ヴィンテージ中古の魅力を探る

ヴィンテージ中古の魅力を探る

【case1】Nさんファミリー(神奈川県横須賀市)
ゆったりとした時が流れる築79年の古民家 心地よい空間を味わいつつ住み継いで行きます

●夫40代、妻30代
●土地面積/330m2
●建物面積/100m2
●取材協力/旭住研

時を経て味わいの増した古民家って現代では贅沢だと思うんです
粋な設えの欄間やガラス障子に、縁側……。ここではゆっくりと時が過ぎる。テーブルはコタツやぐらを再利用
写真

11年前に父親から引き継いだ築79年という古民家に暮らすNさん。転勤で戻るまでの8年ほどは手入れができず老朽化が進んでいた。3年前に全体的に修繕して、古民家のもつ、時を経て増してきた味わいが蘇った。「当初は建て替えも視野に入れていましたが、この古材を活かさないのはもったいないと思い直しました。永く継承していきます」と夫。「私は古民家の温かみある雰囲気が好きなんです。こういう木造住宅は現代では贅沢ですよね」と妻。

水まわり設備は全て新しい物に取り替えて快適性を高め、多くの建具や部材は磨きをかけた。「ケヤキの一枚板を使ったリビングの板戸や床の間は、今ではもう手に入らないですね」。一方で、セカンドリビングは床を板張りにするのみで本来の日本建築の美を保ち、回り縁側は断熱性のあるサッシに替えて室内環境を向上させつつ、元の意匠をそのまま活かした。「ここでは、時がゆっくり進みます。何物にも代え難い、くつろぎの一時を過ごしています」
【写真】掘りゴタツを囲むリビングは、板戸にガラス戸、天井の梁など、どこか郷愁を感じさせる

Nさんファミリー

【case2】Tさんファミリー(東京都渋谷区)
良いものを長く使うという価値観に合致したのが築36年のヴィンテージマンションでした

●夫40代、妻30代
●建物面積/46m2
●取材協力/リビタ

理想的な立地と成熟した環境。新築では得られないと思います
床は無垢バーチ材をヘリンボーン張りに、壁は色を塗り分けて、パリのアパルトマン風の個性的な空間を実現
写真

新築マンション暮らしのTさんが、築36年の家に住み替えたのは、ヴィンテージマンションの存在を知ったことがきっかけ。「時を経た味わいのある家に、ときめきを感じて(笑)。初めてのパリ旅行で、古くても素敵な街並みに衝撃を受けたのを思い出しました」。そのなかでも、パリのホテルを思わせる外観の秀和レジデンスが気に入り、条件の合う部屋に出合えるまで1年半の期間を要した。

ヴィンテージマンションの魅力の一つは立地の良さにある。T邸は都心の駅から徒歩5分、部屋の前を遮る建物がなく眺望や日当たりの良さを享受できる。利便性が高く成熟したコミュニティのある環境だ。構造的に頑強であることも専門家に確認してもらった。
購入時に間取りを変え、好みの部材や設備を選んでリノベーションして理想の空間に。「古くて良いものが好き。良いものは何十年でも使い続けられますから。昔からそこに存在して馴染んでいることに心地よさを感じます」
【写真】青いS瓦に立体的な塗り壁風外壁、アイアンのバルコニー手すり。南欧スタイルの特徴的な外観が目を引く

Tさんファミリー

【case3】Nさんファミリー(埼玉県入間市)
建築家が自宅用に建てたこだわりの家は芸術に携わる私のニーズにぴったりでした

●夫50代、妻40代
●土地面積/138m2
●建物面積/211m2

確固たる思いで建てられた家だから受け継いでいく価値があるのです
8連の縦長窓のある出窓が個性的なリビング。吹抜け空間を活かして大きな立体作品を飾る

現代美術家のNさんが自宅兼アトリエとして購入したのは、建築家が自邸として建てた築20年の二世帯住宅。Nさんは大型の絵画やオブジェを並行して制作するため、広さが必要だった。この家には事務所兼アトリエ、1、2階ともに吹抜けのある空間、リビングに隣接する和室など十分な広さがあり、希望の間取りに近い物件だった。

プロが自宅として手間と資金をかけて建てた家なので、構造が頑強で良い部材が使われている。建築費が相当かかった家を、土地を含めておよそ半額で入手できたのは中古だからこそ。「もし、同じ広さや構造、材質の家を新築したら、大幅な予算オーバーですね」。

斜線などの直線を視覚的に意図してデザインされた窓や空間、黒や赤などビビッドな色遣いの室内装飾など、「この家のようなモダニズムデザインが好き」というNさん。入居に当たってリフォームは必要最小限に留めた。そんなNさんの作品は、この家の雰囲気にしっくりと馴染んでいる。

Nさんファミリー
中古一戸建てを探す
注文住宅の会社を探す
リフォーム会社を探す
中古マンションを探す
賃貸物件を探す
ハウスメーカーを探す
工務店を探す
新築一戸建てを探す
売却査定する
土地を探す
新築マンションを探す
カウンターで相談する
公開日 2011年01月12日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション選びと会社選びをサポートします。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る