が不可欠です。

「平屋の場合、特に屋根については面積が大きくなるので断熱対策をしっかりと行いましょう。ハウスメーカーなどの規格プランで平屋を建てる場合も、標準仕様でどの程度断熱対策が行われているのか、しっかり確認をするのがオススメです。

住みはじめてから冷暖房費がかさむなどの問題がおきないように、断熱対策については事前に設計者などと相談しておく必要があります」

光熱費管理のイメージ
断熱対策をしっかりと行えば、2階がない分、ワンフロアで過ごす平屋のほうが冷暖房効率はよく、光熱費も抑えやすい(画像/PIXTA)

ポイント3 風や光を取り込む平屋の設計を

2階部分のない平屋は構造的にも安定しているため、開口部をたくさんとることができます。

「平屋の場合、間取りや建物デザインの自由度が高いため、光や風を多く取り込めるようなプランニングも可能です。開口部も大きくとることができるので、風通しの良さを意識したプランにすると快適に暮らせると思います」

外との距離が近い暮らしができるというのは平屋の特長のひとつですが、室内に自然の風や光をたくさん取りこむことで、より“平屋らしい暮らし”を実現できそうです。

大きな開口部のあるリビング
風通しがいいと室内は快適(画像/PIXTA)

30坪の平屋で実現できる間取りプランとは?

4人家族も快適に暮らせる、ゆとりの3LDKが可能に

30坪の広さがあれば、4人家族がゆったりと暮らせる広さです。空間に余裕をもたせたり、暮らしに合わせたプラスαを計画することも可能です。

「30坪の広さがあれば、5人家族で、主寝室に加えて子ども部屋を3つというような4LDKをつくることも可能ですが、その場合はあまりゆとりのないプランになります。

床面積に余裕があるからといって、必ずしも部屋数を多くつくる必要はないので、居住空間のゆとりを重視して、リビングや個室を広くプランニングするというのもいいでしょう」

30坪の平屋であれば、4LDKの間取りもつくることは可能ですが、居住空間をゆったりとつくりたいという場合は3LDKまでが目安と考えておきましょう。

中庭など、プラスαの希望もかなえやすい

4人家族であれば、25坪程度でも十分快適な平屋をプランニングすることは可能ですが、30坪確保できれば、同じ3LDKの間取りであっても、中庭や収納など、暮らし方に合わせてプラスαの空間を設けることができます。

中庭

「中庭自体は床面積に含まれませんが、通常中庭をつくる場合は廊下部分の面積が必要になります。居室の掃き出し窓から中庭に出入りできるような設計にすれば、廊下をつくらず中庭を設けることも可能ではあります。もし25坪の平屋で中庭をつくりたいとなると、廊下部分に面積を取られることが多いので、リビングや個室部分にゆとりがなくなる可能性があります。一方で、30坪の広さがあれば中庭のプランニングもしやすいでしょう」

平屋の場合、中庭のほかにも、ウッドデッキや縁側など、屋外空間を楽しむスペースを希望する人も少なくありません。これらのスペースは屋根や軒がなければ延べ床面積に含まれませんが、1m以上の軒などがある場合は床面積に含まれます。言い換えれば、30坪の平屋であれば、面積に余裕がある分、軒の深い縁側などをつくることも可能になります。

収納

平屋の場合、2階建てに比べると床面積が狭くなりがちということで、収納スペースの確保に頭を悩ます人も少なくありませんが、30坪の広さがあれば、十分な収納スペースを確保することが可能です。

「床面積に余裕があるのなら、収納の部分を充実させることもできます。例えばキッチンには必要なものを収納できるサイズのパントリーをつくることもできますし、個室には広いウォークインクローゼットをつくることもできます」

2wayの動線

「30坪の平屋で部屋数がそれほど多くなければ、廊下も確保できるので、プライベートな動線とパブリックな動線を分けてプランニングすることも可能です」

例えば、玄関からリビングへの動線のほかに、各個室に移動できる動線などを設けておくと、ゲストを招いたときも、プライベート空間を見せずにすみます。

ワンフロアに人が集まり、コミュニケーションがとりやすい平屋だからこそ、プライバシーを確保できる動線をプランニングできるというのは、面積にゆとりがある場合のうれしいポイントです。

ロフト

床面積の広さにかかわらず、平屋の場合はプラスαの空間としてロフトをつくる人も少なくありません。天井高を高くしてロフトをつくることで、空間を広く見せることもできます。

「平屋は建物の高さ制限を受けることがないので、天井高を自由に設定することができます。天井高を高くできることから、空間を広く見せるなどの目的で、リビングとつながりを感じられるようなロフトをつくることを検討する人も多いです。ロフトをつくることで、上下空間の広がり感じることもできるので、子どものいるファミリーなどは面白く活用することができるかもしれません」

