一人暮らしの部屋決定から引越しまでの準備とやることリスト

一人暮らしの部屋決定から引越しまでの準備とやることリスト

一人暮らしがスタート。部屋は決まったけれど、何から準備を始めたらいいかわからない・・・そんな人のために、部屋選びから引越し、新生活スタートまでに準備すること・やるべきことを解説。さらに、効率的に準備を進めるための段取りや知っておくといいこと、注意すべき点などについて紹介しよう。このページを印刷すると、やることを網羅したチェックリストにもなるので、引越しの際に活用しよう。

一人暮らしスタートのための「準備」「やること」はこれ!
【1】物件の申し込み・審査・契約

住みたい部屋が見つかってから契約するまでには、さまざまな書類のやりとりが必要となる。主に必要な書類は以下のとおり。ただし「物件によって異なるので不動産会社に確認を」とカエルホームズの木津さん。

特に気をつけたいのが「連帯保証人となる親が遠方に住んでいる場合。申し込みから契約には、一般的に2週間ほどかかりますが、親が遠方の場合、契約書を送って押印後に返送してもらう必要があるため、プラス1週間ほど余裕を見ておくと安心です」

封筒の写真
(画像/PIXTA)

□契約に必要な書類

□ 契約者の身分証明書(運転免許証、健康保険証)
□(契約時に)住民票
□(物件により)収入証明や内定通知書
□(連帯保証人がいる場合)連帯保証人の収入証明、承諾書など

一人暮らしを始めるのに必要な手続きについてもっと詳しく
一人暮らしの手続き・届け出・住所変更…必要な手続き徹底解説!

【2】一人暮らしに必要な家具・家電などを用意

物件の契約には時間がかかるので、その準備を進めながら必要なものを考え、リストアップしていこう。今すぐ必要なのか、住んでからゆっくり考えるのか、買うのか、実家から持っていくのかなどを決め、急ぐもの・用意できるものから少しずつ用意していこう。

家の模型とチェックリストの写真
(画像/PIXTA)

大型家具・家電は、引越しの荷物が搬入される前に届くよう手配するのがオススメ。また、外から室内が見える場合、カーテンは入居時に取り付けたいもの。オーダーする場合、時間がかかるので早めに用意しよう。

□用意するかどうか検討したい家具

□ ベッド、寝具
□ ソファ(置き場所があるかチェック)
□ テーブル
□ デスク&チェア
□ 収納家具(備え付けの量が十分かをチェック)
□ カーテン(外から室内が見える場合は入居までに用意)
□ ラグ、カーペット

□用意するかどうか検討したい家電

□ 冷蔵庫(置き場所だけでなく搬入経路もチェックして選ぶ)
□ 洗濯機
□ 炊飯器(自炊をしない場合は不要なことも)
□ テレビ(パソコン)
□ 電子レンジ
□ 電気ケトル
□ エアコン(備え付けられている場合もある)
□ 照明(備え付けられている場合もある)
□ 掃除機

□用意するかどうか検討したいその他のグッズ

□ 掃除用具
□ 食器・調理器具
□ タオル、バスグッズ

一人暮らしの家具の選び方についてもっと詳しく
一人暮らしの「家具」選び方のポイントは? どんなものがオススメ?

一人暮らしの家電の選び方についてもっと詳しく
一人暮らしにオススメの家電は? 家電セットは本当にお得?

【3】引越し業者、電気・ガス・水道の契約

持っていくもの・新たに買って運び入れるものなどのイメージがついたら、どのように引越しをするのか決めよう。業者に依頼するか、家族や友人などに手伝ってもらって自力で行うのが一般的だ。

段ボールの荷物の写真
(画像/PIXTA)

□引越し業者・引越し日時を決定

引越し業者を選ぶには、複数の会社に相見積もりを取り、比較検討を。ネットでも一括見積りができる。希望の日時やプラン(どこまでを業者に依頼するか)によっても料金が変わるのでよく考えよう。

□電気・ガス・水道、インターネット回線を契約

電力会社、ガス供給会社、地域の水道局に電話、希望するインターネットのプロバイダのホームページで手続きを。ガスの開栓には立ち会う必要があるため、引越し日が決まったらすぐに予約を。また、インターネット回線は工事が必要になるケースもあるため、早めに連絡しよう。

