太陽光発電の知っておきたい基礎知識から、メリット・デメリットまで。2019年以降はどうなる!?

太陽光発電の知っておきたい基礎知識から、メリット・デメリットまで。2019年以降はどうなる!? 

太陽光の力を利用して電力を生み出す「太陽光発電」は、エコでクリーンなエネルギー。毎月の電気使用量の削減や、余った電気は電力会社に買い取ってもらえるなど、家計をサポートしてくれるという大きなメリットもあります。しかし、設置費用が100万円以上と価格帯が高額であることや、固定買取期間の満了のニュースなどもあり、太陽光発電に魅力を感じても、導入を迷う方もいるのでは?「太陽光発電」についての基本知識からメリット・デメリットにいたるまで、一般社団法人 太陽光発電協会に話をうかがいました。詳しく見ていきましょう。

屋根に取り付けるだけじゃない? 太陽光発電の仕組みとは?

「太陽光発電」と聞いてイメージするのが、お家の屋根に設置されたパネル。このパネルは太陽の光を電気エネルギーに変換する装置で「太陽電池モジュール」と呼ばれます。この部分に太陽光が当たれば当たるほど、発電量は増えます。

発電したばかりの電気は直流電力であるため、そのままでは家庭で使用することはできません。そのため、発電した電気は「接続箱」を通じて「パワーコンディショナー」に送られ、交流電力に変換されます。この工程を経て、はじめて家電や電気機器を動かすための電源として使うことができるのです。「屋根にパネルを置いて終わり」というわけではなく、家の中で電気として使えるように、施工会社が装置を設置する工事をおこないます。

そのほか、配線に電気を分ける装置である「分電盤」、電力会社に売った電力や買った電力を測定する「電力量計」などの装置も必要となり、これらをすべて合わせたシステムの名称を「太陽光発電システム」と呼びます。

太陽光発電システム(イメージ図)
太陽光発電システム(イメージ図)
JPEA 太陽光発電協会HPより

「太陽光発電システム」の性能は、太陽電池出力(kW)の数字によって決まります。この数字が1kWの場合、年間発電量は約1,000kWh。4kWのものを設置すれば、一世帯の年間総消費電力量の約8割(※)をまかなうことができると言われています。太陽電池出力は屋根の形状や機器の性能により変わり、4kWの「太陽電池モジュール」でも約25~40 m2と、大きさにバラツキがあります。

※一世帯の平均年間電力消費量4,825kWh/年で計算(出典:太陽光発電協会表示ガイドライン 平成29年度)

また「太陽光発電」では、発電した電気を電力会社に販売する「売電」ができるのが特徴です。平日の日中など、自宅に人がいない時間帯は、発電量が使用電力量を上回ることがあります。

そこで発電しすぎた電気(余剰電気)を電力会社に販売することで、「せっかく発電しても電気が使われなかった」というムダを防ぐことができるのです。電力会社に売った電力は、設置された電力量計というメーターで常にカウントをしているため、売電は自動で行われます。

つくったエネルギーをためられる「蓄電システム」

「太陽電池モジュール」は、太陽光がある日中は発電ができますが、夜間に関しては発電ができません。従来は、夜間の電気は電力会社から購入をしなければいけませんでしたが、「蓄電池」の登場により、夜間でも発電した電気を使うことができるようになりました。

蓄電池は、発電した電気をためられるだけではなく、電力会社から購入した電気もためることができます。そのため、「電気料金の安い深夜電力を蓄電池に充電。ためた電気を日中使う」というフレキシブルな電気の使い方も可能になります。蓄電池は、部屋の中に置けるコンパクトタイプのものから、室外に置く大型タイプまであり、基本的にはサイズが大きいほど、充電できる容量も比例して大きくなります。

太陽光発電を導入するメリットにはどんなものがある?

太陽光発電のメリットとして、発電した電気を使う「自家消費」と、電気を売ることができる「売電」ができることが分かりました。そのほかには、どんなメリットがあるのでしょうか?

・地球環境に貢献ができる
太陽の光さえあれば無尽蔵にエネルギーを生み出すことができるので、化石燃料のように枯渇する心配はありません。また、地球温暖化の原因となる二酸化炭素も排出しないクリーンな発電が可能です。仮に4kWの太陽光発電システムを1年間設置した場合、火力発電で使用する石油を約908リットル(2リットルのペットルボトル450本分)も削減できます。太陽光発電システムを設置するだけで、地球環境への貢献ができるのです。

太陽光発電
JPEA 太陽光発電協会HPより

・停電時などの災害に強い
災害などで停電になった際、非常用電源(非常用コンセント)として使用することができます。停電時に使用できる電力は最大1500Wで、テレビやドライヤー・電気ポット、充電器などの電源として十分に使用可能です。日照・気象条件によって発電量は左右されますが、万が一の備えとして安心できるエネルギー源です。

写真

・省エネしながら電気を自給自足できる
発電モニターを設置すれば、家全体の電気エネルギーの流れが「見える化」でき、省エネの意識も自然に高まります。近年ではHEMS(※)と太陽光発電の連携も注目されており、ネットワークを介して家電をコントロールするなど、電気を効率よく使いながら節電も可能になります。

発電モニター画面の例
HEMS

・断熱効果が期待できる
ソーラーパネルが太陽光を受け止めるため、屋根が太陽熱で温められてしまうことを防ぎます。屋根の温度上昇を抑えることで、室内の温度上昇も防げるため、その分家の中が涼しくなるというメリットも。また、冬場は室内の温かい空気が屋根から逃げ出すのを防ぎます。太陽光発電は設置するだけで、断熱効果や省エネにもつながるのです。

思わぬ出費も…選び方によってはデメリットが?

