一人暮らしの狭いキッチンの不満を解決!収納の仕方でもっと使いやすくおしゃれになる!

一人暮らしの狭いキッチンの不満を解決!収納の仕方でもっと使いやすくおしゃれになる!

一人暮らし用のマンションやアパートのキッチンは、小さくて狭くて、収納スペースもそれほどありません。それでも収納の仕方次第で、本格的な料理をつくったり、すっきりおしゃれに見せることだって十分可能です。上手な収納の極意を、整理収納アドバイザーとして活躍中のyukinoさんに教えてもらって、3つのSTEPでキッチンを生まれ変わらせましょう。

一人暮らしの狭いキッチンの収納術
STEP1 持っているものを全て出して、種類別に分類しよう

狭いキッチンは、少しでも油断するとすぐに物であふれかえってしまいます。効率よく使うために、まず「何が必要か」「無駄なものがないか」をチェックしていきましょう。

とにかく全部出してみる

「物を全部出すことは、理想の収納を手に入れるためには欠かせない作業です。
この作業の目的は『何をどれだけ持っているか』を把握すること。全て広げてみると、『同じ物や似たような物がいくつもある』『いつ使ったか覚えていない』なんて物がたくさん出てくるのではないでしょうか。いま現在持っているものを把握するだけではなく、自分自身の物の買い方や持ち方の傾向に気付き、物との付き合い方を見直すきっかけにもなりますよ」(yukinoさん)

少しずつ整理整頓していくよりも、思い切って全部出しきることが大切。こんなときこそキッチンは小さい方が有利!全て出しても案外時間はかからないはずです。

カテゴリー別に分けていく

「物を分けていくときは、同じカテゴリーで集めていくのがコツです。一般的に、キッチンで使うアイテムは、次のようにカテゴリー分けできます。

1. 食品・調味料
2. 食器
3. カトラリー
4. 調理器具
5. 保存容器
6. お弁当グッズ
7. 製菓道具
8. キッチン家電
9. キッチン雑貨(ランチョンマット、コースターなど)
10. 消耗品(洗剤、スポンジ、排水口ネット、ゴミ袋、ラップなど)

考えすぎると手が止まるので、ここはまだざっくりとした分類でOK。大量の物を前にしてくじけそうになったら『今日は食品だけ』といった風に、少しずつ片付けていってもいいかもしれません。
並べてみると『自分は何をどれだけ持っていて、どれくらいの頻度で使っているか』が見えてくるはず。それを、次のステップの『必要な物と不要な物を選別する』のヒントにしましょう」(yukinoさん)

片付けている途中で疲れて寝てしまっても、何の気兼ねも要らないのが一人暮らしのいいところ。休み休みでもいいので、自分のペースで進めていきましょう。

一人暮らしのキッチンに必要な物ってなに?

「一人暮らしの場合は、収納スペースに収まるだけの量が適正量と考えてみましょう。限られたスペースに持ち物が収まるよう維持管理できていれば、あえて収納を増やす必要もありません」(yukinoさん)

キッチンにそろえたいものリスト例(一人暮らしの場合)

食器:18

皿(大・中・小) 各2枚 マグカップ 1個
小鉢 2個 カップ&ソーサー 2客(客用含む)
ご飯茶碗・汁椀 各1個 グラス 2個(客用含む)
ヌードルボウル(丼) 1個 湯呑み 2個(客用含む)
耐熱皿 1個

食事用の食器は一人分、茶菓子用の食器は来客用も用意した場合。

カトラリー:13

テーブルスプーン・フォーク・ナイフ 各1本 デザートスプーン・フォーク 各2本
スープスプーン 1本 コーヒースプーン 2本
レンゲ 1本 バターナイフ 1本
1膳

調理器具:30

三徳包丁 1本 ボウル(大・中・小) 各1個
まな板 1枚 ザル 1個
フライパン 1個 バット 2個
両手鍋 1個 キッチンバサミ 1本
片手鍋 1個 ピーラー 1本
おろし器 1個 お玉 1本
缶切り 1本 シリコーン調理スプーン 1本
計量スプーン(大さじ・小さじ) 各1本 シリコーンスパチュラ 1本
フライ返し 1本 あくとり 1本
計量カップ 1個 しゃもじ 1本
キッチンスケール 1個 菜箸 2本
キッチンタイマー 1個 コーヒーサーバー 1個
やかん 1個(防災用)

キッチン家電:5

炊飯器 1台 電気ケトル 1個
オーブンレンジ 1台 カセットコンロ 1台(防災用)
冷蔵庫(容量168L) 1台

「例えば卵焼き器はあれば便利ですが、フライパンでもつくれると考えると、持たなくて済みます。また、スタックできる鍋セットはお得なようでも、結局は使わない鍋が入っていたりします。最初からすべてそろえるのではなく、足りないと思ったときに買い足す方がオススメです」(yukinoさん)

