次世代住宅ポイントの内容や申請方法、交換商品は?新型コロナ対策で期間延長も【2020年度版】

次世代住宅ポイントの内容や申請方法、交換商品は?新型コロナ対策で期間延長も【2020年度版】

次世代住宅ポイント制度は、一定の省エネ性・耐震性・バリアフリー性などを満たす住宅や、家事負担を軽減できる住宅を新築・リフォームした人に対し、さまざまな商品と交換できるポイントを発行する制度。新型コロナウイルスの影響で期限が延長されているので、制度の内容を確認しておこう。

次世代住宅ポイント制度とは?

2019年10月1日からの消費税率10%への引き上げに伴い、住宅需要を盛り上げるために導入されたのが次世代住宅ポイント制度だ。

対象となるのは消費税率10%が適用され、「環境」、「安全・安心」、「健康長寿・高齢者対応」、「子育て支援、働き方改革」の基準に合致する住宅の新築(注文住宅と分譲住宅)とリフォームだ。

発行されるポイントは

【新築住宅】
・1戸当たり上限35万ポイント

【リフォーム】
・上限30万ポイント
・若者・子育て世帯によるリフォームは60万ポイント、一定の既存住宅の購入に伴うリフォームの場合は45万ポイントに上限がアップする

※ポイントは1円相当

次世代住宅ポイントの変更点

次世代住宅ポイントは契約期限、ポイント発行の申請期限において期間の延長が発表された。延長になった期限は次の通り。

また、申請の際には2020年3月31日までに契約できなかった理由の申告が必要だ。なお、申請期限前でも予算額に達し次第終了する。

●変更点
契約期限:2020年3月31日 → 2020年4月7日~8月31日
ポイント発行申請期限:2020年3月31日 → 2020年6月1日~8月31日

次世代住宅ポイント発行の申請と手続き方法

次世代住宅ポイント発行の申請

原則、住宅の所有者になる人が行うが、工事請負事業者や分譲事業者が代理で行うこともできる

また申請は工事完了後が原則だが、注文住宅、新築分譲住宅の購入、税込1000万円以上のリフォームについては工事完了前でも申請可能だ。その際は工事完了後に完了報告の提出が必要となる。

次世代住宅ポイントの申請手続き

・必要な書類を事務局へ郵送するか
・受付窓口へ持参する のいずれか

郵送の場合、申請日は消印日ではなく、事務局が申請を受理した日となるので注意しよう。持参の場合は新型コロナウイルス対策として事前の電話予約が必要だ。当日はマスク着用なども求められる。

【リフォーム】次世代住宅ポイントがもらえる条件や対象工事、ポイント数

リフォーム~次世代住宅ポイント制度の流れは?

対象期間をもう少し詳しく説明すると、まず注文住宅とリフォームは工事請負契約と建築着工(工事着手)が以下の期間となる。

工事請負契約:2020年4月7日~8月31日
建築着工(工事着手):工事請負契約~2020年8月31日

リフォーム~次世代住宅ポイント制度対象の工事は?

リフォームについては、以下の1~9のいずれかに該当する工事がポイント発行の対象となる。(カッコ内は発行ポイント数)

1. 開口部の断熱改修(0.2万~2.8万ポイント×箇所数)
2. 外壁、屋根・天井または床の断熱改修(部位により1.6万~10万ポイント)
3. エコ住宅設備の設置(設備により0.4万~2.4万ポイント)
4. バリアフリー改修(部位により0.5万~15万ポイント)
5. 耐震改修(15万ポイント)
6. 家事負担軽減に資する設備の設置(設備により0.9万~1.8万ポイント)
7. リフォーム瑕疵保険への加入(0.7万ポイント)
8. インスペクションの実施(0.7万ポイント)
9. 若者・子育て世帯が既存住宅を購入して行う100万円以上のリフォーム(10万ポイント)

リフォーム~発行されるポイント数は?

若者世帯とは、制度が閣議決定された2018年12月21日時点で40歳未満の世帯を指す。また子育て世帯とは、2018年12月21日時点、または申請時点で18歳未満の子どものいる世帯だ。

発行されるポイント数は上記1~9の合計だが、世帯のタイプに応じて以下のように上限が設けられている。

<若者世帯または子育て世帯>
1. 既存住宅を購入しリフォームを行う場合※1:60万ポイント/戸
2. 上記以外のリフォームを行う場合※2:45万ポイント/戸

<若者・子育て世帯以外の世帯>
3. 安心R住宅※3を購入しリフォームを行う場合※1:45万ポイント/戸
4. 上記以外のリフォームを行う場合:30万ポイント/戸

