神棚の正しい祀り方とは?神棚の配置方法やサイズ、神具・お供え物についても解説

神棚の正しい祀り方とは?神棚の配置方法やサイズ、神具・お供え物についても解説

新居に神棚を設置しよう! と思ったのはいいけれど、どのように配置していいのかよくわからない……と思っている人も多いはず。そこで、神棚のサイズや適した場所や配置方法、神具やお供え物の祀り方など、知っておきたい神棚の基礎知識についてご紹介します。

神棚とは?

神棚とは、主に神道においてお神札を納めて神様を祀る棚のこと。伊勢神宮のお神札を中心に、氏神様の神社のお神札、崇敬神社のお神札などを祀ることが一般的です。自宅や会社などに簡易的に設けた小さな神社という位置付けのもので、遠方で普段なかなか神社にお参りに行けないという場合でも、日常的に神様を拝することができます。神棚は形式的なものではなく、日々神様に感謝の気持ちを伝えることがとても大切です。

三社祀りの神棚の写真
三枚の扉が特徴的な、定番の三社祀りの神棚(画像提供/静岡木工)

神棚の祀り方について

神棚を祀る場所

家のなかに神棚を設ける場合は、
・なるべく神棚の正面が東~南向きになるところ
・目線よリも高い位置に配置
・明るく風通しの良いリビングなど家族が集う場所
・落ち着きのある和室などに置く
と、日々神棚に拝しやすいのでオススメです。
本来は神棚の上には空がある状態が望ましいため、上階に人がいるという状況は避けるべきですが、神棚を1階に設ける場合は、「この上には何もないです」という意味合いの「雲」と書かれた紙を神棚の上部に貼れば、神棚の上部にあたる2階部分を人が行き来しても問題ありません。この「雲」は、紙に書いたものや木製のものなどがあります。

「雲」と紙に書かれた神棚のイラスト
一戸建ての1階だけでなく、マンションなど上階がある場合も、神棚の上部に紙製や木製の「雲」を貼る(イラスト/PIXTA)

神棚のサイズやデザイン

神棚には、材質や形状などさまざまなデザインがあります。最近では、モダンなインテリアにも馴染むようなデザインの神棚もあるので、空間の雰囲気やスペースに合わせてコーディネートすることもできます。お神札がきちんと納まるものを選びましょう。
また、神棚には厳密に大きさの決まりはありません。祀るお神札や神具を最小限にして、コンパクトサイズの簡易神棚にすることも可能です。

【神棚のバリエーション】
木が美しい神棚の写真
伊勢遷宮にも用いられた「木曽桧」を使用した木曽桧神棚。樹齢を重ねたその木目は、圧倒的に美しく、耐久性や抗菌性に優れている(画像提供/静岡木工)
インテリアにも馴染みやすい神棚の写真
神棚の原点でもある国産桧を使い、現代の住宅の中にフィットするデザインに。石膏ボードの壁に簡単に取り付けすることができる(画像提供/静岡木工)
コンパクトな神棚の写真
神具も並べられる箱型の神棚。壁掛けタイプのものもあり、空間にすっきりと納まる(画像提供/静岡木工)

お神札の配置について

お神札は、神前にて降神の儀を受けた神様の御霊(みたま)が宿られた御璽です。神様から授かるものですので、大切に丁寧に扱いましょう。お神札の祀り方には決まりがあり、神棚の造りによってお神札の祀り方が変わります。
一社造りは、手前から日本人の総氏神様である「天照大御神様」が祀られている伊勢神宮のお神札である神宮大麻(じんぐうたいま)、土地やそこに住む人々をお守りくださる氏神様、崇敬神社のお神札の順番になるように重ねて祀りましょう。三社造りは、中央の扉に神宮大麻、向かって右側に氏神様、左に崇敬神社をお祀りします。神棚にある3つの扉の前にそれぞれのお神札を祀りましょう。崇敬神社のお神札は何枚あってもOK。神棚の左扉に重ねてお祀りするか、神棚の横に立てかけても問題ありません。
お神札は年に1回取り替え、古札は感謝の気持ちを込めて授かった神社にお返ししましょう。お正月に歳神様を迎える準備として新しいお神札に入れ替えるのがオススメです。

一社造りと三社造りの神棚の写真
一社造り(左)と三社造り(右)の神棚(画像提供/静岡木工)

神具の種類と配置について

神棚には、水玉(1個)、皿(2枚)、榊立て(1対)、瓶子(1対)、神鏡(1個)をそろえるのが一般的です。真榊(まさかき)やかがり火、灯篭などを設置すると、より丁寧なお祀りができますが、神棚のサイズに合わせて神具を選びましょう。

