ルーバー窓とは?どんなメリットがあるの?防犯面での注意ポイントも解説

ルーバー窓とは?どんなメリットがあるの?防犯面での注意ポイントも解説

窓や雨戸、ドア、フェンスなど、建物のさまざまな場所に使われているルーバー。使うことでどんなメリットがあるのでしょうか?特に、ルーバー窓の特徴やデメリットのほか、ルーバー窓の商品について紹介します。

ルーバーとは、細長い羽根板を平行に組んだもの

住宅ではどんな場所に使われる?

よく耳にする「ルーバー」という言葉。細長い羽根板をタテ、またはヨコに隙間を空けながら平行に並べたものをいいます。ブラインドのように角度を調整することで、隙間を空けたり閉じたりできるものもルーバーです。

では、住宅でルーバーを取り入れているのはどんな場所でしょうか。

まず、外構で使われるのはルーバーのフェンス。外からの視線を遮りながら風や光を敷地内に取り入れることができます。道路に対して羽根板を斜めに並べることで、敷地の中がより見えにくくなります。

写真
隙間を空けながらタテに木の板を並べたルーバーフェンス(画像/PIXTA)

ここで、ルーバーフェンスと少し似ているラティスについて触れておきましょう。庭やバルコニーなどの目隠しとして使われるラティス(トレリス)は、板の組み方が違いますが、ルーバーのフェンスと同じように採光や通風を遮りません。こちらはルーバーのフェンスが敷地と道路の境目に建てられるイメージなのに対し、ラティスやトレリスはガーデン用フェンスや植物をからませるために立てる用途が多くイメージされます。

写真
板を格子状に組んだものがラティス(トレリス)(画像/PIXTA)

そのほか、住宅では、キッチンや洗面室にルーバータイプの窓や勝手口をつけたり、直射日光が強い部屋に光を通さない素材でルーバーを設けたりなど、さまざまな用途に使われています。

写真
吹抜けの高い天井まで届く大きな窓のリビング。直射日光が強い方角の窓にルーバーを設けると採光を調節できる(画像/PIXTA)
写真
吹抜けの上部に渡したキャットウォークは、ルーバーにすることで圧迫感を抑えながら、光や風を通す(画像/PIXTA)

ルーバー窓とはどんな窓?

さまざまな用途にルーバーは使われていますが、板ガラスやアクリル板などを、ブラインドのように少しずつ重なるようにタテやヨコに並べた窓を、ルーバー窓、またはジャロジー窓といいます。

玄関や洗面室、浴室、キッチン、階段ホールなど採光や通風用の窓が欲しい場所に、カーテンで隠さなくても外から見えにくい半透明のガラスを使ったルーバー窓を設けるケースがよく見られます。

イラスト

ルーバー窓のメリット・デメリット

光と風のコントロールができる

キッチンやトイレ、洗面室など水まわりに設けられることも多いルーバー窓。どんなメリットがあるのでしょうか。キッチンの空間づくりに詳しいキッチンスペシャリスト、阿部美子さんに聞きました。

「キッチンだけでなく、家の中の他の場所に取りつけた場合にも言えることですが、ルーバー窓の良さはなんといっても光と風の調整を、外からの視線や窓外の景色を気にせずにできるところです。お隣の壁や窓が近い、外を人が通る場所は、透明なガラス窓では落ち着きません。そのうえ、特にキッチンの場合は、カーテンは油やホコリで汚れがちなので使いたくないもの。その点、半透明のルーバー窓は開けても外から中がみえにくいのがメリットです。キッチンは、西日が入ると食品が傷みやすくなるので西向きの窓はあまりオススメできないのですが、半透明で日差しを弱めるルーバー窓ならキッチンを明るく、風通しの良い場所にするのにいいですね」

イラスト

では、ルーバー窓にデメリットはあるのでしょうか。心配なイメージがあるのは気密性や断熱性、そして防犯面です。ガラスとガラスの間の隙間から寒さや暑さが入ってくるのではないか、板ガラスが外されて鍵が開けられてしまうのではないかと心配です。しかし、後で紹介しますが、最近のルーバー窓の性能は向上しています。また、防犯面での配慮をする方法も最後に紹介します。

