家の「収納」アイデアを収納王子コジマジックさんに聞いてみた【実例付き】

家の「収納」アイデアを収納王子コジマジックさんに聞いてみた【実例付き】

「家の収納をなんとかしたい」と思っている人は多いよう。そこで、収納のプロであり二児の父でもある収納王子コジマジックさんに、収納の基本的な考え方と実践テクを教えてもらった。また、家を建てた先輩たちの実例も紹介するので参考にしよう。

片づけの順番は「出す・分ける・しまう」

片づけ下手な人ほど順番が逆になっている

「片づけの意味は、使ったモノを元の位置に戻すこと」とコジマジックさん。「片づけには順番があり、『出す・分ける・しまう』が基本なのですが、片づけがあまり得意でない人ほど、これを逆にやってしまうんです」

片づけが得意でない人は、まずは散らかっているモノをしまい込むことから始めてしまうのだそう。そして「引き出しを開けるとモノがいっぱい入っているから、ここで初めて分ける、そして自分にとって必要ではないモノを出す、となってしまうんです。自分にとって必要なモノを見極めるには、まずは収納されているモノを全部出すことから始めましょう」

必要なモノを見極めたら「モノを使う場所=収納スペースを基本として、どんな収納プランにすればいいのかを考えていきます」

では、家の中のそれぞれの空間や収納するモノごとに、収納プランのポイントを見ていこう。

リビング:大きな場所を取る「テレビまわり」に収納を

収納力たっぷりのテレビ台
【実例】コジマジックさんが建築中の家のリビング収納。テレビまわりに、リビングに必要なモノを集中収納(写真/一般社団法人日本収納検定協会)

「大きなテレビ、ソファ、窓があると、リビングには意外と収納スペースをつくるところがないんです」とコジマジックさん。そこで現在、夢のマイホームを建築中のコジマジックさんの自宅は、テレビを囲むようにテレビボードをつくり、リビングに必要なモノをすべて集中収納できるようにしているそう。「大きな場所を取るテレビまわりにリビング収納を。縦型の掃除機、ティッシュやゴミ箱とさまざまなサイズのモノを扉の中に収納できます」

壁掛けのテレビの下に収納スペースを造作
【実例】Mさんの家。テレビの下に収納棚を設け、テレビを壁掛けにし、コンセントなどをテレビ裏に収納。テレビ台が不要でリビングがすっきりと(写真/加藤淳史)

トイレ:収納するモノが明確な場所。それぞれに必要なスペースを

収納するモノが明確なトイレは「掃除グッズなどを床に置かなくて済むように、すべてのモノに置き場所を考えましょう。例えばトイレットペーパーを買ってきたパッケージのまま収納したいなら、その大きさの収納を。予備を数個置くだけでOKなら、その分が置けるだけの収納スペースを」

ネットバッグにトイレットペーパーを入れた見せる収納
【実例】Sさんの家。ビーチのような爽やかな水色と白木の腰壁が印象的なトイレ。トイレットペーパーはネットバッグにざっくりと入れて壁にハンギングしただけ。ローコストに仕上がるうえ、カジュアルなトイレのイメージにぴったり合っている(写真/相馬ミナ)

子ども部屋:すべてのモノに「住所」を決めてラベリングを

子ども部屋の収納は「例えばおもちゃなど、すべてのモノに『住所』を決めて、遊んだら元に戻す習慣を。文字よりも、イラストや写真でラベリングがオススメです」

子ども部屋では、部屋の中央に家具を置く間仕切り収納、手の届きやすい位置に棚を変えられる可動式収納やシステム収納も検討してみよう。

コジマジックさんの家の子ども部屋
ラベリングした箱。子どもの片付けが簡単になる
【実例】コジマジックさんが取材当時に住んでいた家と、建築中の家のキッチン。適材適所の収納、行き止まりのない動線を実現している(写真/一般社団法人日本収納検定協会)

キッチン:「適材適所」の収納をベースに「動線」も考えて

キッチンの収納は「シンクの下には水を使う道具、というように『適材適所』の収納が重要。キッチン内の歩数が少なくなり、作業の効率がアップします。

また『動線』にも工夫を。特にパントリーは、行き止まりができないように設けるのが、しまい忘れを防ぐポイント。現在、夢のマイホームを建築中のコジマジックさんは、料理好きの奥様のために行動動線と収納を徹底的に追求したキッチンの実現に向けて奮闘中だそう。

