アイランドキッチンとは?価格相場やメリットデメリット【事例あり】

アイランドキッチンとは?価格相場やメリットデメリット【事例あり】

おしゃれなアイランドキッチンに憧れている人も多いのでは? アイランドキッチンはLDKの中心的な存在で、インテリアとして重要な役割を果たしている。そこで、アイランドキッチンの特徴やメリット・デメリット、価格の相場について解説。さらに、アイデア満載の事例をご紹介。自分たちにぴったりのアイランドキッチンのイメージを膨らませよう。

アイランドキッチンとは

アイランドキッチンとは、壁に接していないタイプのキッチンのこと。「島=アイランド(Island)」という意味で、シンクや作業スペースが壁から離れた場所に「島」のように配置され、キッチンのまわりを回遊できるようになっている。

対面キッチンやオープンキッチンに分類され、おしゃれなデザインやスッキリと開放感があることで人気だ。
料理をしながらコミュニケーションを取りたい人にぴったりのレイアウトで、背面に壁付キッチンを設けるとII型というタイプになる。いくつかのキッチンのタイプを紹介しよう。

<アイランドキッチンとそのほかのキッチンのタイプ>

アイランドキッチン
アイランドキッチンの事例
アイランドキッチンの事例。開放的な対面キッチンなので、家族やゲストとのコミュニケーションが取れたり、ぐるりと回遊できるため複数人での作業に向いている(画像/PIXTA)
壁付キッチン
壁付けキッチンの事例
壁付キッチンの事例。壁側にキッチンが向いていることで空間もスッキリ。動線もコンパクトに。キッチンは壁をキッチンパネルなどで仕上げれば、油がはねても掃除しやすい(画像提供/リノベる。)
ペニンシュラキッチン
ペニンシュラキッチンの事例
ペニンシュラキッチンの事例。ペニンシュラは「半島」という意味で、キッチンの片側が壁面に接している半島型のキッチンのこと。コンパクトなスペースでもオープンで開放感のある空間にすることができる(画像提供/リノベる。)

アイランドキッチンのメリット

ワークトップの奥行きを有効活用できる

アイランドキッチンは、リビングダイニングに対して開放的なレイアウトで、調理中でもコミュニケーションを取りやすい。壁に接しておらず回遊できる動線になっているため、作業人数が多くても効率的。ゲストを招いてホームパーティーをしたり、家族で料理を楽しみたい人にオススメだ。

また、通常のキッチンは奥行き60~65cmだが、アイランドキッチンは70~75cmと奥行きがあるため、ワークトップが広々として作業がしやすいのも魅力。さらに90~94cmに奥行きをプラスすることもでき、フラットなワークトップを活かして、バーカウンターのようにテーブルとして朝食やお茶などを楽しむことも可能。収納スペースとしても使用することができる。ダイニングテーブルを一体化すれば、生活動線をコンパクトにできるだけでなく、リビングを広く確保することができて一石二鳥だ。

通常のキッチン
通常のキッチンのワークトップサイズの説明イラスト
(図作成/SUUMO編集部)
アイランドキッチン
アイランドキッチンのワークトップサイズの説明イラスト
(図作成/SUUMO編集部)
カウンターテーブルとして利用することのできるアイランドキッチン
キッチンの奥行きをプラスして、カウンターテーブルとして利用することも。作業しながらコミュニケーションも取りやすい(画像/PIXTA)
ダイニングテーブルが一体化したアイランドキッチン
ダイニングテーブルを一体化すると、生活動線をコンパクトにできる(画像/PIXTA)
<アイランドキッチンのメリット>

・開放的で、調理中でもリビングダイニングにいる人とコミュニケーションが取りやすい
・回遊動線で複数人での作業がしやすい
・天板の奥行きをもたせて、カウンターテーブルとして使用することもできる。その場合、家事動線をコンパクトにでき、リビングのスペースを広くすることが可能

アイランドキッチンのデメリット

オープンなため生活感が出やすく、汚れやすい

アイランドキッチンは、オープンで開放的になる分キッチンが丸見えになるため、天板に物があると生活感が出てしまうので注意が必要だ。壁がないため調理中の煙がLDKに広がりやすく、水はねや油はねなど汚れやすいのがデメリットとして挙げられる。開放感がある代わりに、吊り戸棚などを設ける場合に比べるとキッチンの収納量も少なくなる。生活導線としてキッチンに立つ際にぐるっと回るため距離が出ることや、生活動線専用スペースが生まれることで壁付けよりスペースが有効活用できない場合もある。
そして小さい子どもがいる家庭の場合、チャイルドゲートを設けづらいため、子どもがキッチンに入ってきてしまい、危険な場合があるので注意しよう。

また、マンションリノベーションの場合、換気扇や給排水の配管の関係で他のキッチンタイプからアイランドキッチンにすることができないこともあるので注意しよう。物件を探す際には、リフォーム会社と一緒に内覧するなど相談しておくと安心だ。

