1人暮らしの間取り「ワンルーム」で家具はどう置く? レイアウト例6
~やりがちNG例に学ぶ部屋づくりのコツ

1人暮らしの間取り「ワンルーム」で家具はどう置く? レイアウト例6 ~やりがちNG例に学ぶ部屋づくりのコツ

1人暮らしをする人の多くが選んでいる、ワンルームの間取り。どれくらいの家具が置けるの? どんなふうに家具をレイアウトしたらいいの? 実際の間取りをベースとした家具のレイアウト例をインテリアコーディネーターの住吉さやかさんに教えてもらった。部屋選び・家具選び・レイアウトの参考にしよう。

ワンルームってどんな間取り? ほかの間取りとの違いは?

間仕切りのない1部屋だけの間取り。初めての1人暮らし向き

ワンルームとは、文字どおり1部屋だけの間取り。玄関から居室までの間に間仕切りドアがなく、オープンにつながっている。広さは物件によってさまざまだが、1人暮らし用のワンルームとして市場に出ている物件は、6~8畳くらいが一般的。例えば7畳のワンルームなら「シングルベッド、ローテーブル、テレビボード、収納家具1つを置けるでしょう。部屋の形状によってはダイニングテーブル&チェアも置ける場合もあります」(住吉さん)

7畳のワンルームに置ける家具のイラスト

「細長いワンルーム」の家具レイアウトNG/OK例

同じワンルームの間取りで同じ広さでも、部屋の形はさまざま。どんな暮らしがしたいかによっても、家具の置き方は変わる。細長い部屋、正方形に近い部屋という代表的な間取り2種類でのレイアウトで、ついやってしまいがちなNG例と、おすすめのOK例を紹介しよう。

【NG例】ベッドを窓に沿って置いてしまう

玄関側から見て間口が狭く、奥行きが長いタイプのワンルームで家具レイアウトを考えるとき、ついやってしまいがちなNG例が「窓に沿ってベッドを置くこと」と住吉さん。

「冬は寒く、夏は暑く、ベランダとの行き来もしづらくなってしまいます。また、ソファを置くスペースがないからと言って、フローリングの上に長く座っていると、おしりが痛くなってしまうといった問題も」

ベッドを窓に沿っておいてしまうNG例のイラスト

【OK例】ベッドを部屋の縦方向に置く

「広く使おうと思うと、部屋を四角く残して家具を置こうと考えがちですが、上と下の図を比べてみてください。実はベッドを長いほうの壁に沿って置くOK例のほうが、収納家具を置ける壁面も広く取れます。また、ベッドをソファ代わりに使えるのもメリット。特にスペースにゆとりのないワンルームでは、このように1つの家具がいろんな役割を兼ねられるような家具選び・レイアウトが理想的ですね」

ベッドを窓から離して置き、ベッドの側面にラグを敷くと「ベッドをソファ代わりに使えるのもメリット。このとき、マルチカバーなどで全体をくるむと、ソファらしさがアップします。また、収納は奥行きよりも高さがあるものを使うと、省スペースでもたっぷり収納できます」

ベッドを窓から離したレイアウトイラスト
●細長いワンルームのレイアウトのポイント

・ベッドを長いほうの壁に沿って置くと、収納家具を置ける壁面も広く取れる
・ベッドをソファ代わりに使える
・収納は奥行きよりも高さがあるものを使うと、省スペースでもたっぷり収納できる

「正方形に近い」ワンルームのレイアウト NG/OK例

【NG例】無駄なスペースができやすいレイアウト

正方形に近い部屋は「細長い部屋よりも使いやすそうに見えますが、実は家具を置く壁面が少ない、無駄なスペースができやすいなど、レイアウトが難しいことがあります」と住吉さん。

「下のNG例のように、ベッドを壁にくっつけて置くと、中央のスペースが空いて部屋を広く使えているように見えて、実は動線が狭くなってしまいます」

無駄なスペースができやすいレイアウトイラスト

【OK例】部屋に開放感が生まれるレイアウト

上のNG例と違い、「ベッドの横にナイトテーブルとランプを置くスペースを設けて、ベッドを壁から少し離したのが、下のOK例。シーツ交換などもしやすくなるうえ、部屋に開放感が生まれます」。また、ダイニングテーブル&チェアを壁付けにして置くと、ドレッサーやパソコンデスクにもなり、リモートワーク(在宅勤務)にも活用できる。

部屋に開放感が生まれるレイアウトイラスト
●正方形に近いワンルームのレイアウトのポイント

・ベッドは壁から少し離して生活しやすく
・ベッドまわりにナイトテーブルとランプなどを置いて印象的に
・ダイニングテーブル&チェアを壁付けにしてドレッサーやパソコンデスクに。
 リモートワーク(在宅勤務)にも活用できる

「ロフト付き」のワンルームのレイアウト NG/OK例

小さめのワンルームでも、ロフト付き物件ならロフトを収納スペースにし、部屋を広く使えることがあります。ただし「ロフトに何を収納するか、よく考えておかないと、生活動線が悪くなってしまいます」と住吉さん。

【NG例】毎日の生活だけで疲れてしまいそうなレイアウト

「下のNG例のように、ロフトに洋服など毎日使うものを収納してしまうと、毎日ロフトと居室を行ったり来たりすることに」。急いでいるときや疲れがたまっているときには、それだけの動作でも煩わしく感じてしまうことがありそうだ。

毎日の生活で疲れてしまうレイアウトイラスト

【OK例】生活動線がシンプルになるレイアウト

下のOK例のように「スーツケースや冬服・夏服など季節ものの洋服といった使用頻度があまり高くないものを収納するスペースにすると、居室の収納家具を増やす必要はありますが、ロフトとの行き来が少なくて済みます」

ロフトにあまり使わないものを入れておくことで、生活動線がシンプルに。「よく着る服などを居室に収納しておく必要がありますが、この例ではベッドの枕側に収納家具を置くことで、それがベッドヘッドの役割も兼ね、寝るときの安心感もアップします」

生活動線がシンプルになるレイアウトイラスト
●ロフト付きワンルームのレイアウトのポイント

・ロフトには使用頻度の低いものを収納
・ベッドの枕側に収納家具を置くとベッドヘッド代わりに

ワンルームの部屋選びは「部屋の形」と「収納」をチェック

ワンルームの部屋を選ぶときは「部屋の形」、特に細長いか正方形に近いかをチェック。「それにより、家具の置き方が決められてしまうこともあるので、物件を見るときは、メジャーを持っていき、『ここにベッドが置けるかな?』などとチェックしましょう」(住吉さん)

また「ワンルームの部屋は収納が少ないことが多いようです」と住吉さん。必要な収納家具を置いても十分な広さが残るかどうかでチェックしましょう。服は、ハンガーにかけるより、たたんで収納するほうが場所をとらず、たくさん入ります。たためるものはたたむ、と決めてしまえば、大きな収納家具を買わずに済むこともあります。また、ロフトは「『こんなふうに使いたい』というイメージをはっきり持っていたほうが、使いこなせます」

物件のデータや間取図を見ただけで判断せず、必ず現地を見て、実際の暮らしを想像して、自分にぴったりな物件を選びましょう。

まとめ

ワンルームは間仕切りがない1部屋だけの間取り

同じ面積でも細長いワンルーム・正方形に近いワンルームなど形がさまざま

ワンルームは収納がない・少ないケースも多いので、それに合わせた収納家具を

賃貸物件を探す
取材・文/前川ミチコ イラスト/もり谷ゆみ
公開日 2020年05月18日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション・建築会社選びをサポートするプロ。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る