自然素材の家のメリット・デメリット~無垢材は手入れが大変?漆喰壁は高い?~ 

自然素材の家のメリット・デメリット~無垢材は手入れが大変?漆喰壁は高い?~ 

人にも地球にも優しい自然素材の家。家を建てるなら、健康的で気持ちのいい住まいがいいと考える人も少なくありません。一方で、自然素材というと、無垢材や漆喰(しっくい)などは材料費が高かったり、メンテナンスが大変なのではと不安に思っている人も多いのではないでしょうか。そこで、今回は自然素材の家のメリットやデメリットについて、一級建築士事務所ecomo(エコモ)の中堀さんに教えてもらいました。

自然素材の家とは?

化学物質を含まない素材を積極的に使った家

“自然素材の家”というものに明確な定義があるわけではありませんが、一般的には、化学物質を含んでいる素材を使用しないで建てた家のことを指します。

「“自然素材の家”というと、集成材(※)ではなく、無垢材を使った家を指すことが多いと思います。それに加えて、壁、床、天井など、室内の面積を取る部分に、漆喰や珪藻土などの素材が用いられているというケースも多いです。さらにこだわったものになると、断熱材や接着剤など、目に見えない部分も自然素材が使われています。

水まわりの設備などがあるので、100%自然素材の家というのは難しいと思いますが、 “自然素材の家”と言っても、どの程度自然素材を採用しているかは、ハウスメーカーや工務店各社でさまざまです」(中堀さん、以下同)

(※)集成材とは、乾燥させた小さな木材を接着剤で組み合わせた木材のこと

“自然素材の家=化学物質を一切含まない”ということではなく、床に無垢材を使っていたり、自然素材の塗り壁を採用しているなど、自然素材を部分的に取り入れているという家も含まれるという風に考えておくといいでしょう。

住宅で使われる自然素材とは?

自然素材の家で使われる主な素材と言えば、無垢の木材と漆喰や珪藻土などの内装材です。

無垢材とは

天然の木を乾燥させてつくった木材が無垢材です。建材としてさまざまな部分で使用されますが、フローリング材として床などに使われます。無垢材には天然木ならではの節がありますが、節が無い床材もあります。最近はあえて節ありを選ぶ人も多いようですが、好みが分かれる点でもあります。また、スギやヒノキなどの針葉樹は柔らかく、ナラやケヤキなどの広葉樹は固いなど、樹の種類で特徴が異なります。

スギの床材
ケヤキの床材
無垢材は樹の種類によって異なる風合いを持つ(画像/PIXTA)

漆喰・珪藻土とは

塗り壁の仕上げに使われるのが漆喰や珪藻土などの内装材です。どちらも耐火性に優れており、珪藻土は特に調湿性に優れているという機能面からも人気の素材です。どちらも塗り方次第で独特な模様をつけることができます。

漆喰の塗り壁
珪藻土の塗り壁
お城の外壁などで馴染みのある漆喰の主な原料は消石灰(水酸化カルシウム)。珪藻土は昔から七輪に使われ、最近では洗濯不要のバスマットとしてもお馴染みになった身近な素材(画像/PIXTA)

また、木材や内装材に加え、目に見えない部分にまで自然素材にこだわった家の場合、断熱材や接着剤なども自然素材を使用していることも少なくありません。その場合、断熱材であれば古新聞を主原料としたセルロースファイバーやウール(羊毛)、コルクなど、接着剤に関しては膠(にかわ)や米糊などが使われるそうです。

自然素材の家、メリットは?

自然素材ならではのデザインや意匠性を楽しめる

無垢材の床や漆喰・珪藻土の壁などは、その素材独特の見た目の美しさなど、自然素材ならではの意匠性を楽しむことができます。

「例えば、モダン和風ならヒノキ、シンプルモダンならナラやスギなど、どんな種類の無垢材を選ぶかで、家のデザインも大きく変わります。内装材も、漆喰か珪藻土かなど、素材の違いだけでなく、塗り方や色によって和風にも南欧風にも雰囲気は変わります」

シンプルモダンなリビング
ナラやスギの無垢材と漆喰のシンプルモダンなリビング(画像提供/ecomo)
モダン和風な居室
自然素材はモダン和風のテイストとの相性も◎(画像提供/ecomo)

健康的な暮らしが可能に

さらに、自然素材であればシックハウス症候群を引き起こす、化学物質を発生させないという利点もあります。

「子どもの喘息やアトピー、アレルギーなどをきっかけに、自然素材の家を検討する人も少なくありません。自然素材の家に住み変えることで、そういった悩みが解決したという声もよく耳にします。自然素材でつくられた家は、自然の中に近い環境で暮らすことができるということだと思います」

自然素材が持つ機能性を享受できる

自然素材は、素材によって蓄熱性や調湿性、消臭性などのうれしい機能があります。

「無垢材の床は素足でも暖かく、スギやヒノキなどの柔らかい無垢材であれば、スリッパを履かなくても、膝への負担かかりにくいということがあります。

また、珪藻土や漆喰は消臭機能などがあり、家の中で肉や魚を焼いても、部屋の臭いが気になりません。さらに、珪藻土の特徴としては、調湿機能が挙げられますが、部屋の湿気を吸ったり吐いたりして部屋の湿気をコントロールしてくれます。一方、漆喰は珪藻土よりも調湿性は低いですが、強アルカリ性のため、カビが発生しにくいという特徴があります。水まわりなどには漆喰、寝室には珪藻土など、求める機能で使い分けるとよいと思います」

明るい色の珪藻土壁の寝室
珪藻土壁の寝室。塗り壁はさまざまな色も楽しめる(画像提供/ecomo)
漆喰壁の洗面室
カビが生えにくい漆喰は、水まわりにぴったり(画像提供/ecomo)

自然素材の家、デメリットは?

