おしゃれな平屋の家に住みたい!気になる住み心地や間取りは?

一戸建てといえば2階建てが主流ですが、昨今はデザインにこだわったおしゃれな平屋の家が増加。若い世代からも注目されています。そこで、気になる住み心地や間取りの工夫ポイント、建築コストなどを平屋の家に詳しい設計事務所に伺いました。

スムーズな生活動線と家族のコミュニケーションが魅力

平屋と聞いて、古風な日本家屋や別荘向けのログハウスを思い浮かべる人もいるはず。でも、今どきの平屋はモダンで個性的。別荘だけでなく、一般住宅として建てるケースが増えています。
そもそも、なぜ平屋が注目されているのでしょうか。
「理由の一つは暮らしやすさです。1階建ての平屋はマンションのようにフラットな間取りプランなので、住まいの中での移動がスムーズなんです」
こう話すのは、平屋を数多く手がける一級建築士事務所オンデザインパートナーズの代表取締役、西田司さんです。

「例えば、洗濯や掃除をするとき2階建ては階段の上り下りが必要ですが、平屋なら平行移動だけ。家事の負担を減らすことができます。小さなお子さんがいる場合には目が届きやすいですし、階段で転倒するといった事故のリスクも減らせます。ペットと暮らすにもワンフロアのほうが世話をしやすいですよね」(西田さん、以下同)

子育てのしやすさや家族のコミュニケーションを考えて、平屋を選ぶ人が少なくないのだとか。

海も山も近い千葉・房総半島に建てられた平屋。庭を縁取るように建物が建ち、リゾートホテルのような心地いい開放感が生み出されています(写真撮影/鳥村 鋼一、写真提供/オンデザインパートナーズ)

設計の自由度が高いから個性的な住まいが生み出せる

設計をするうえでも、平屋は2階建てに比べて自由度が高いと西田さんは言います。
「住宅を建てる場合、建物の高さは用途地域によって上限が決められています。第一種・第二種低層住居専用地域なら高さは原則10mあるいは12mまで。加えて、道路斜線制限(※1)、北側斜線制限(※2)といった制限もかかりますが、平屋は1階建てなので制限内でも柔軟に高さを選べて個性的な住まいがつくり出せます」

※1 建物の道路に面した部分についての高さ制限。道路の採光や通風を確保するのが目的
※2 北側隣地にある住宅の日照に配慮した規制。北側隣地境界線を起点に一定の高さと勾配で算出される

例えば、同社が手がけた河口湖の別荘は、リビングや寝室などのスペースが横に連なるユニークなデザイン。天井高もそれぞれ変化がつけられ、リビングの天井高は最も高いところで3.7mにも。一方、書斎や読書ルームなど集中したい空間は、天井高を2.3mとあえて低くしているそうです。
もちろん、2階建てでも吹き抜きをつくれば天井を高くすることはできますが、「平屋の場合は天井の全体が高くなるので、部屋が大きく感じられるんですよ」と西田さん。天井が高くなれば窓も大きく取ることができて開放感がアップ。「シャンデリアをかけたい」「大きな絵画を飾りたい」といったインテリアの希望もかなえやすくなるというわけです。

週末住宅として建てられた平屋は、富士山に向かってリビング、寝室、書斎などが連なる。部屋の用途に応じて天井高に差をつけるなど、自由でのびやかな設計は平屋ならでは(写真撮影/鳥村 鋼一、写真提供/オンデザインパートナーズ)

間取りプランもしかりです。
「2階建てはリビングやキッチンなどがある1階と、個室のある2階の大きさをそろえるのが一般的。すると、2階に本来はいらない部屋ができてしまうことがよくあります。その点、平屋はLDKも居室もそれぞれ必要な広さで自由に設計できます。例えば、LDKは目一杯広くして、個室のスペースは最小限にとどめるということも可能なのです」

魅力満載の平屋を建てる際の注意点

平屋のメリットはほかにもあります。その1つは建物と庭との連動性。庭に立ったときに、平屋は建物の圧迫感が少なく、室内とひと続きのような印象が強くなるとのこと。2階建てに比べて建物の陰もできにくいので、明るいアウトドア空間になるそうです。
また、耐震性でも平屋は圧倒的に有利だと西田さんは言います。「2階建てより軽量なので、少ない柱と壁で家を支えられます。その分、柱のないすっきりとした空間がつくれるんです」

そんな魅力満載の平屋ですが、建てる場合にはどのようなことに注意すればいいのでしょうか。
西田さんからまず挙がったのは「採光の確保」です。
「すべての部屋が1階にある平屋は、奥のスペースが暗くなりがち。どの部屋にも満遍なく光を取り込むには、中庭を囲むようロの字やコの字の形に部屋を配置するのが一つの方法です。この配置はパブリック空間とプライベート空間を分けるのにも有効ですよ」

中庭を囲むように部屋を配置すると、リビングも個室も明るい空間に。建物が低いので、向かい側の棟の影響も受けにくい。2カ所に設けたテラスからも光が取り込める(画像提供/オンデザインパートナーズ)