収納スペースとしてロフトを使いたいと考えている場合は、物の出し入れが難しい場所であるため、収納するものや使いやすさを考慮して検討するのがオススメです。

30坪の平屋の間取りを紹介

30坪の平屋であれば、自分たちの暮らしに合わせて、さまざまなプランニングが可能です。今回は実際に30坪でどのような平屋を建てられるのか、実例を3つ紹介します。

【実例1】延床面積約29.6坪 
ウッドデッキや庭も、LDKの一部のような開放感

人工芝を敷き詰めた庭
憧れの西海岸で暮らすイメージを実現したサーファーズハウス
平屋ならではの天井高で開放感のあるLDK
平屋ならではの天井高で、LDKは開放感いっぱい

緑の芝生に三角屋根とラップサイディングの外観が映えるHさんの平屋は、家族の大好きなテイストが満載。レトロスタイルのインテリアや、生活小物のデザインにもこだわり、西海岸でのんびり暮らしているかのようなサーファーズハウスを実現させました。

ウッドデッキと庭をLDKと合わせたら、50畳分位の開放感を得られると話すHさん。室内は外の空間と一体感を感じられるような設計になっていて、梁をあらわしにした勾配天井やヘリンボーンの床が寛ぎの雰囲気を演出しています。

白い壁と天井で、明るく広々とした雰囲気の玄関ホールには大容量の玄関クロークも設けてあり、土間を通って収納スペースへと移動できる動線も便利だそう。

<間取り> 3LDK
間取り 3LDK

【DATA】
延床面積 97.92m2(29.6坪)
敷地面積 265.30m2(80.2坪)
家族構成 夫妻+子ども1人
(実例写真・間取図提供/ドリームクリエイト)

この実例を詳しく紹介

【実例2】延床面積約30.5坪 
敷地の広さを活かしたコの字型の平屋

コの字型の平屋の外観
ウッドデッキを囲うコの字型の平屋。外壁全面に焼杉を惜しみなく使用
ロフトのあるリビング
天井高のゆとりを活かし、リビングの上には大容量のロフトも

想定以上に広い土地を購入することができたことで、広さを活かした平屋を建てることにしたIさん。南向きのウッドデッキを囲うコの字型の間取りで、どの空間にいても視線が抜けるため、晴れ晴れとした気持ちで過ごせるといいます。

コの字型という形の特長を活かし、住まいは生活シーンに合わせてゾーニング。片方は家族が使うオープンなスペースとしてLDKや水まわりなどを配置し、間仕切りをほぼ設けないオープンな空間にしました。さらに、リビングから寝室への通路になる部分はスタディスペースにするなど、空間を無駄なく活用する工夫がされています。

また、リビングの空間は勾配天井による縦の広がりに加え、ウッドデッキとのつながりで横にも広がりを感じられるので、実際の面積よりも広く感じられるそうです。

<間取り> 3LDK
間取り 3LDK

【DATA】
延床面積 101.02m2(30.5坪)
敷地面積 311.08m2(94.1坪)
家族構成 夫婦+子ども1人
(実例写真・間取図提供/三心)

この実例を詳しく紹介

【実例3】延床面積約31.1坪 
将来を見据えたバリアフリーで暮らしやすい家

軒が深いテラス
夏の日差しを遮ってくれる軒が深いテラス。夫妻はよくここで寛いでいるそう
2本の梁がアクセントの勾配天井のリビング
2本の梁がアクセントになっている勾配天井のリビング。天井のシーリングファンが気密性の高い室内の空気をしっかりと循環してくれる

将来の暮らしを考えて、上下移動なく暮らせる平屋を選んだAさん。室内のドアは全て上吊り引き戸にするなど、住まいづくりではバリアフリーに徹底的にこだわったそうです。

洋室やタタミコーナーは今後のライフスタイルの変化に合わせて多目的に使いやすいよう、中央のLDKに隣接。洗面脱衣室から浴室やランドリースペースに行き来できるよう、家事動線も工夫されています。また、妻がこだわった南側に面するランドリースペースは日当たりも良く、室内干しもできる空間。カウンターでアイロンを掛けることもできます。

また、家を建てて後悔したくないと、住宅性能については特に重視したというAさん。断熱性能にもこだわったそうで、夏でも家に帰ってくると涼しいなと感じるほど、住まいの住み心地には本当に満足しているそうです。

<間取り> 2LDK
間取り 2LDK

【DATA】
延床面積 103.09m2(31.1坪)
敷地面積 255.00m2(77.1坪)
家族構成 夫妻
(実例写真・間取図提供/富士住建)

この実例を詳しく紹介

30坪の平屋なら、ライフスタイルや理想の暮らしに応じた間取りをつくりやすくなります。記事で紹介した間取りづくりの注意点もふまえた上で、暮らしやすい平屋を建ててみてはいかがでしょうか。

まとめ

30坪の平屋なら4人家族も快適に暮らせる、ゆとりの3LDKが可能

開口部をたくさんとれるので、光や風を取り込む工夫をすると◎

中庭や収納など、プラスαの希望もかなえやすい

注文住宅の会社を探す
土地を探す
新築一戸建てを探す
中古一戸建てを探す
カウンターで相談する
ハウスメーカーを探す
工務店を探す
賃貸物件を探す
リフォーム会社を探す
中古マンションを探す
新築マンションを探す
売却査定する
取材・文/島田美那子
公開日 2021年03月01日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション・建築会社選びをサポートするプロ。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る