リビングの収納アイデアを収納王子コジマジックさんに聞いてみた!【実例付き】

リビングの収納アイデアを収納王子コジマジックさんに聞いてみた!【実例付き】

家族が集まり、ゲストを招くこともあるリビング。さまざまなモノがあふれる空間を、収納でなんとかしたいと考える人は多いはず。そこで、収納のプロであり二児の父でもある収納王子コジマジックさんに、リビングにおける収納の基本的な考え方と実践テクを教えてもらった。また、家を建てた先輩たちの実例も紹介するので参考にしよう。

まずは「リビングで何をする?」「何を収納する?」から考える

「テレビを見てくつろぐ」以外の過ごし方にも目を向けよう

「モノは『使う場所に収納する』のが原則。それを使う場所のすぐ近くに収納することが、散らかりにくい部屋づくりの基本です」とコジマジックさん。「ですから、何を置きたいかではなく、まずは自分たちがその部屋でどう過ごしたいのか、そのために何を使うのか、その置き場所はどうするのか、と考えていくのが収納計画です」

リビングの収納について考えるときは「例えばわが家の場合だと、小さい子どもがおもちゃや勉強道具をリビングに持ってきて、そこで遊んだり勉強したりする。だったら、それらを置けるような収納スペースをリビングにつくってあげよう、という順番で考えていきます」

リビングに収納したいもの(掃除機や子どものおもちゃなど)について考えている女性
テレビ、リモコン、おもちゃ、勉強道具、掃除用具など、リビングにはモノがいっぱい(イラスト/もり谷ゆみ)

リビングで過ごしやすくなる収納アイデア

【1】大きな場所をとる「テレビ」まわりを収納に

「どんなリビングにしたいかを考えるとき、多くの人が『大きいテレビ、大きいソファ、大きい窓』を思い描くもの。でもそれらを全部収めようとすると、大きい窓の前にテレビやソファがかかってしまったりして、収納スペースをつくるところがなくなってしまう。となると、何か大きなモノの後ろ、つまり『テレビまわり』をどのように使うのかがポイントなんです」

コジマジックさんの自宅リビングにつくったテレビ台収納
取材当時、夢のマイホームを建築中のコジマジックさん。リビング収納は、テレビを囲むようにテレビボードをつくり、リビングに必要なモノをすべて集中収納できるようにしているそう(写真/一般社団法人日本収納検定協会)

コジマジックさんが建築中の自宅では、リビング収納の扉の中に充電用のコンセントも設け、縦型のコードレス掃除機、ロボット掃除機、デジカメ、ルーターなどもしまえるように計画。「ティッシュの箱やゴミ箱も見えないように、すっきりと扉の中にしまうという計画です」

コジマジックさんの自宅のリビングにあるテレビ台には掃除機も収納できる
充電をしながら収納できて、リビングがスッキリ

スペースにゆとりがある場合は「テレビの裏に収納棚をつくって、テレビの両サイドを出入口にするのもいいと思いますね」とコジマジックさん。「入口を2つつくるより、収納スペースを増やしたほうがいいと思われがちですが、収納は行き止まりがあると、モノの出し入れがしにくいため、何が入っているのかわからなくなってしまう。動線は2方向あったほうが、使いやすさが格段にアップしますよ」

テレビボードの裏に通り抜けできる収納スペースを設けたリビング
行き止まりのない収納は使いやすい
実例:テレビ収納棚を壁の中にビルトイン
壁がけのテレビの下に、収納スペースを設けたリビング実例
テレビの下に収納棚を設け、テレビを壁掛けにし、コンセントなどをテレビ裏に収納。テレビ台が不要でリビングがすっきりと(写真/加藤淳史)

【2】小さい子どもには「リビング学習」のスペースも

子どもがいると、リビングにはおもちゃや勉強道具が集まってくるもの。コジマジックさんは、プランニング中の自宅に「リビング学習ができるスペースを設けました」

教科書やランドセルなどが収納できるスタディコーナー
(写真提供/一般社団法人日本収納検定協会)

