トイレの収納アイデアを収納王子コジマジックさんに聞いてみた【実例付き】

トイレの収納アイデアを収納王子コジマジックさんに聞いてみた【実例付き】

1日に何度か出入りするトイレ。ときには来客が使ったりすることもあり、すっきりとした清潔感のある空間に保ちたいと考える人は多いはず。そこで、収納のプロでありタレントの収納王子コジマジックさんに、トイレにおける収納の基本的な考え方と実践テクを教えてもらった。また、家を建てた先輩たちの実例も紹介するので参考にしよう。

まずは「トイレで用を足す以外にすることは?」から考える

トイレにしまうモノは明確。すべてが収納できるスペースを

「トイレですることって用を足す以外にもスマホを見る、本を読む、掃除をするなど、意外と多いんです。しまうモノもトイレットペーパーや生理用品のストック、トイレブラシや洗剤などのトイレ掃除グッズなど、結構あるんです。トイレットペーパーのストックや掃除グッズなどが床に置いたままでは見た目が良くなく、掃除もしにくいので、それらのすべてがきちんとしまえるような収納スペースを考えたいですよね」と収納王子コジマジックさん。

「あとは、お客さんがトイレを使ったときにちょっとした化粧直しをできるようにしたいなら、手洗いカウンターやメイク直しのできる鏡などを設置するスペースがあるといいですよね」

このように、トイレの収納について考えるときは「トイレをどんなふうに使いたいか、そのために何を収納するスペースが必要か、という順番で考えていきます」

トイレに収納したいもの(イレットペーパー、トイレ用洗剤、掃除ブラシなど)について考えている女性
トイレットペーパー、トイレ用洗剤、掃除ブラシなど、トイレにはモノがいっぱい(イラスト/もり谷ゆみ)

トイレの収納棚にもさまざまなタイプが

【1】トイレットペーパーはしまう量・しまい方を考えて

ひと口にトイレットペーパーをしまうと言っても、「どれくらいストックしたいのかは家庭によってさまざま。例えば12ロール入りのトイレットペーパーを買ってきて、中身を出さずにパッケージごとそのまま収納したいなら、つり戸棚などの大きな収納スペースが必要です」

トイレの頭上に設けた収納棚にトイレットペーパーを収納する女性
トイレットペーパー12ロール入りがパッケージのまま入れられる収納棚を設置したイメージ

ストック分をすべてトイレに置くのか、トイレ以外の収納場所にも置くのかなどによっても、必要な収納スペースは変わる。また、高いつり戸棚から出し入れするのがいいのか、低いカウンター収納や壁付けのトイレラック、床置きの収納ボックスやなどから出し入れするのがいいのかなど、家族にとっての使いやすさや、トイレの広さなどによっても、トイレットペーパーの収納場所は変わる。

トイレのコーナーに設けた収納棚にトイレットペーパーを収納する子ども
トイレットペーパー12ロール分をコンパクトに入れられる収納棚を設置したイメージ。壁のコーナーに縦に取り付ければ、下のほうは背の低い家族にも取り出しやすい
トイレの下部に設けた収納棚にトイレットペーパーと掃除用具を収納
トイレットペーパーホルダーと掃除用具入れを兼ねた収納棚を設置したイメージ。トイレに必要なものすべてがコンパクトに収まり、カウンターに手をついて立ち座りもできる

トイレの収納は、自分たち家族が何を優先したいのかを考えてプランニングしよう。

実例:トイレットペーパーはネットバッグにざっくり入れて
ネットバッグにトイレットペーパーを入れて壁にかけたローコストな収納実例
ビーチのような爽やかな水色と白木の腰壁が印象的なトイレ。トイレットペーパーはネットバッグにざっくりと入れて壁にハンギングしただけ。ローコストに仕上がるうえ、カジュアルなトイレのイメージにぴったり合っている(写真/相馬ミナ)
実例:収納棚は手の届きやすい目線の高さに
トイレの低い位置に収納を設けた実例
パイナップル模様の壁紙で遊び心たっぷりにつくったトイレ。収納を天井よりも低めの位置に設けたことで、背の低い家族にも手が届きやすく(写真/本美安浩)

【2】来客も使うなら鏡を設けてパウダーコーナーを

トイレに手洗いカウンターを設けるかどうかもポイント。「来客がトイレを使ったあと洗面所に通すのかどうかも考えてプランニングしましょう」とコジマジックさん。

「洗面所を見られたくないという場合は、トイレ内に手洗いカウンターを設けるプランも増えていますが、さらに手洗いボウルの上に鏡を設けておくと、ちょっとしたメイク直しもできるパウダーコーナーに。お客さんを洗面所に通さずに済みます」

実例:手洗いカウンターをパウダーコーナーに
モノトーンでまとめられたおしゃれなトイレの実例
コンクリート風のグレーの壁紙に、下部には防汚対策も兼ねた黒を合わせてツートンにしたトイレ。グレーのカウンターに黒い洗面ボウル、その上に丸いミラーを設け、ちょっとしたパウダーコーナーに(写真/古石真由弥)

【3】コンセントや電源コードも扉の中にすっきり収納

トイレに温水洗浄便座などの機能をつけるケースが主流の現代、トイレにコンセントは必須。ところが「おしゃれなタンクレストイレなのに、その横にコンセントや電源コードがむき出しになっていたりするとちょっと残念ですよね」とコジマジックさん。

見た目が良くない上に、ほこりがたまりやすく、掃除もしにくくなってしまうもの。「コンセントを取り付ける前に、なるべく目立たない場所につけてもらうよう依頼しましょう」。また、トイレ収納の扉の中に隠すことができるなら、それもいいアイデアだ。

たかがコンセント、たかが電源コードと思っても、小さなトイレ空間では思いのほか目立ってしまうことも。「見た目がすっきり、というのは収納の観点からも大事ですよ」

コンセントや電源コードも扉の中にすっきり隠せるトイレ
トイレのタンクと収納キャビネット、手洗いがひとつになったトイレ
トイレのタンクと収納キャビネット、手洗いがひとつになったトイレ。タンクの左右の扉の中に掃除用具やトイレットペーパーなどが収納できるうえ、コンセントや電源コードなどもすっきりと隠せる
まとめ

トイレにしまうモノは明確。すべてが収納できるスペースを

トイレットペーパーはしまう量・しまい方を考えて

来客も使うなら鏡を設けてパウダーコーナーを

コンセントや電源コードも扉の中にすっきり収納

カウンターで相談する
注文住宅の会社を探す
新築一戸建てを探す
リフォーム会社を探す
中古マンションを探す
中古一戸建てを探す
新築マンションを探す
賃貸物件を探す
取材・文/前川ミチコ イラスト/もり谷ゆみ
公開日 2020年05月19日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション・建築会社選びをサポートするプロ。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る