1人暮らしの間取り「1K」で家具はどう置く? レイアウト例6
~自分の好みに合わせたスタイルを取り入れよう

1人暮らしの間取り「1K」で家具はどう置く? レイアウト例6~自分の好みに合わせたスタイルを取り入れよう

1人暮らしを始める人に人気の、1Kの間取り。どんな間取りのこと? どれくらいの家具が置けるの? どんなふうに家具をレイアウトしたらいいの? 実際の間取りをベースとした家具のレイアウト例をインテリアコーディネーターの住吉さやかさんに教えてもらった。部屋選び・家具選び・レイアウトの参考にしよう。

1Kってどんな間取り? ほかの間取りとの違いは?

1部屋+キッチン。ワンルームと並んで1人暮らしに人気の間取り

1Kとは、1部屋だけの間取り。玄関から居室までの間に間仕切りドアがあり、居室とキッチンが独立して設けられている。間仕切りのない1部屋だけのワンルーム(1R)とともに、広さは物件によってさまざまだが、1人暮らし用によく選ばれている1Kは、6~8畳くらいが一般的。例えば7畳の1Kなら「シングルベッド、ローテーブル、テレビボード、収納家具1つくらいが置けるでしょう。部屋の形状によってはダイニングテーブル&チェアも置けます」(住吉さん)

7畳の1Kに置ける家具のイラスト

1人暮らしの1K:「細長い居室」の家具レイアウト例

同じ1Kの間取りで同じ広さでも、部屋の形はさまざま。どんな暮らしがしたいかによっても、家具の置き方は変わる。細長い部屋、正方形に近い部屋という代表的な間取り2種類で、暮らしのスタイルに合わせたレイアウト例を紹介しよう。

玄関側から見て間口が狭く、奥行きが長いタイプの1Kで家具レイアウトを考えるときは、ベッドの向きを縦にするか、横にするかが大きなポイントになるようだ。

【例1】床座りスタイルが好きな人向けのレイアウト

下の【例1】のように「ベッドと窓を平行に置くと、残りのスペースが正方形に近くなり、ラグとローテーブルを置きやすくなります。ベッドをソファがわりに使うこともできる、床座りスタイルが好きな人向けのレイアウトです」と住吉さん。特にスペースにゆとりのない1Kでは、このように1つの家具がいろんな役割を持たせるレイアウトが効果的だ。

ただし、「ベッドと窓を平行に置くときは、窓にぴったりと沿わせないことが大事。これは1Kに限ったことではありませんが、ベッドと窓が近すぎると、冬は寒く、夏は暑く、ベランダとの行き来もしづらくなってしまいます。そこで、ベッドと窓の間にナイトテーブルとランプを置いてみては。ベッドまわりがより快適になり、フォーカルポイント(目を引く点)がつくれます」

床座りスタイルが好きな人向けのレイアウトイラスト
●床座りスタイルが好きな人向けのレイアウトのポイント

・ベッドと窓を平行に置き、残りのスペースを正方形に近い形に
・正方形に近いスペースがあるとラグとローテーブルが置きやすい
・ベッドと窓の間にナイトテーブルとランプを置いてフォーカルポイントに

【例2】テーブル&チェアのスタイルが好きな人向けのレイアウト

【例1】とは反対に、ベッドと窓が垂直になるようにしたのが【例2】のレイアウト。「こうすると、玄関から部屋のドア、ベランダの窓がほぼまっすぐにつながって、より暮らしやすい動線になります。ベッドを置いた残りのスペースが細長くなるので、ラグの代わりにマットを置いて、窓辺のダイニングテーブル&チェアをくつろぎスペースとするアイデアです。朝の日当たりがいい部屋なら、外を見ながらの朝ごはんが気持ちいい空間となりそうですね」

こちらのレイアウト例でも、ベッドと窓の間にグリーンを置き、フォーカルポイントに。快適性がアップするとともに、インテリアとしてもワンランクアップしそうだ。

テーブル&チェアのスタイルが好きな人向けのレイアウトイラスト
●テーブル&チェアのスタイルが好きな人向けのレイアウトのポイント

・ベッドと窓を垂直に置くと玄関から窓までの動線がほぼまっすぐに
・窓辺にダイニングテーブル&チェアを置いてくつろぎスペースに
・ベッドと窓の間にグリーンを置いてフォーカルポイントに

1人暮らしの1K:「正方形に近い居室」の家具レイアウト例

1Kでも8畳くらいのスペースがあれば、ベッドとソファを両方置けるなど、家具レイアウトのバリエーションが広がる。正方形に近い1Kの場合のレイアウト例を、ライフスタイル別に紹介しよう。

【例3】ソファを置いた「くつろぐ」レイアウト

家に帰ったらゴロゴロとくつろぎたい人向けのレイアウト。「ベッドがあって、それとは別にソファとテーブルとテレビを置くスタイルは、部屋としてのまとまりが感じられていいですね」