調理用ツールの一例
(画像提供/yukinoさん)

基本的な調理用のツールだけでも、並べるとこんなにたくさん。兼用できるものはないか、自分は使わないものはないか、検討してみましょう。

必要なものと不要なものを分ける

次は「要・不要を決める」作業です。

「要・不要を決める基準は、『使っているか/使っていないか』『気に入っているか/気に入っていないか』など、自分で決めて構いません。ただし、『使えるか/使えないか』で判断すると、『まだ使える』という理由で不要なものも必要と判断しがちです。迷ったときは、使用期間を基準にしてみるのがオススメ。1年、長くても3年使わずに暮らしていて、それで困ることがなかったのなら、今後も使う可能性が低いと判断できます。

物がたくさんあり過ぎて、どれから手を付けていいかわからなかったら、『思い入れの少ないもの』から始めることをオススメします。例えば、賞味期限のある食品・調味料などは思い入れよりも「要・不要」だけで簡単に判断できます。その次にキッチンツールや調理器具などの道具類、最後に愛着のある食器やカトラリーという順番で選別作業を進めていくと良いでしょう」(yukinoさん)

キッチンにあるものの要・不要の分別をする人のイラスト
「要・不要」を決めるのは自分の基準で。わかりやすく分けていくことが大事

「賞味期限が切れているもの、使っていないものは左側に、使っているものや取りあえず置いておきたいものは右側に、といった具合に分けていくとカンタンです」(yukinoさん)

STEP2 何をどこに収納するか、計画を立ててみよう

調理作業のダンドリを考えよう

全ての持ち物を把握したら、次は収納計画です。一人暮らし向け物件のキッチンは小さく、収納スペースもとてもコンパクト。でもその分、家事動線が短くて済むというメリットがあります。せっかくなので、作業工程に合わせた収納で動線をまとめ、コンパクトであることのメリットを最大限に活かしましょう。

「調理作業の場合は、『材料を洗う→切る→加熱調理→盛り付け』という動きが考えられます。この一連の動作に合わせて収納計画を立てましょう。具体的には、シンク下には水まわりで使うもの(ザル、ボウル、洗剤、スポンジ、排水口ネットなど)、コンロ下には火まわりで使うもの(鍋、フライパン、お玉、フライ返し、調味料など)を収納すると無駄な動きが減り、作業がスムーズに進みます」(yukinoさん)

鍋やツールをコンロ下にまとめた収納例
コンロ下のスペースを市販のグッズで収納しやすくした例
見やすく取り出しやすく清潔なコンロ下。100均で売られているもので組み立てられている(画像提供・写真撮影/yukinoさん)

高い場所、低い場所、適材適所を探る

キッチンで効率よく作業するためには、動線のほかに何を考えて収納すればいいでしょうか。

「『よく使うものを近くに置く』が基本です。作業しているときに必要なものがサッと取りだせれば、作業効率が上がります。また、収納する高さも考えておきましょう。出し入れしやすい高さは、「中(肩から腰)>下(腰から足下)>上(肩より上)」の順番です。よく使うものは「中」、ときどき使うものは「下」、めったに使わないものは「上」に収納を。ただし、めったに使わない物でも、重い物や大きい物は落下の危険性があるため足下に置くようにしましょう」(yukinoさん)

よく使う物が取りやすい場所にあれば、料理の手際がアップするだけでなく、片付けも早くなりそうです。

キッチン収納の基準は「使用頻度」と「重さ」
使用頻度と重さの両方を考えて置き場所を決めよう

食材の保管場所、作業スペースも忘れずに確保!

キッチンに収納するものは調理道具や調味料だけではありません。食材や備蓄食料などはどう収納すればいいでしょうか?
「キッチン収納に限ったことではありませんが、収納量は『収納場所の80%まで』を心掛けたいもの。100%フルに使い切ってしまうと、物が増えたとたんにあふれてしまいます。20%の余裕をもたせておきましょう。

また、特に一人暮らしなら災害や体調不良のときのための備蓄として、ある程度の食材は持っておきたいもの。
そこでオススメなのが、『ローリング・ストック法』です。備蓄食材を日ごろの食生活の中で定期的に消費し、また新たに備蓄していく仕組みです。ストックしたものを使い忘れないように、例えば、可動式ワゴンの最下段など、目に見える場所に収納しておくといいですね。
シンク下は湿気がこもりやすいので、食材の収納には向いていません。特に湿気に弱いお米や小麦粉・片栗粉などの粉類、乾物類はシンク下以外に収納するようにしましょう」

また、一人暮らし向けの物件では、キッチンの作業台が狭くて、まな板を置くスペースも十分に取れないことがあります。作業台をなるべく空けておくために、水切りカゴや家電といった「場所を取るもの」は置かないようにしたいところです。スペースが足りなければ、折り畳みテーブルを作業台にするのも一案。市販の省スペースグッズを活用するのもオススメです。

キッチンメーカーに聞く!ミニキッチンはどう使いこなすのが正解?