「よく『ランドセルの収納場所を決めているのに使ってくれない』と相談を受けることがありますが、そういう方の収納方法を聞くと、掛ける収納や入れる収納がほとんどでした。ところが、実際に子どもがランドセルの中身の入れ替えをするのは、地べたというケースが多い。なぜかというと、ランドセルに教科書を入れたときの重さは、なんと約7.7kgもあるからなんです」

そこでコジマジックさんが提案するのが、子どもがリビングで学習できるデスクを設け、地べたの近くにランドセル収納を設け、スライド棚に“置く”という収納アイデア。「子どもが自室で勉強するようになったら、パソコンのプリンタを置いたり、ママのメイクボックスを置いたり……。子どもが大きくなってからのライフスタイルを想定してつくるのも楽しいですね」

ランドセルやよく使う教科書を下に収納。上部にも棚を設け収納力バツグン
ランドセルやよく使う教科書を下に収納。上部にも棚を設け収納力バツグン
床のすぐ上にあるのが、コジマジックさんが提案するランドセル収納。重いランドセルや教科書が低い位置にあるため、子どもでもラクに中身の入れ替えができる(写真提供/一般社団法人日本収納検定協会・大建工業株式会社)
実例:LDKの一角にリビング学習のコーナーを
キッチンから見える位置にあるスタディコーナーで勉強をする姉妹
LDK内にスタディコーナーを設置。既製品の勉強机を2つ並べているだけなので、将来子どもが自室で勉強するようになれば、また別の使い方ができる(写真/島崎耕一)

【3】収納家具の中も小分けにして整理する収納術。モノごとに「住所」を

形も大きさも用途もまちまちなモノが集まるリビング。「使ったモノを元に戻すことが片づけの基本ですが、モノの『住所』がはっきりしていないと、どんどん散らかるばかり。片づけなさいと子どもを叱る前に、片づけられる仕組みづくりを大人が考えてあげる必要があります」

収納場所に「きる」「かく」「はる」などラベリングしている
使ったモノを家族全員が元に戻せるよう、モノの「住所」を明確に(写真/一般社団法人日本収納検定協会)

そこでコジマジックさんが提案するのが、モノを「行動別」に分類する収納術。例えば、

・はさみ、カッター、爪切り → 「きる」
・ボールペン、マジックペン → 「かく」
・のり、テープ、各種接着剤 → 「はる」

などのように、モノの「住所」を行動ごとに分けてラベリングしてみたところ、「子どもたちが『のりは?』『貼る、だよね』と自分たちで考えて、整理して収納するようになりました。このように楽しいことにしてあげると、子どもたちも進んで収納できるようになっていきますよ」

収納家具の中も、収納ボックスなどで細かく「住所」を分けるのがコツ。「扉の中であっても見た目をすっきりとさせることで、きれいに片づけようという気持ちになるもの。収納ボックスの色や素材をそろえて、できれば同じブランドやシリーズで統一するのがオススメです」

実例:収納ボックスをそろえて形がまちまちなモノもすっきりと
収納ボックス
コジマジックさんの家(取材当時にお住まいの賃貸住宅)。収納内部までボックスをそろえ、こまごました小物もすっきりと。子どもの幼稚園のプリント類は兄妹で分け、さらに用途別に収納(写真左上)。書類の着地点がこの場所になるように心がけている(写真/一般社団法人日本収納検定協会)
まとめ

リビングで何をする? 何を使う? から収納を考える

大きな場所をとる「テレビ」まわりを収納に

小さい子どもには「リビング学習」のスペースも

収納扉の中も小分けにしてモノごとに「住所」を

カウンターで相談する
注文住宅の会社を探す
新築一戸建てを探す
リフォーム会社を探す
中古マンションを探す
新築マンションを探す
中古一戸建てを探す
賃貸物件を探す
取材・文/前川ミチコ イラスト/もり谷ゆみ
公開日 2020年05月19日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション・建築会社選びをサポートするプロ。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る