部屋のドアからベランダまでの通路を挟んで、寝るところ(ベッド)、くつろぐところ(ソファ、テーブル、テレビ)とエリアをなんとなく区切ることができるのもメリット。生活にメリハリがつけやすくなりそうだ。

ソファを置いたくつろぐレイアウトイラスト
●ソファを置いて「くつろぐ」レイアウトのポイント

・8畳くらいのスペースがあれば、ベッドとソファを両方置けることも
・ベッドとは別にソファとテーブルとテレビを置くと部屋としてのまとまりが
・寝るところとくつろぐところを区切ると生活にメリハリがつけやすい

【例4】家でもデスク作業をしたい人向けのレイアウト

ベッドのほかにデスクや本棚を設けたレイアウト例。「【例3】がおうちでゴロゴロくつろぎたい人向けなのに対し、【例4】はリモートワーク(在宅勤務)で仕事をしたい人のほか、パソコンでゲームをしたい人などに向いたレイアウトです。最近はテレビよりもパソコンでネット動画を観ることが多いという人も増えているので、割り切ってテレビを持たないという選択肢もありだと思います」

通路を挟んで、パソコンを使うところ(デスク)、寝るところ(ベッド)とエリアを区切ったのもポイント。「テレビを置かないことでベッドまわりにゆとりができ、ベッドの頭側が壁なので熟睡できます」

家でもデスク作業をしたい人向けのレイアウトイラスト
●家でもデスク作業をしたい人向けのレイアウトのポイント

・ベッドのほかにデスクや本棚を設ける
・パソコンでネット動画を観ることが多いなら、テレビを持たないという選択肢も
・仕事をする/パソコンを使うところと寝るところを区切ってオンオフの切り替えを

1人暮らしの1K:「ロフト付きの1Kの居室」のレイアウト例

下の間取りは6畳の部屋にロフト付きの1K。「部屋に収納が少ないので、ロフトをフル活用する前提となります。ロフト収納は上り下りが大変なので、何を収納し、どれくらいの頻度で出し入れするのか、よく考える必要があります」と住吉さん。

【例5】部屋をすっきり見せたい人向けのレイアウト

荷物のほとんどをロフトに収納して、部屋をすっきりさせたい人向けのレイアウト。「例えばYoutuberさんなどは背景となる部屋を美しく見せることが大事なので、基本的になんでもロフトに詰め込む、というのも一案。そうすれば、6畳でもソファを置いて、撮影向きの部屋をつくることができます」

部屋をすっきり見せたい人向けのレイアウトイラスト
●部屋をすっきり見せたい人向けのレイアウトのポイント

・収納にはロフトをフル活用
・ロフトには何を収納し、どれくらいの頻度で出し入れするのか考える

【例6】資料が多い人向けのレイアウト

【例6】は、例えば漫画家さんなど、資料が多い人に向いた使い方。「膨大な量の資料をロフトに集中させることで、部屋は広々。ロフトにビーズクッションなどを置けば、ちょっとしたライブラリーとして使えます」
リモートワーク(在宅勤務)が多い人でも、仕事スペースが欲しい場合には、毎日使うもの以外はロフトに収納すれば、片付いた部屋の中で集中して仕事に取り組めそうですね。

資料が多い人向けのレイアウトイラスト
●資料が多い人向けのレイアウト

・膨大な量の資料をロフトに集中収納
・ロフトにビーズクッションなどを置けば、ちょっとしたライブラリーに
・毎日使うもの以外はロフトに収納すれば、片付いた空間で仕事ができる

1Kの部屋選びは「キッチン」に置きたいもの、使い方を考えて

1Kとワンルームの最大の違いは、キッチンが独立しているかどうか。例えば、よく料理をする人にはキッチンが独立している1Kがいい、などと言われることがあるが「実はそうとも言い切れません」と住吉さん。

「上の【例1・2】で紹介している間取りは、キッチンが広く見えますが、キッチンに冷蔵庫置き場がないため、冷蔵庫は部屋に置かなければなりません。オープンなワンルームだったら、キッチンに関する家具・家電を置く位置によって、ここまでがキッチン、と決めることができますが、最初からここまでと決まっているキッチンは、かえって自由度が低いこともあります」

また、部屋と離れたキッチンは冬は寒い、テレビが見えないなどといったデメリットも。「1Kでは特に、キッチンに置きたいものが置けるか、どれくらい料理をするかなどを考えることが大事。物件データや間取図を見ただけで判断せず、必ず現地を見て、実際の暮らしを想像して、自分にぴったりな物件を選びましょう」

まとめ

1Kは1部屋+独立したキッチンの間取り

同じ面積でも細長い1K・正方形に近い1Kなど形がさまざま

1Kはキッチンに置きたいものが置けるかを考えて

賃貸物件を探す
取材・文/前川ミチコ イラスト/もり谷ゆみ
公開日 2020年05月20日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション・建築会社選びをサポートするプロ。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る