この方法を採用しているのが、杉並区西荻窪の平屋です。中庭に面した大きな窓からはたっぷりと光が差し込みます。外に面した窓は最小限にとどめているので、周りの視線が気になることもありません。建物が密集した都市部では、こうした工夫が必要になるわけです。

「また、設計の知恵のようなものですが、人は目線の高さが変わることで広く感じるという効果があります。目線の高さが均一な平屋は、空間の広がりを物足りなく感じることも。ロフトを設けたり、小上がりの和室のようなちょっと高いところがあるだけでも気持ちが落ち着きます」(西田さん)

杉並区西荻窪の平屋。周りを住宅が囲む立地のため、外部に面した窓は最小限に。その分、中庭の窓を大きくして光を取り込んでいる。敷地面積は約170m2、延床面積は約85m2(写真撮影/鳥村 鋼一、写真提供/オンデザインパートナーズ)

こぢんまりとした敷地で平屋ライフを楽しむ方法

平屋を建てるには、敷地の広さにも注意が必要です。
「私の経験から言えば、平屋にする価値があるのは50坪(約165m2)以上。土地の建ぺい率は50%を上回ることはあまりなく、50坪なら25坪、つまり延床面積約82m2の家が建てられます。家族で暮らすにはこのぐらいの広さは欲しいですよね」

もっとも、都市部では広い敷地の確保は難しく、見つけても予算オーバーなんてことになりがち。それでも平屋ライフに憧れるなら、西田さんのオススメは「ほぼ平屋」。
「50坪の敷地なら、20坪分を平屋にして5坪分は2階建てにして生活空間を増やすのが『ほぼ平屋』。寝室や子ども部屋など個室を2階に置けば、日中はほぼフラットな空間で生活することができるんです」

平屋の一部にだけ2階をつくった「ほぼ平屋」の施工例。2階部分は寝室として使われている。また、敷地の一角には仕事場として別棟の平屋も。住宅から一旦、外に出て仕事場に入るため、気持ちの切り替えがしやすい(写真撮影/鳥村 鋼一、写真提供/オンデザインパートナーズ)

ほかにも、ワンフロアでありながら、生活するのは2階の高さというユニークな住宅もあります。Life style工房が設計をした高床式の平屋がそれ。この家が建つのは、間口7m、奥行き25mの細長い敷地。前面道路以外3方を住宅に囲まれた環境の中で、開放的な空間を生み出すために考案されたのがこの高床式なのだとか。
家の下のスペースは、夫婦それぞれと来客用の駐車場に利用され、外部収納も設置。限られた敷地を目一杯活用する新しいスタイルです。もちろん、積雪の多い地域や浸水対策としても威力を発揮します。

同社の平屋には、回廊のような渡り廊下がつなぐ二世帯住宅もあります。1階と2階に分かれて暮らす二世帯住宅よりも互いの気配が感じられ、ほどよい距離感を保つこともできるのです。

高床式平屋は2階の位置に部屋が連なり、採光と開放感が向上。細長い敷地に合わせた横に連なるデザインや三角屋根を活かした天井の形もユニーク(画像提供/Life style工房)
中庭を中心にした二世帯住宅の平屋。共用のリビングから祖母の住居と孫家族の住居を渡り廊下でつないでいる。どちらの部屋からも庭の緑が楽しめるのもポイントです(画像提供/Life style工房)

平屋の建築コストは2階建てよりやや高め

このように自由で個性的な平屋ですが、気になるのは建築コスト。2階がない分、平屋のほうが安く済むように思えますが、実際はどうなのでしょう。西田さんに伺ってみました。

「平屋の場合、基礎部分と屋根の面積が2階建てよりも増えるので、その分の建築コストがアップします。例えば、2階建て住宅と平屋住宅でそれぞれ同じぐらいの生活空間が確保できる家を建てると仮定します。この場合のコストを比較すると、建築コストの約10%を占める基礎と屋根の工事費は、2階建てより平屋のほうがかかります。対して、2階建て住宅に必要な階段は、平屋の場合は不要なので、その分の金額は減らせます。差し引きすると、平屋は2階建てより少し高い程度ですね」

メンテナンス費用については、足場を組まずに済む平屋のほうが安く済むとも言われているので、長い目で見るとほとんど変わりはないと言えそうです。

■平屋の家 ポイント

・階段の上り下りがないから家事や子育てがしやすい
・高さに自由度があるので個性的な家が建てられる
・間取りプランが柔軟に組める
・庭と室内の連動性が高い
・採光を確保するには中庭を囲むプランに
・平屋に向くのは50坪(約165m2)以上の敷地
・建築コストは2階建てよりやや高めになるので注意

「家を建てるなら2階建て」というのはひと昔前の固定観念。平屋も視野に入れて柔軟に検討をしてみると、それまで浮かばなかった自分たちらしい住まいのカタチが見えてくるかもしれません。

平屋住宅を建てたい
注文住宅の会社を探す
取材・文/上島寿子 
公開日 2018年09月27日
最終更新日 2018年10月05日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る