掃除・手入れが劇的にラクになる最新トイレ・お風呂・レンジフード・シンクがすごかった!

掃除・手入れが劇的にラクになる最新トイレ・お風呂・レンジフード・シンクがすごかった!

毎日使うキッチン、洗面、トイレなどの水まわりは掃除が欠かせません。新型コロナウイルスの影響によりおうち時間が長くなったことで、以前よりも汚れる頻度が高くなっている家庭も多いことでしょう。もちろん、こまめに掃除ができればよいのでしょうが、子育てや介護、仕事などを抱えていれば、そうはいきません。そこで今回は「掃除の手間を減らす」住宅設備に注目。共働きで子育て中の主婦ライターが各社のショールームをまわり、その使い心地をレポートします。

休日に休みたい!できれば掃除はしたくない。そんな夢を叶える住宅設備

筆者は10年前に新築の一戸建てを購入し、現在、夫と10歳・5歳の2人の子ども、猫1匹と暮らしています。夫婦共働き、しかも夫は激務とあって、水まわりの掃除は気がついたときに行うというゆるさで、汚れや傷みは見ないふりをしてやり過ごしています。

しかし、いかんせん10年暮らしていると、傷みも汚れも目立つようになり、見てみぬふりもできなくなってきました。

ここで私ができればやりたくない家のお手入れ・掃除をランキング形式でご紹介すると、
1位 お風呂! 床、壁、天井のカビ、床の水アカ、小物の汚れ
2位 長期間放置しているレンジフードの掃除
3位 トイレの便座のすき間、便器のフチの黒ずみ

ママ友とも家事の話をしますが、水まわりはとにかく毎日使う場所なので、
「掃除をしてもすぐに汚れる」
「忙しいので手がまわらない」
「できるならしたくない」
「めんどくさい」など、掃除を避けたいと考えている人が多いように思います。

だって、掃除した瞬間から汚されるんですよ? だったらもういいやって気持ちにもなるのが自然ですよね。でも、そんな人こそ取り入れたいのが、掃除・お手入れの手間を極力省いた「家事ラク設備」。

忙しい人やズボラな人こそ、住宅設備に頼るべき、そんな時代になったのです。さっそく各社が全力で「推す」設備や機能を見ていきましょう。

やりたくない家事のイメージイラスト
立ちはだかるお風呂、トイレ、レンジフードの掃除…考えるだけでゾッとします(画像作成/SUUMO編集部)

トイレの掃除がぐんとラクになる注目機能

ニオイ、ハネ、黒ずみなどが目立つトイレ掃除は、なかなかさぼれないのがつらいところ。少し前までトイレといえば「節水機能」を軸に進化していましたが、今、メーカーが注力しているのがお手入れのしやすさです。

汚れがつきにくくなるコーティングに加え、便器の裏、ふち、すき間といった「飛び散りやすい場所」も極力お手入れしなくて済むようになっているとか。特に小さな子どもがいるとトイレは汚れやすく、使う頻度は高いもの。自分たちに必要な機能を見極めて、じっくり選ぶ価値は多いにありそうです。

便座裏の尿汚れや便器・ノズルをしっかり漂白・除菌! TOTO「ネオレスト」

次亜塩素酸を含む水「きれい除菌水」で除菌、抗菌に取り組んできたTOTO。最近では、男性も座って用を足す派が増えたことから、便座の裏に汚れがついてしまうことに注目し、ネオレストの最新シリーズでは、なんと、「きれい除菌水」が便座裏の汚れを洗浄する「便座きれい」機能を搭載しています。

「げっ、尿ハネ汚れ……」という、便座裏の汚れに目をつけるのはさすがですし、今すぐリフォームしたいなあという気持ちにしてくれます。ほかにも洗いにくい便器のノズルもしっかり除菌してくれるなど、細かな点まで配慮が行き届いています。

便座裏の汚れの比較(「便座きれい」あり・なし)
「きれい除菌水」を便座裏の先端部分に吹きかけ漂白、除菌。しかも使用後に毎回。優秀……。(画像提供/TOTO)
「便器きれい」「ノズルきれい」「においきれい」
便器内やノズル、ニオイなど気になる部分もキレイにしてくれる「きれい除菌水」機能を搭載。(画像提供/TOTO)
便座きれい

微細ミストで便座裏の汚れをしっかり漂白&除菌。もうないと思っていたトイレの革新って、まだまだできるんですね!