コンロの下に鍋などを収納するのがポイント
【実例】コジマジックさんが取材当時に住んでいた家のキッチン。コンロの下に鍋などをしまい、適材適所の収納を心がけて(写真/一般社団法人日本収納検定協会)
コジマジックさんの新居のキッチン
【実例】建築中のコジマジックさんの家のキッチン。行き止まりのない動線を実現している(写真/一般社団法人日本収納検定協会)
注文住宅のキッチン実例
注文住宅のパントリー実例
【実例】Nさんの家。キッチン背面の壁一面を家電・食器・パントリーを集中させた大型収納に。パントリーは調理台とコンロのすぐ後ろにあり、よく使うモノを手元の高さにまとめているため、調理中にサッと振り向いて必要な食材を出し、すぐに使うことができる(写真/本美安浩)

浴室・洗面室:近くに下着・ルームウェア収納を

衣類は寝室のクロゼットに収納するものと思い込んでいる人が多いが、「下着やルームウェアだけでも浴室の近くに置いてみましょう」。十分な湿気対策をすれば、室内物干しを設けてランドリールームとファミリークロゼットを併設できることもあるので検討してみよう。

ウォークインクロゼットが洗面室に併設された注文住宅実例
【実例】Tさんの家。浴室、洗面室、脱衣所、ウォークインクロゼットをすべて兼ねたサニタリールームをオリジナルで設計。無駄なモノの移動、家事動線を極力省いた。天井に室内物干しを設置したため、洗濯・乾燥・収納まですべてこのスペースで完結する(写真/河原大輔)
間取り図
注文住宅実例の間取り

●服:家族共用の「ファミリークロゼット」も検討してみよう

服を収納するクロゼットは、最近では「それぞれの個室に分けず、1カ所にまとめて家族で共用する、ファミリークロゼットも人気が出てきています」。夫婦の寝室や子ども部屋の近くに1つ設けると、それぞれの部屋に設けるよりも省スペース。乾いた洗濯物を運ぶのも、それぞれの部屋ではなく、まとめて1カ所で済む。

家族全員分の洋服が収納できるウォークインクロゼット
【実例】Iさんの家。夫婦の寝室と子ども部屋が集まる2階の中央に、家族全員分の洋服を収納できるファミリークロゼットを設置。廊下から、夫婦の寝室からと2WAYで出入りできるのが便利(写真/一井りょう)
間取り図
注文住宅実例の間取り

●玄関:自分たちの暮らし方に合わせて「何を置くか」考える

「玄関収納というと、靴を収納するところと思っている人が多いようです」。ところが実際は、「玄関の土間部分を掃除するグッズであったり、防災セットであったり、小さな子どものいる家だとベビーカーであったり……玄関に収納できると便利なモノは、意外とたくさんある。それらの収納場所をどうするのか、しっかり考えましょう」

ベビーカーや自転車が置ける玄関
【実例】Sさんの家。玄関の土間部分を広げて、奥まで収納スペースに。靴や傘のほかにも、ベビーカーや子どものおもちゃなどをたっぷり収納できて便利(写真/相馬ミナ)
間取り図
注文住宅実例の間取り

空間よりも「1日の過ごし方」から考えよう

空間や収納するモノ別に収納アイデアを紹介してきたが、それが正解というわけではなく、ベストな収納プランはその家ごとに違う。「まずはその部屋で何をするのか?から考えるとベストな収納プランが見えてきますよ」とコジマジックさん。

例えば子どものおもちゃをリビングに収納したほうがいいケースもあれば、ファミリークロゼットを玄関近くに設けたほうがいいこともある。デッドスペースや廊下のちょっとしたスペースを活かす方法もある。自分たちが普段、どんな動きをするかを考えるところから始めよう。

まとめ

リビング:大きな場所を取る「テレビまわり」に収納を

トイレ:収納するモノが明確な場所。それぞれに必要なスペースを

子ども部屋:すべてのモノに「住所」を決めてラベリングを

キッチン:「適材適所」の収納をベースに「動線」も考えて

浴室・洗面室:近くに下着・ルームウェア収納を

服:家族共用の「ファミリークロゼット」も検討してみよう

玄関:自分たちの暮らし方に合わせて「何を置くか」考える

注文住宅の会社を探す
土地を探す
新築一戸建てを探す
中古一戸建てを探す
カウンターで相談する
ハウスメーカーを探す
工務店を探す
賃貸物件を探す
リフォーム会社を探す
中古マンションを探す
新築マンションを探す
売却査定する
取材・文/前川ミチコ
公開日 2020年05月25日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション・建築会社選びをサポートするプロ。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る