<アイランドキッチンのデメリット>

・キッチンが丸見えで生活感が出やすい
・煙が広がりやすく、水ハネ・油ハネしやすい
・生活動線が悪く、スペースを有効利用できない場合がある
・収納量が少ない
・子どもがキッチンに入ってきやすく、危険な場合も
・マンションリノベーションの場合は、アイランドキッチンにできないことも

アイランドキッチンの価格相場

価格の変動要素は「サイズ」、「扉の素材」、「仕様」

システムキッチンの場合、アイランドキッチンの価格は約110万~330万円程度で、価格の幅が広い。アイランドキッチンは面材を多く使用するため、ペニンシュラキッチンや壁付キッチンに比べて高くなる。

価格はサイズ、素材、オプションなどの仕様によって変動し、どのようなプランにするかによって大きく変わる。サイズでは、同じグレードの場合、間口が30~45cm広くなるごとに約4万~10万円アップする。

サイズによる価格変動(奥行75cmの場合)

サイズ 価格
約200cm 約119万円
約245cm 約130万円
約275cm 約134万円

また、扉の面材の素材やコーティングをグレードアップさせていくだけでも、100万円程度の価格の幅があることも。
ワークトップの素材を変えたり、奥行きを広げたり、食器洗い乾燥機を搭載するなどの仕様変更によっても価格がアップするので、予算内におさまるように調整しよう。

仕様による価格変動(間口約245cmの場合)

キッチントップ素材を人造大理石からセラミックへ変更: +約27万円
食器洗い乾燥機を追加: +約16万円
キッチントップ奥行きを75cmから97cmに変更: +約6万円
ダイニング側収納の変更 扉材によって変動
※価格はすべてLIXIL リシェルSIの場合。価格は税抜き

ホームパーティーのイメージ
複数人で作業しやすいアイランドキッチンはホームパーティーにもぴったり。ライフスタイルに合わせて予算内におさまるように仕様を決めよう(画像/PIXTA)

アイランドキッチンの導入事例

ここからは、アイランドキッチンの導入事例をご紹介。ライフスタイルに合わせたプランアイデアが満載なので、ぜひチェックしよう。

腰壁を造作し、ダイニングスペースを兼ねたキッチン

白を基調とした明るいLDKにコーディネートした事例。キッチンにはブリックタイルを使い、同じ白でも立体的になるよう工夫がされている。また家事ストレスを軽減するため、「回遊性」をテーマに動線重視のアイランドキッチンに。リビングから寝室、ウォークスルークローゼットを抜けてキッチンまでをひとつながりに。アイランドキッチンは腰壁を造作し、光を透過する磨りガラス調のカウンターを設けて、空間を明るく見せる演出も。

カウンターを設けてダイニング空間を兼ねたアイランドキッチン
アイランドキッチンは広い空間でないとできないというイメージがあるが、カウンターを設けてダイニング空間を兼ねることで、その分リビングを広くすることができる。配膳や片付けなどの動線もコンパクトになり、家事の負担も軽減(画像提供/リノベる。)

インテリアの一部として開放的なキッチンに

ワンルームをなるべく開放的に、かつそれぞれの空間を緩やかにゾーニングするために、キッチンはアイランドキッチンに。LDKと寝室・バスルームを壁で仕切ることなく感覚的にエリア分けしている。キッチンはインテリアの一部として、キッチン奥側は収納にしてスッキリとした空間に。

収納の半分をオープンな収納棚にしたアイランドキッチン
収納の半分はオープンな収納棚にし、食器などをディスプレー感覚でしまえるようにしている(画像提供/リノベる。)

設備や収納にこだわったハイスペックキッチン

キッチンをLDKの主役として考え、アイランドキッチンを採用。背面の収納付きカウンターと合わせて特注した造作に。背面に収納付きカウンターを設け、アイランドキッチンには食器洗い乾燥機やビルトインオーブンを搭載したことで、生活感がなくなり、LDK全体のインテリア性も高まる。また、キッチンの横にダイニングテーブルを配置することで、コンパクトな動線になるだけでなく、コミュニケーションも取りやすくなっているのもポイント。

背面の収納付きカウンターと合わせて特注した造作にしたアイランドキッチン
ベルギーBEAL社が開発したモールテックス(MORTEX COLOR)という素材でスッキリとしたデザインながら目を引く存在感のある仕上がりに(画像提供/リノベる。)
まとめ

アイランドキッチンとは、「島=アイランド(Island)」という意味で、壁に接していないタイプのキッチンのこと

アイランドキッチンは、開放的で調理中でもリビングダイニングにいる人とコミュニケーションが取りやすく、回遊動線で複数人での作業がしやすいのがメリット

開放感がある分、キッチンが丸見えで生活感が出やすく、収納量も他のレイアウトに比べると少ない

煙が広がりやすく、水ハネ・油ハネしやすいというデメリットがある

注文住宅の会社を探す
土地を探す
新築一戸建てを探す
中古一戸建てを探す
カウンターで相談する
ハウスメーカーを探す
工務店を探す
賃貸物件を探す
リフォーム会社を探す
中古マンションを探す
新築マンションを探す
売却査定する
取材・文/金井さとこ
公開日 2021年12月23日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション選びと会社選びをサポートします。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る