□郵便物の転送サービスの手続き

前の住所に届いた郵便物を、1年間、新居に転送してもらえるサービスがある。本人確認書類と、前の住所が確認できる住民票などを用意し、郵便局に届け出を。

【4】引越し前にやること 荷づくり・物の処分・届け出

荷づくりは引越し直前になって慌てないよう、できれば1週間くらい前から着手したい。引越し前・後とも、役所への届け出を忘れずに。

荷造りに必要なものの写真
(画像/PIXTA)

□引越し前の届け出

引越し前の市区町村の役所に「転出届」を提出。運転免許証やパスポートなどの身分証明書と印鑑を持っていこう。引越し2週間前からできるので、時間があるうちに済ませておきたい。また、このときにもらう「転出証明書」は、引越し後に転入届を提出する際、必要になるので、引越し後すぐに使う荷物と一緒に管理し、忘れないようにしよう。

□不要な物の処分

引越し先に持っていかない物について、捨てる・売る・譲るなど処分方法を考えよう。

捨てる場合は、引越し当日までのゴミ回収の日をチェック。例えば不燃ゴミがたくさん出たが、引越し当日までに不燃ゴミの回収日がないとなると、引越し先に持っていって処分することに。引越し業者が処分してくれるケースもあるが、有料のことが多いので、なるべく引越し前のゴミ回収の日に間に合わせよう。

□荷づくり

オフシーズンの布団や衣類など、今すぐ必要ではないものから箱に詰めていこう。引越し前日まで使っていたものは、引越し先でもすぐに使うものが多いので、スーツケースや旅行用バッグなどに入れておくと便利だ。

引っ越し準備のイメージ写真
(画像/PIXTA)

【5】引越し当日のやること 引越し・荷ほどき

□電気・ガス・水道の準備

電気はブレーカーを上げて照明などがつくかどうかチェック。水道も使える状態かをチェック。ガスは開栓作業の立ち会いが必要なので、事前に決めていた日時には家にいるようにしよう。

□引越し荷物の搬出・搬入

引越し業者の車に荷物を載せたら、部屋の掃除をして移動。引越し先に着いたら、家具・家電は大きなものから搬入していくとラク。外からの視線が気になる部屋では、カーテンは早めに取り付けを。

□荷ほどき・梱包材の処分

荷物を出して、引越しに使ったダンボール箱やクッション材など梱包材を処分。リサイクルやゴミ処分の方法は、新居の自治体のホームページなどで確認しよう。梱包材を引き取ってくれる引越し業者もある。

段ボール回収のイメージ写真
(画像/PIXTA)

【6】引越し後の各種手続き

新生活がスタートするときは、さまざまな住所登録の変更手続きが必要になる。早めに済ませよう。

□引越し後の届け出

転入届は引越し後2週間以内に、引越し先の役所に届出を。同じ市区町村内での引越しの場合は「転居届」を提出。引越し前に転出届けを提出したときに受け取った「転出証明書」のほか、運転免許証やパスポートなどの身分証明書、マイナンバー通知カード(もしくはマイナンバーカード)を用意し、届け出をしよう。

□住所登録の変更

その他、携帯電話、銀行、クレジットカード、保険、国民年金、国民健康保険(他の市区町村に引越した場合は加入手続き)、自転車の防犯登録など、住所を登録しているところはすべて住所変更の手続きを。各社の住所登録をまとめて変更できる便利なサイトもあるので活用しよう。

書類を提出する人のイラスト
(画像/PIXTA)

一人暮らしスタートの忙しい時期。スケジュールには余裕をもって

一人暮らしをスタートさせるには、物件の契約や引越しだけでなく、さまざまな手続きが必要。新生活がスタートするという忙しい時期に、準備するもの・やることがたくさんあるので、スケジュールには十分な余裕をもって進めよう。モレやヌケがないよう、ひとつずつチェックしながらクリアしていこう。

まとめ

物件の申し込み・審査・契約に必要な書類は物件により異なる

家具・家電などは急ぐもの・用意できるものから少しずつ用意

引越し業者、電気・ガス・水道の契約は引越し希望日が決まったらすぐに

荷づくり・引越し・荷ほどきは順序をよく考えて

引越し後の各種手続きは引越し後なるべく早めに

賃貸物件を探す
取材・文/前川ミチコ
公開日 2020年07月31日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション・建築会社選びをサポートするプロ。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る