設置するメリットが多い太陽光発電ですが、「電気料金がまかなえる」「電気を売ることができる」という目先の利益だけで安易に導入してしまうと、思わぬデメリットも感じるようです。

・初期費用が高額
自宅の屋根の形状や面積・方角によってパネルの面積が変わるため、一つ一つがオーダメイド品である太陽光発電システム。以前に比べると下落傾向にありますが、機材の購入・設置に掛かる費用は4kW台のもので100万~250万円ほどと、非常に高い買い物です。また近年は電気をためることができる「蓄電池」も登場しており、大容量(10 kWh以上)タイプを選ぶと、太陽光発電システムの価格に100万~300万円ほど上乗せされます。日照・気象条件によって発電できる量が変わるため、「想定していた売電収入に届かない」という事態も考えられます。

太陽光発電の補助金を設けている自治体もありますので、補助金制度を上手に利用することも検討してみてください。

・ランニングコストが掛かる
15~20年以上の使用を想定している太陽光発電システムは、定期的な点検を実施することを、国より義務付けられています。所有者が自分でおこなう日常的な点検から、専門業者に依頼する「定期点検」があり、経済産業省は「設置後1年目、その後は4年に一度」の割合で定期点検を実施することを推奨しています。発電をおこなうということは、自宅が発電所になるということ。故障による事故などが起きないように、所有者がきちんとメンテナンスをおこなうことが重要となります。メーカーによっては、定期点検の費用を公表していますので、ぜひ参考にしてみてください。

・売電価格が年々下がっている
現在の売電価格は、10年前と比べて約2分の1まで下がっており、これから先も価格は下落する傾向にあります。「売電収入で大きく儲けたい」と考えて、太陽光発電を設置することはあまりオススメしません。あくまでも、売電は太陽光発電の副産物として考えるのがいいでしょう。

後悔しない「太陽光発電の選び方」とは

太陽光発電の基本的な構造、メリットやデメリットはわかりましたが、後悔のないように太陽光発電を選ぶにはどうしたらいいのでしょうか?

太陽光発電選びは「販売・施工業者選び」と心得る

太陽光発電システム選びは、一軒一軒のお家の形、立地条件などで最適な商品が変わるため、ユーザーが自分で良し悪しを決めるのが難しい設備です。そうなると、設置に関する相談は販売・施工業者となります。失敗しない太陽光発電選びをするためには「良い業者」を見極めることが大切です。

まずは、突然訪ねてきてしつこいセールスや強引な勧誘をする業者は、キッパリと断りましょう。また、相場よりも極端に安い価格、工事料金を提示する業者も注意。ずさんな設置工事によって、強風でパネルが飛んでしまった、屋根から雨漏りが…なんてトラブルもあるようです。必ず、見積もりは複数の販売業者に依頼しましょう。

アフターサービスを含めると、販売・施工業者とは15~20年以上もの長い付き合いとなります。トラブルを回避するためにも、パートナー選びは慎重におこなってください。信頼できる販売・施工業者を選ぶポイントをチェックリスト(下記)にしてみました。ぜひ参考にしてみてください。

販売・施工業者チェックリスト
販売・施工業者チェックリスト
太陽光発電協会パンフレット「始めようソーラー生活」より

施工に関して「技術があるかどうか」も、業者選びの一つの基準。住宅用太陽光発電システムの施工において、一定の水準・品質を確保している者を「PV施工技術者」として太陽光発電協会が認定しています。この認定者がいる事業所はHPで検索できるので、ぜひチェックしてみましょう。

JPEA認定 PV施工技術者のいるPV事業者

2019年以降の太陽光発電はどうなる?「卒FIT」とは?

発電した電気を、一定価格で買い取ることを約束する制度を「FIT(固定価格買取制度)」と呼びます。2019年11月にこの「FIT」が満了。多くの人たちが「卒FIT」を迎え、「電力会社が電気を買ってくれなくなるのでは?」「蓄電池を買わなければ、余剰電力がムダになるのでは?」など、さまざまな憶測が生まれました。

しかし、一定価格で買い取ることが終了するだけで、売電自体が終了したり、売電先が無くなったりするわけではありません。現に、大手電力会社10社が、2019年11月以降も電気を買い取ることを発表しています。また、ハウスメーカーやガス会社、地域電力会社などを含めると約50社以上が売電をすることがわかっています。卒FITのことを「2019年問題」と呼ぶメディアもありますが、大きな問題は生じておらず、卒FIT後も「問題なく売電はできる」と言えるでしょう。

「売電」から「自家消費」へ

卒FIT後も売電はできますが、買い取り額は1kWあたり10円前後と、大幅に下落してしまいます。そのため、つくった電気は売らずに自家消費をした方が経済的となります。電力を多く使う時間帯に蓄電池でためた電気を消費する、発電した電気を電気自動車の充電に使うなど、ライフスタイルに合わせて「自家消費」をしやすい方法を見つけましょう。

コストばかりに目が向きがちな太陽光発電ですが、自分たちでエネルギーをつくり出せるため、普及すればするほど「発電所に頼らない生活」も夢ではありません。災害などが起きた際に「停電している隣のお宅へ電気をおすそ分けする」-そんな風に助け合う時代も遠くないかもしれませんね。

まとめ

蓄電池があれば、停電などの災害時にも安心

信頼できる業者を探すのが、太陽光発電選びで失敗しないコツ

太陽光発電は売電からためて使う時代へ

注文住宅の会社を探す
土地を探す
新築一戸建てを探す
中古一戸建てを探す
カウンターで相談する
ハウスメーカーを探す
工務店を探す
賃貸物件を探す
リフォーム会社を探す
中古マンションを探す
新築マンションを探す
売却査定する
取材・文/一戸 隆平
公開日 2020年01月20日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション・建築会社選びをサポートするプロ。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る