ミニキッチンは、建築設計資料集成といった建築用のデータを基に、最小限のスペースで豊かな自炊生活が送れるよう開発されたもの。「さまざまな方のご要望に応じるため、オープン棚、ミラーやミニ冷蔵庫といったオプションを用意。カスタマイズ性を重視しています」(タカラスタンダード)。ミニマムでシンプルな形だからこそ、どう発展させていくかで見た目も利便性も変わってきます。「小さくて使いにくい」キッチンを、あなたのアイデアで変えてみませんか?

ワンルームに多いこんなキッチンを、自分らしく上手に使おう!
ミニキッチンの基本的な使い方
(画像提供/タカラスタンダード 画像作成/SUUMO編集部)

A) 食器や調味料をさっと出し入れできるオープン棚。よく使うものはここに
B) コンパクトシンク。洗剤やスポンジ類は最も生活感が出やすいので、置き方に工夫を
C) IHクッキングヒーターなら、コンロ上の壁面も収納スペースとして活用できる
D) 扉の裏に包丁差しがある場合も。配水管がある分、思っているよりスペースが小さいかも
E) コンロ下が丸ごと冷蔵庫になったタイプも。自炊機会が少ない人にはオススメ

STEP3 わかりやすく使いやすく、おしゃれに収納しよう

それぞれの「指定席」をつくる

持ち物の選別分類が終わったら、いよいよ本格的な収納作業に入ります。使いやすくおしゃれに収納するにはどうすればいいでしょうか?

「ただ詰めていくのではなく、
1、使いやすい位置を考える
2、スペースを区切る
3、「指定席」をつくる

ことを考えながら作業していきましょう。

1、使いやすい位置を考える

こちらは、上述した通り、動線と使用頻度を考えた配置にすること。

2、スペースを区切る

大きな空間をゾーニングし、使いやすく分けていくこと。スペースは四角く区切っていくのがコツになります。収納グッズでスペースを区切りながら、コンロ下をパントリーとして利用した例をご紹介します。

コンロ下の収納例
コンロ下の収納例
(画像提供・写真撮影/yukinoさん)

左側の浅い収納ケースには備蓄食材を収納。種類がバラバラな備蓄食材は、『買っておいたものの、いつの間にか消費期限が切れていた』なんてことがないように、品物が何かがわかるように浅めのケースに入れています。右側の深いケースにはカセットコンロや水筒を収納。その下の引き出しには、湿気が気になる粉類やパスタなどの麺類を、プラスチック製の密閉容器に入れてから収納しています。日ごろよく使う常備食材は、外から見えなくても使い忘れることがないので大丈夫。デザイン性の高い収納ケースを使うと、見た目に美しくなり、気持ちも上がります」(yukinoさん)

3、「指定席」をつくる

持ち物全てに収納場所を決めておくこと。
「収納場所が決まっていないと、消費するたびに収納システムが変わっていくことになります。すると、探しにくくなり、使用後スムーズに戻せなくなるのでストレスの元に。調理器具も食材も指定席を用意しておくと、整理整頓がラクになっていつもきれいに保てますよ」(yukinoさん)

収納ケース選びについて

「片付けよう!」と張り切ると、まずは収納グッズを買いにいきたくなるもの。しかし、「収納グッズを新調するのは、分類が終わって収納計画ができた後に。収納するスペースや収納する物の寸法を測ってから、無駄なく計画的に購入できるからです。上の『2、スペースを区切る』ときにも、収納グッズは役立ちます。大きな物はプラスチックケースに収納して、細々としたモノは引き出しの中を仕切って収納するなど、モノに合わせた収納方法を考えましょう」(yukinoさん)

よく使うものはとにかくつるす!