電動お掃除リフトアップで、すき間掃除もストレスフリー LIXIL「サティスS」

陶器表面に水酸基が出ない独自の「アクアセラミック」を用いていることから、ガンコな水アカも汚物もどちらも落とせて新品の美しさが100年続く「100年クリーン」をアピール。

便座には継ぎ目があることが一般的ですが、こちらは継ぎ目がないので、段差や溝に汚れがたまりにくく、ひと拭きでキレイに。そう、約10年以上前の便座には地味~に継ぎ目があり、そこが汚れていくんですよね。地味ですが、着実に改良されていて感動します。

電動で便座が真上に上がる「お掃除リフトアップ」では、気になるすき間に手が入るため、ユーザーの満足度も高い仕様です。使用後はフタが自動で閉まってから水を流す、シャワートイレのノズルは銀イオン水で自動洗浄するなど、細部まで至れり尽くせりです。

「お掃除リフトアップ」
きちんと上に持ち上がるので男性の指先でもしっかり掃除できます。「手が大きいから掃除できない」とはいわせない(画像提供/LIXIL)
「キレイ便座」
継ぎ目がないので、見た目にも美しい「キレイ便座」。このキレイが最小限の手間で維持できるのがうれしい(画像提供/LIXIL)
「お掃除リフトアップ」

便器が真上に自動で上がる「電動お掃除リフトアップ」なので、すき間に手が入ります。実物を初めて見ると「お~」と驚くこと請け合いです。

キッチン選びで毎日の調理&お掃除もラクに!

新型コロナウイルスの影響で調理の機会が増え、その分、お手入れの必要も増しているキッチン。なかでも、ストレスの元となっているのが、シンクとレンジフードの掃除です。しかしながら最新のレンジフードは「お手入れからの解放!」を高らかに宣言、シンクは「ニオイの元をつくらない」など、うれしい新機能が登場しています。ちょっとコストかかっても導入したくなる機能です。

継ぎ目とすき間をなくし、水流でいつもキレイ クリナップ「流レールシンク」「とってもクリン排水口」

「がんばらなくてもいい」キッチンを謳っているクリナップ。特にステンレスキャビネットのシステムキッチンは、年々、バージョンアップを続けていて、ニオイの元となる継ぎ目やすき間を極力なくし、見た目にも美しい仕上がりです。

また、流しに水流を発生させることで、飛び散った生ゴミが半自動で1カ所に集まる設計で、ニオイがしにくくなっています。排水溝までステンレス素材のうえ、さらに汚れや傷に強い親水性セラミック系の特殊コーティング「美コート」加工をしているので、極力、「掃除をがんばらない」工夫がされています。

「流レールシンク」
「とってもクリン排水口」
野菜くずなどが水仕事の水流で集まる安心の設計。排水口がヌメリにくくなっている心配りもさすが!(画像提供/クリナップ)
シンク表面の特殊エンボス加工
水滴や汚れ、小さなキズがつくことで「生活感」あふれるシンクになるんですよね。こちらのシンクは表面に施された特殊エンボス加工で、こすれキズがつきにくい仕様とのこと(画像提供/クリナップ)
流レールシンク&とってもクリン排水口

シンクに落ちた食材の切れ端などが水流で排水口に集まる仕掛け。ずっと見ていたくなります。

10年間ファンのお掃除不要!全自動おそうじファン付レンジフード Panasonic「ほっとくリーンフード」

年末休暇に突入したのに、油でギトギトになった換気扇を洗うのは、「拷問かな?」と思うほどいやな「レンジフード」のお手入れ。しかし「10年間、ファンのお掃除はいりません!」と高らかに宣言したのが、パナソニックの「ほっとくリーンフード」。

使用後にファンが自動で高速回転、ファンに付着した油を吹き飛ばしてくれるすぐれものです。普段のお手入れは表面をさっと拭くだけ。あとは年に1度、プレートをとりはずして洗えばOK。しかも食洗機対応。パナソニック専用商品なので、システムキッチンとあわせて検討しましょう。

「ほっとくリーンフード」搭載のキッチン
見た目にもスタイリッシュ。板である「ラクウォッシュプレート」がほとんどの油をカット(画像提供/パナソニック ハウジングソリューションズ)
「ほっとくリーンフード」の仕組み
運転終了後に、毎回高速回転して油を吹き飛ばす。考えた人に最敬礼!(画像提供/パナソニック ハウジングソリューションズ)
「ラクウォッシュプレート」を食洗機にかけている様子
プレートを洗うのは年1回でOK。しかも食洗機対応。最高かな?(画像提供/パナソニック ハウジングソリューションズ)
ほっとくリーンフード

機能だけでなく、使いやすくてデザインもおしゃれ、というすぐれもの。指名買いする人がいるというのも納得です。

面倒なお風呂掃除も取り外せるパーツや自動洗浄機能でラクになる!

