キッチンの収納アイデアを収納王子コジマジックさんに聞いてみた【実例付き】

キッチンの収納アイデアを収納王子コジマジックさんに聞いてみた【実例付き】

食料品、食器、調理器具……さまざまな形をしたモノがたくさん集まるキッチン。上手に収納できているかどうかが、家事の効率にも影響するから重要だ。そこで、収納のプロで二児の父でもある収納王子コジマジックさんに、キッチン収納の基本的な考え方と実践テクを教えてもらった。また、家を建てた先輩たちの実例も紹介するので参考にしよう。

水を使う道具はシンク下に収納。「適材適所」を考えて

家族が食事をするという一連の行動にはたくさんのステップがある。

「買い物から帰る→買ってきた食材を冷蔵庫やパントリーにしまう→食材を洗う→切る→味付けをする→火を通す→食器を出す→盛り付ける→テーブルに出す……食後のことまで細かく挙げたらキリがないほどの動きがあります」とコジマジックさん。

「料理をする人たちの動きを定点観測させてもらって歩数を計算したところ、ひとつの動きから次の動きまでがおおむね4歩までなら『料理がしやすい』といえそうなことがわかりました。つまり、一連のキッチン作業をできるだけ無駄のない歩数で完結させることが、キッチン収納術のポイントなんです」

そのためには「適材適所」の収納が重要。「例えばシステムキッチンには、もともと使いやすいための収納ノウハウが詰まっていて、次のようにそれぞれの収納スペースがあります」

・シンク(水を使うところ)の下 → ざる、ボウル、サラダスピナーなど
・調理台(調理するところ)の下 → 調理器具、調味料など
・コンロ(加熱するところ)の下 → 鍋、フライパンなど

コンロの下にフライパンを収納するなど、使いやすさを重視した収納
コジマジックさんが取材当時お住まいの家のキッチン。モノが適材適所に収納されている(写真/一般社団法人日本収納検定協会)

「これを無視して、シンクの下に鍋をしまったりすると、動線がクロスして歩数が増えてしまいます。モノは『使う場所にしまう』のが基本。自分がキッチンで普段どのような動きをしているのか考えて、動線に沿って収納を配置することが重要です」

建築中のマイホームのキッチンに立つコジマジックさん
取材当時、夢のマイホームを建築中のコジマジックさん。料理好きの奥様のために行動動線と収納を徹底的に追求したキッチンの実現に向けて奮闘中(写真/一般社団法人日本収納検定協会)
例:適材適所の収納で動線をすっきり
適材適所の収納で動線をすっきり
ガスコンロの下には火を使うもの、とすべてのモノが適材適所に。システムキッチンの引き出しの中に前後にスライドする棚があるため、デッドスペースが生まれにくい。また、扉の裏側に小物用のポケットがあるのも取り出しやすさのポイント(写真/本美安浩)

パントリーは収納量だけでなく「動線」も大事

共働き家庭が増えた今、まとめ買いした食料品をたっぷり収納できるパントリーに憧れる人も多い。ところが、収納できる量だけでなく、これも「動線が大事」とコジマジックさん。

「たっぷりしまえる広いパントリーほど、奥が使いにくくなりがち。入口付近ばかり使っているうちに、奥に何が入っているのか忘れてしまって、気づいたら賞味期限が切れていた、ということになりがちなんです」

広いパントリーを上手に取り入れるには「入口を2つ設けて、通り抜けられるようにすること。せっかくのスペースを通路にするなんてもったいないと思われがちですが、収納スペースを増やして行き止まりにするより、格段にモノの管理がしやすくなります」

例えばキッチンと玄関の間にパントリーを設ければ、重い食料品を買って帰ってきて、そのままキッチンへと運び込むのもラクに。「ウォーターサーバーのボトルのストックが玄関に山積みに、という家をたくさん見てきましたが、そんなことも防げますね」

実例:買い物帰りの動線上に、通り抜けられるパントリー
パントリーへ通じるキッチン
シューズクロークの先にパントリーを設けた
Mさんの家。玄関とキッチンを結ぶ動線上に、シューズクロークとパントリー(食品庫)という大型収納を2つ設けた間取り。買い置きの食材も、靴のままパントリーまで運べて便利(写真/本美安浩)

目から腰までの高さ「ゴールデンゾーン」を有効に

たくさんのモノを使うキッチン。使いたいモノにすぐ手が届くようにするには「目の高さから腰の高さまでの『ゴールデンゾーン』を有効活用すること。使用頻度の高いモノは、このゴールデンゾーンに収納することがポイントです」コジマジックさん。

目から腰の高さが収納のゴールデンゾーンだと説明するコジマジックさん

1回の食事をつくるのにさまざまな道具を使うキッチン。使いたいモノにすぐ手が届くようにするには「目の高さから腰の高さまでの『ゴールデンゾーン』を有効活用すること。使用頻度の高いモノは、このゴールデンゾーンに収納することがポイントです」コジマジックさん。

キッチンが一般的な対面式のプランの場合、背面に大きな収納スペースを取るケースが多いはず。振り向いてすぐの位置にあるゴールデンゾーンを最大限に活かせる収納計画を考えよう。

実例:よく使うモノを背面収納のゴールデンゾーンに
背面に収納を設けたキッチン
食材ストックの収納
食品のストックやキッチンで使う消耗品、食器や調理器具などはキッチン背面の造り付け収納に。扉を開けた写真は、電気代不要の保冷庫内。給気口から外気を入れることで外と同じ気温になる。冬は低温で、夏は給気口を閉めて常温で使用(写真/宇津木圭)
実例:手の届きにくい高さには収納をつくらず窓に
インテリアにこだわったLDK
キッチンの棚と、収納にも使っている窓の縁
キッチンの背面収納は、手の届く高さまでに。それより上には無理に収納をつくらず、採光のための窓として活かした。収納部分は「好きな食器を眺めて楽しみたい」とガラスのスライドドアにし、上下に窓を残して、浮いているようなデザインに(写真/相馬ミナ)
実例:キッチン背面に家電・食器・パントリーを集中
収納力のあるキッチンの実例
コンロの背面に設けられたパントリーには食材をストック
Nさんの家。キッチン背面の壁一面を家電・食器・パントリーを集中させた大型収納に。パントリーは調理台とコンロのすぐ後ろにあり、よく使うモノを手元の高さにまとめているため、調理中にサッと振り向いて必要な食材を出し、すぐに使うことができる(写真/本美安浩)
まとめ

水を使う道具はシンク下に。「適材適所」を考えて

パントリーは収納量だけでなく「動線」も大事

目から腰までの高さ「ゴールデンゾーン」を有効に

カウンターで相談する
注文住宅の会社を探す
新築一戸建てを探す
リフォーム会社を探す
中古マンションを探す
中古一戸建てを探す
新築マンションを探す
賃貸物件を探す
取材・文/前川ミチコ
公開日 2020年05月20日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション・建築会社選びをサポートするプロ。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る