「物を収納する方法には『立てる』『並べる』『つるす』の3種類があります。その中でも、一番便利なのが『つり下げ収納』です。重ねたり、引き出しにしまっていると見つけにくいものですが、つり下げているとそこにあることがすぐにわかり、使いたいときにすぐに手に取れます。
ただし、オープンにしていると埃をかぶったり、インテリア性が損なわれて見栄えが悪くなる可能性もあります。また、コンロ周りのつり下げ収納は火災に注意する必要があります。使用頻度の高いものだけを、見た目も考えながらバランスよくつり下げるのが良いでしょう」(yukinoさん)
最近では、つり下げ用のグッズもたくさんそろっています。おしゃれなキッチンツールなら、つるすだけでキッチンを可愛く演出できそうです。

突っ張り棒を使えば、どこでも「つるす収納」が可能に
突っ張り棒を使って、収納量を増やしてミニキッチンを使いやすくした実例
ミニキッチンの側面もフル活用。突っ張り棒でつるす場所を増やせば、収納量が格段にアップ

隠す、見せるのメリハリをつけよう

つり下げ収納も含めて、キッチンの収納をおしゃれにまとめる秘訣は何でしょうか?

「気を付けたいポイントが2つあります。
一つ目は『色・サイズ・形状・素材をそろえる』こと。収納用品、キッチンツール、調味料入れなど、キッチンに置くアイテムの色や素材などに統一感をもたせましょう。

二つ目は『見せる収納と隠す収納を使い分ける』こと。お気に入りの食器やキッチンツールなどのアイテムは『見せる収納』に。キッチンのテイストに合わず、生活感や雑多なイメージを与えるアイテムは『隠す収納』にしてみましょう。見せる収納と隠す収納のバランスは2:8くらいがちょうどよいといわれています」(yukinoさん)

キッチンにある物を全ておしゃれにすることはできなくても、2割だけおしゃれな物にしたり、お気に入りの物だけをディスプレーすればいいと思えば、気軽にできそうです。

容器にこだわって、ミニキッチンをおしゃれにコーディネートした実例
2割だけおしゃれなものやお気に入りのものをディスプレーするだけで自分好みのコーディネートに

スペースが足りなければ増やしてみよう!

料理好きな人や、食器にこだわる人は特に収納が不足しがちです。そんなときはどうすればいいでしょうか?
「一人暮らしの場合、まずは『収納スペースに収まるだけの量が自分の適正量』と考えましょう。限られたスペースに持ち物が収まるよう維持管理できれば、収納を増やす必要もありません。
持ち物を増やさないために、私が日ごろから心がけていることは「1in 1out」ルールです。これは1つ買ったら1つ手放すという方法で、物の総量を増やさないための習慣。また、『本当に気に入ったものだけを厳選して持つ』と意識することも、狭い部屋で快適に暮らすためには大切なこと。
その上で、どうしても既存の収納だけでは足りなくなったときは、例えばワゴンを用意して、炊飯器やお米、電気ケトルやお茶セットなどを収納すると、収納量も使い勝手もアップできますよ」(yukinoさん)

薄型のオープン棚で、邪魔にならずに収納&ディスプレー
ミニキッチンの背面に薄型収納を設置し、使いやすくした実例
(画像提供/yukinoさん)

「1Kの間取りに多い『玄関から居室の間の通路にキッチンがある』間取りでも、奥行きが25cm程度の薄型のオープンラックなら、通行の邪魔にならず、収納が増やせます。
棚には物をいっぱいに置かず、作業スペースを空けておきましょう。そうすれば、例えばコーヒーを入れるときはそこだけで作業が完結します。組み立て式のオープンラックなら、引っ越し後に別の使い方もできるのでオススメです」(yukinoさん)

自由気ままな一人暮らし、「キッチン用品は必ずキッチンに置かなければいけない」なんて思い込みは要りません!リビング空間に食器をディスプレーしたり、お気に入りの調理器具を並べたり、収納プランはお望みのまま。
ミニキッチンだって収納を工夫すれば、超コンパクトな動線で使いやすいキッチンになる可能性も大きいのです。自由におしゃれに収納を楽しんで、ついついステイホームしたくなる楽しいキッチンにしてみませんか?

まとめ

まずは持ち物を全部出して、それぞれの「要・不要」を見直す

カテゴリー別に分類して、大まかな収納計画を立てる

収納量は常に「収納スペースの8割まで」にしておく

「調理工程に合う位置に」「スペースを区切って」「指定席をつくる」を考えて

「隠す」「見せる」を8:2の割合にすれば、おしゃれに使いやすくなる

「1in 1out」ルールを守って、物を増やさずいつまでもすっきりと

賃貸物件を探す
中古マンションを探す
新築マンションを探す
新築一戸建てを探す
中古一戸建てを探す
土地を探す
注文住宅の会社を探す
売却査定する
リフォーム会社を探す
カウンターで相談する
ハウスメーカーを探す
工務店を探す
取材・文/伊東美佳 イラスト/青山京子
公開日 2021年05月31日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション選びと会社選びをサポートします。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る