※1 自宅として購入した住宅で、売買契約締結後3カ月以内にリフォーム工事の請負契約を締結する場合に限る
※2 自宅をリフォームする場合に限る
※3 安心R住宅とは、耐震性があり、インスペクション(建物状況調査等)が行われた住宅であって、リフォーム等について情報提供が行われる既存住宅のこと。詳細はこちら

なお、発行申請は2万ポイント以上でないとできないことになっている。また既存住宅を自宅として購入し、売買契約締結後3カ月以内にリフォーム工事の請負契約を締結する場合、上記1~8の各ポイント数が2倍になる。

【新築マンション・新築一戸建て・注文住宅】次世代住宅ポイントがもらえる条件や対象工事、ポイント数

注文住宅~次世代住宅ポイント制度の流れは?

対象期間をもう少し詳しく説明すると、まず注文住宅とリフォームは工事請負契約と建築着工(工事着手)が以下の期間となる。

工事請負契約:2020年4月7日~8月31日
建築着工(工事着手):工事請負契約~2020年8月31日

新築マンション・新築一戸建て~次世代住宅ポイント制度の流れは?

新築マンションや新築一戸建てを購入する場合は以下の期間だ。工事請負契約日や建築着工日については不動産会社などに確認しよう。

工事請負契約:2018年12月21日~2020年8月31日
建築着工:2018年12月21日~2020年8月31日
売買契約:2020年4月7日~8月31日

新築マンション・新築一戸建てを購入する場合や、注文住宅を建てる場合は、自ら居住する住宅であること。つまり自宅であることが要件となる。

注文住宅・新築一戸建て・新築マンション~次世代住宅ポイント制度対象の工事は?

発行ポイントの上限は以下のようになっている。

上限ポイント数:35万ポイント/戸

実際に発行されるポイントは、住宅の性能などに応じて以下の1~3のポイント数の合計となる。

1.高性能や 一定の性能を有する住宅のポイント数

■高い性能を有する住宅
認定長期優良住宅 35万ポイント/戸
認定低炭素住宅
性能向上計画認定住宅
ZEH
■一定の性能を有する住宅
断熱性能等級4または一次エネルギー消費量等級4以上 30万ポイント/戸
劣化対策等級3かつ維持管理対策等級2以上※1
耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)2以上または免震建築物
高齢者等配慮対策等級3以上※2
※1 マンションは一定の更新対策を含む
※2 マンションは共用部分も高齢者等配慮対策等級3以上であること

2. 耐震性を有しない住宅の建て替えのポイント数

耐震性を有しない住宅を除去する者が行う
注文住宅の新築(建替)または分譲住宅の購入に対してポイントを発行
15万ポイント/戸

3. 家事負担軽減に資する設備を設置した住宅のポイント数

ビルトイン食器洗機、掃除しやすいトイレ、浴室乾燥機 各1.8万ポイント
ビルトイン自動調理対応コンロ 1.2万ポイント
宅配ボックス※ 1万ポイント
掃除しやすいレンジフード 0.9万ポイント

上記の1に該当しなくても、2や3のみに該当する住宅もポイント発行の対象となる。ただし、1申請あたりの合計ポイント数は2万ポイント以上が必要だ。
また、3の対象製品は、メーカー名・製品型番などがわかれば事務局のホームページから検索できる。

次世代住宅ポイントで交換できるのはどんな商品?

発行された次世代住宅ポイントと交換できる商品には、家電、インテリア、雑貨・日用品、地場産品、食料品・飲料、スポーツ・健康増進、福祉・介護用品、防災・避難用品、ベビー・キッズ用品などさまざまな種類がある。商品の詳細や必要なポイント数などは、公式URLで確認してほしい。

申請期限前でも予算額に達した場合は終了!早めの申請を

新型コロナ対策で延長された申請期限は今年の8月末までだが、期限前でも予算額に達した場合は終了となる。対象となる人は早めに申請しよう。詳細については次世代住宅ポイント事務局のホームページを確認するか、事務局へ電話で問い合わせを。

まとめ

新型コロナウイルスの影響で契約が遅れた人は、2020年8月31日の契約まで次世代住宅ポイントを申請できる

申請手続きは2020年8月31日までに受理されるよう、郵送か直接窓口で

ポイント発行数は最大35万ポイント(一定の要件を満たすリフォームは最大60万ポイント)。ポイントは家電や地場産品などさまざまな商品と交換できる

注文住宅の会社を探す
新築一戸建てを探す
リフォーム会社を探す
土地を探す
中古一戸建てを探す
新築マンションを探す
中古マンションを探す
売却査定する
賃貸物件を探す
公開日 2020年07月29日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション・建築会社選びをサポートするプロ。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る