神棚の神具とお供え物の配置図
神具とお供え物の配置図。神具にはそれぞれ役割があるので、正しい場所に配置を(画像提供/静岡木工)
【神具の種類】

神鏡…神具の中でも特に大切なもののひとつ。神鏡を通して神さまを祀る意味とともに、鏡と対面することにより自分の姿を映すもの。一般的に神棚の正面に置く
榊立て…神事に欠かせない榊を入れるもの。神棚の左右に対でお供えする
水玉(みずたま)…水を入れてお供えするためのもの。朝一番初めの水をお供えすると◎。お供えする際は、フタは取っておく
瓶子…神様にお神酒をお供えする際に使う器。対になるようにお供えする。お神酒は純米酒が最的。お供えする際は、フタは取っておく
皿…米、塩を入れてお供えします。神棚に向かって真ん中にお米、右にお塩を配置する

神棚にお供えする物と取り換える頻度

神棚にお供えする物は、水、米、塩、ご神酒、榊になります。水、米、塩、ご神酒はできれば毎日お供えすることが望ましいですが、そこまでできないという場合は、2週間に1回程度でも構いませんので、ライフスタイルに合わせて無理のないペースで取り替えましょう。月2回取り換える場合は、1日と15日にすると良いでしょう。榊は毎月の1日・15日に新しいものに取り換えるのが一般的ですが、枯れる前に新しいものと取り換えるようにしましょう。
また、お正月や秋に収穫を感謝する新嘗祭(にいなめさい)などのお祭りのときには、お酒や初物(海、山の幸)などもお供えすると良いでしょう。

神棚の注意するポイントとメンテナンス方法

神棚はどこに設置するべき?適していない場所は?

神棚の設置場所は厳密には決まっていませんが、
・トイレと背中合わせの場所
・人通りの多いドアの上や通路など落ち着きのない場所
は避けるようにしましょう。

神棚は天然木でできていることから湿気を含むと変形したり傷みやすくなるため、水まわりなど湿気のこもる場所には設置しないほうがベター。
また、同じ部屋に仏壇と神棚を置くことは可能ですが、その場合は、向かい合わせの配置にならないように注意が必要です。拝礼する時にどちらかにお尻を向けてしまわないように配慮しましょう。

神棚のイラスト
神棚は天然木でできているため、風通しの良い場所に設置を(画像/PIXTA)

神棚のお手入れ方法について

神棚は常に清潔な状態に保つようにしましょう。特に、お正月とお盆にはしっかりきれいにして、気持ちよく歳神様をお迎えすることが大切です。また、神棚はヒノキなどのむく材を使用しておりコーティングを施していないため、手入れをする際は木を傷めないように水拭きはせずに、乾いたふきんなどで汚れを落としましょう。
陶器の神具は水洗いして汚れを落とし、清潔な状態を保ちましょう。汚れが染み付いて取れなくなったり、割れや欠けがあれば、新しいものに交換を。新年のタイミングで新調するのが理想的です。
また、汚れや破損などがあったり、古くなった神棚は神社でお焚き上げをしてもらいましょう。陶器や金属製の神具はお焚き上げできないので、各自で処分をしてOKです。

神棚にお参りするときの作法

神棚は家に神社があるのと同じなので、神棚に拝するときの作法も神社での参拝と同じく「二拝二拍手一拝」が基本になります。「二礼二拍手一礼」ともいわれます。
毎日、1日のスタートにしっかりと神棚に拝して、気持ちよく1日をスタートさせましょう。

【神棚にお参りするときの作法】

1.神棚に拝する前に手や口を清め、姿勢を正します。
2.神棚に深いお辞儀を2回行います。
3.柏手を2回打ちます。
4.神様に感謝したあと、深いお辞儀を1回します。

まとめ

神棚とは、主に神道において神札を納めて神を祀る棚のこと。伊勢神宮のお札を中心に、氏神の神社のお札、崇敬神社のお札などを祀ることが一般的

家のなかに神棚を設ける場合は、なるべく神棚の正面が東~南向きになるところに、目線よりも高い位置に配置、明るく風通しの良いリビングなど家族が集う場所や落ち着きのある和室などに置くと、日々神棚に拝しやすい

神棚には、材質や形状などさまざまなデザインがあり、空間の雰囲気やスペースに合わせてコーディネートすることも可能。また、神棚には厳密に大きさの決まりはない

お神札は、神前にて降神の儀を受けた神様の御霊(みたま)が宿られた御璽。神棚の造りによってお神札の祀り方が変わる

神棚には、水玉(1個)、皿(2枚)、榊立て(1対)、瓶子(1対)、神鏡(1個)をそろえるのが一般的。神棚にお供えする物は、水、米、塩、ご神酒、榊

注文住宅の会社を探す
土地を探す
新築一戸建てを探す
中古一戸建てを探す
カウンターで相談する
ハウスメーカーを探す
工務店を探す
賃貸物件を探す
リフォーム会社を探す
中古マンションを探す
新築マンションを探す
売却査定する
公開日 2021年08月19日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション選びと会社選びをサポートします。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る