高温多湿のこの国では、お風呂の手入れとは、カビ、水アカ、ヌメリとの闘いを意味します。つるす収納を取り入れる、洗剤を工夫するなど、どの家庭も対策を練っていることでしょう。

しかし浴槽も床も、お風呂が自ら掃除くれる時代なんです。スマホにアプリを入れてIot化しておけば、タップひとつでお掃除完了、お湯はりまでできます。これなら外出先からの操作で、帰宅後即、入浴できるように。家庭の平和のために検討すべき設備といえるでしょう。

気になるカウンターは取り外して洗える! LIXIL「まる洗いカウンター」

お風呂で最も汚れが気になるカウンターを取り外し、裏やフチが丸洗いできるようになっています。にっくき裏の汚れ、フチまでしっかり洗えるのでストレスフリーですし、それでもカビやヌメリが気になる場合はいっそカウンターまるごと取り外して「収納」してしまうのもありでしょう。コレ。

「まる洗いカウンター」
ヌメリの元になるカウンターをまるごと取り外して洗える設計。床は特殊な表面処理をしていて汚れがつきにくく、落としやすい「キレイサーモフロア」(画像提供/LIXIL)
「まる洗いカウンター」使用時のイメージ
「まる洗いカウンター」収納時のイメージ
カウンターは収納も可能。何より凹凸が少ないので掃除しやすいですよね(画像提供/LIXIL)
まる洗いカウンター

取り外し、取り付けもカンタン。カウンターは取り外したあとに、まるごと浸け置き洗いしてもよいかもしれません。

ボタンひとつで浴槽も床も自動でキレイに TOTO「おそうじ浴槽」「床ワイパー洗浄」

お掃除ロボットが床掃除を全自動で終わらせてくれるように、お風呂の浴室も床掃除もまるごとおまかせできる時代になりました。「おそうじ浴槽」は、洗剤を予めセットしておき、自動で浴槽そのものを洗ってくれます。「床ワイパー洗浄」も同様にお風呂の床洗浄を行ってくれます。

どちらも角質や皮脂汚れを洗い流してくれるほか、最後に「キレイ除菌水」で仕上げてくれるので、除菌をするので床の四角や排水溝のヌメリも軽減できるそう。人はもうボタンを押すだけで、ほぼお風呂掃除から解放されるのです!これはお金をかける価値、絶対アリですね!

「まる洗いカウンター」
タップひとつで掃除からお湯はりまで完了って、すごい時代になりました。21世紀になってよかった!(画像提供/TOTO)
「床ワイパー洗浄」
浴室の床も自動で洗浄する「床ワイパー洗浄(きれい除菌水)」。このお風呂、今すぐわたしにプレゼントしてください(画像提供/TOTO)
おそうじ浴槽

家族のお掃除分担で悩むくらいなら、おそうじ浴槽を買うのがいいと思います。家族の不平不満、ぜひ解決しましょう!

床ワイパー洗浄

どんな汚れでもついたらすぐに落とすが鉄則。毎日、床ワイパー洗浄をしていると、汚れにくくなるんだろうなあ、いいなあ……。

家事や住宅設備、リフォームのプロなどを取材するたび、「この10年で住宅設備はかなり進化した」「開発部門に毎日、家事をする人が入るようになったのではないか」などと聞いていましたが、それは大げさではなく、本当だなと思いました。家事・仕事、育児、介護などで忙しい人、掃除が苦手だという人はもちろんのこと、もともと掃除好き、キレイ好きな人もよく比較・検討してほしいです。価格と時間をかけ、学ぶだけの価値は必ずあるので、ぜひ、一度、ショールームに足を運んでみてください。

まとめ

住宅設備機器メーカーは、メンテナンスや清掃性に着目し、素材開発や設計の工夫をしている。

忙しい人、こまめな掃除が苦手な人ほど、住宅設備の力を借りて、家事の負担を軽減しよう。

10年お手入れ不要、100年キレイなど、各社強みがあるので特色と価格を理解して比較・検討しよう。

注文住宅の会社を探す
中古マンションを探す
中古一戸建てを探す
リフォーム会社を探す
カウンターで相談する
工務店を探す
ハウスメーカーを探す
新築一戸建てを探す
新築マンションを探す
土地を探す
売却査定する
賃貸物件を探す
引越し見積もりをする
取材・文/嘉屋恭子
公開日 2022年09月23日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション選びと会社選びをサポートします。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る