手入れや経年変化を楽しむ気持ちが必要

無垢材は湿度によって膨張したり収縮したりするため、反りや割れが生じることがあります。

「無垢材を使用すると、空気が乾燥している秋から冬は収縮し、湿気が増える春から夏にかけては膨張するなど、季節によって状態が変わり、板と板の間に隙間ができたりすることがあります。隙間のところにゴミが溜まりやすかったりするので、掃除機をかけるのが大変と言う人もいます。

また、合板フローリングに比べれば、傷つきやすいという事もあります。無垢材と一口に言っても、柔らかい樹よりも固い樹を選んだ方が、傷つきにくいということもあるので、用途に応じて選ぶのがいいでしょう。いずれにせよ、その素材や塗装方法に適した手入れが必要になるので、多少手がかかると思っておいた方がいいでしょう」

傷や汚れのある無垢材の床
無垢材なら傷や汚れは味わいに(画像/PIXTA)

また、珪藻土の壁については、拭き掃除が難しいというデメリットがあります。

「漆喰は拭けるのですが、砂壁に近い質感の珪藻土の場合は、拭くことができません。子どもが落書きしてしまったという場合も、拭き取ることはできないので、塗り直しや補修が必要になります。ただ、クロスの貼り替えに比べ、塗り壁の部分的な補修であればDIYでも簡単に行えると思います」

自然素材の家を建てる場合は、経年で色や形状が変わったり、傷がつくことは必然と考え、そういった変化や手のかかる部分を楽しむ気持ちを持っておいた方がいいのかもしれません。

コストはかかる可能性大

素材がよいものになれば、材料費はかかります。工費に関しても、施工に手間がかかる場合はコスト高になる可能性はあります。

「通常、自然素材で家づくりをする場合は、2~3割程度のコストアップは考えておいた方がいいでしょう。ただ、どの会社が建てるかにもよりますし、どこまで素材にこだわるかでも費用は変わります。例えば、構造体の部分は集成材にしたり、無垢材の産地を変えたり、予算に合わせて費用を調整する方法はあります」

自然素材だから材料費などがかかるということもありますが、どのようなグレードのものを、どの程度使用するかで予算調整は可能です。費用面が不安ということであれば、予算内で調整できる方法を建築会社などに相談するといいでしょう。

自然素材の家の住み心地は?

自然素材の家を建てた人の実例から、自然素材の家の住み心地を見てみましょう。

約90%は土に還る素材でできた、雑貨屋さん風のかわいい家
(神奈川県・Oさん)

白が基調のカフェのようなリビング
白を基調としたナチュラルな雰囲気のリビング(画像提供/ecomo)

子どもが生まれたことで、衣食住すべてにおいて、体に優しいものをと考えるようになったOさん。外壁には漆喰、内壁には珪藻土、フローリングには無垢材を使用し、家の約90%は土に還るものでつくられているそうです。雑貨屋めぐりが趣味のOさんの希望で、雑貨屋やカフェをイメージして設計された家は白を基調としたかわいい仕上がり。リビングのフローリングは肌触りの優しい天然木で、床に直接座って遊んでも心地よく、冬場の冷たさもそれほど感じないそうです。

木のぬくもりを感じられるキッチン
造作でテイストをそろえた洗面化粧台
木の風合いが素敵なオーダーメードのキッチンや洗面化粧台(画像提供/ecomo)

また、キッチンや洗面化粧台、収納家具は木の風合いを感じられるものをオーダーメード。オープンキッチンの前には天窓から光が差し込む開放的なインナーバルコニーを設け、明るい雰囲気になっています。天板を木材にしたかわいらしいキッチンは妻のお気に入りで、毎日大事に使っているそうです。洗面化粧台や収納まで造作するなど、家の細部までテイストを統一することで、住まい全体が調和のとれた空間になっています。

自然であることは、やはり体に優しいと感じさせてくれる、木のぬくもりと澄んだ空気がうれしい住まいだそうです。

<実例プロフィール>
家の価格 2100万円(※諸費用や外構、地盤改良等は別途)
延床面積 94.39m2(28.5坪)
敷地面積 182.19m2(55.1坪)

<間取り>
1階
間取り1階
2階
間取り2階
ロフト
間取りロフト

表情豊かでさまざまなデザインを楽しめ、機能性も高い自然素材の家。一般的な住宅よりも費用や手間をかける必要があるかもしれませんが、家の中にいても自然の中で過ごすのと同じような感覚を得られる自然素材の家なら、自分らしく健康的な暮らしを実現できるかもしれません。

まとめ

自然素材の家とは化学物質を含んでいる素材を使用しないで建てた家のこと

自然素材は自然素材ならではの風合いや機能性を享受でき、解体後も環境にやさしい

素材によって材工費が高くなり、メンテナンスに手間をかける必要があることも

注文住宅の会社を探す
カウンターで相談する
リフォーム会社を探す
中古マンションを探す
中古一戸建てを探す
取材・文/島田美那子
公開日 2020年06月26日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション・建築会社選びをサポートするプロ。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る