■ルーバー窓や面格子のついた窓のメリット・デメリット
窓の種類 メリット・デメリット
板ガラスのルーバー窓
板ガラスのルーバー窓

【メリット】
・閉じたままでも採光できる
・開けていても室内が外から見えにくい
・雨の日に開けたとき、引き違い窓に比べて雨が室内に入りにくい
・小さな窓でも換気が十分にできる
・ガラスの外側の掃除が室内からしやすい
【デメリット】
・気密性や断熱性に不安がある
・古いタイプは板ガラスを取り外せるものがあり防犯上心配

アルミ製のルーバー窓
I型

【メリット】
・錆びにくく腐りにくい
・耐熱性が優れている
・風による飛来物などから内側の窓ガラスを守る
【デメリット】
・やわらかいので風による飛来物などがぶつかると凹みやすい
・自分で塗装しにくい

面格子をつけた窓
面格子をつけた窓

【メリット】
・防犯対策をしたまま採光や通風が得られる
・ステンレス製や鋳物製(アイアン)、強度を高めたアルミ製の場合、切断しにくく防犯性が高い
【デメリット】
・万が一のとき、家の中から外へ出る経路として使えない

ルーバー窓は気密性や防犯性が低い?気密性や防犯面での心配には、こんな対策を

気密性A-4等級を実現するルーバー窓も

ルーバー窓は完全に閉じたときでも板ガラスと板ガラスの隙間から外気が入り込みそうなイメージがあります。実際、昔の家についているルーバー窓の近くに立つと隙間風を感じることがあります。でも、最近の窓は進化しています。

例えば、LIXILの「ルーバー窓IF」は、室内側のガラス面をフラットにするインサイドフラット構造で、閉めたときにガラスとガラスの間から入る外気をシャットアウトします。気密性A-4等級※を実現しています。
(※サッシの隙間からどのくらいの空気が出入りするかを示す性能。A-1~A-4等級があり、A-4等級が最も出入りする空気の量が少ない)

最近の高気密・高断熱の家の性能を落とさないためにも、ルーバー窓も気密性の高いものを選ぶようにするといいでしょう。

インサイドフラット構造
室内側のガラス面をフラットにする「インサイドフラット構造」で気密性をアップ。「ルーバー窓IF(インサイドフラット)」(画像提供/LIXIL)
ルーバー窓IF(インサイドフラット
ガラス面積を大きくすることで全開時の通風面積も広がった。「ルーバー窓IF(インサイドフラット)」(画像提供/LIXIL)

防犯建物部品でルーバー窓の防犯性能をアップ

ルーバー窓は、ガラスに枠がないため、破壊や取り外しがしやすい点が心配です。防犯性能を高めるためには、面格子を取り付けるなどの対策をするといいでしょう。例えば、YKK APのアルミ製面格子「高強度面格子」は防犯建物部品※して認められているもの。窓枠に直接取り付ける「高強度面格子 GLA」と、リフォームで後付けすることができる「高強度面格子 FLA」があります。ルーバー窓越しの視界は少し遮られることになりますが、通風や採光は確保しながら、防犯性能をアップすることができるのは心強いといえます。
(※侵入に対して5分以上の耐性が認められている商品は、「防犯建物部品」として「CPマーク」をつけられる)

高強度面格子_GLA
窓枠に直接取り付けるタイプの「高強度面格子_GLA」。外壁の穴加工や下地処理が不要(画像提供/YKK AP)
ワンウェイねじ
丈夫な格子に加え、ブラケットにはワンウェイねじを採用。一般工具(+/-ドライバー)での取外しができない(画像提供/YKK AP)

さらに、ルーバー窓を安心して活用するなら、敷地内の通路に歩くと大きな音が出る防犯砂利を敷いたり、人が近づくと周囲を照らす人感センサー付きライトなどを防犯対策として活用するといいでしょう。

まとめ

ルーバー窓は外からの視線を遮りながら光や風を室内に取り入れることができる

気密性や防犯面での心配は、商品選びや防犯建物部品の追加で対策をとろう

注文住宅の会社を探す
リフォーム会社を探す
新築一戸建てを探す
中古一戸建てを探す
賃貸物件を探す
新築マンションを探す
中古マンションを探す
売却査定する
土地を探す
取材・文/田方みき イラスト/つぼいひろき
公開日 2019年11月30日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション・建築会社選びをサポートするプロ。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る