銀座・新橋エリア勤務の人はどこに住んでいる?~一人暮らし編~

銀座・新橋エリア勤務の人はどこに住んでいる?~一人暮らし編~

就職、転職、転勤……一人暮らしをスタートさせるにあたって参考になるのが、自分と同じエリアに勤務している人がどこに住んでいるかということ。例えば、銀座・新橋エリアに勤務している人は、どんな路線で暮らし、どのくらいの家賃の家に住んでいるのでしょうか。現在、暮らしているエリアのお気に入りスポット、検討したものの、選ばなかったエリアまで、実際に銀座・新橋エリアに勤務している一人暮らしの人たちに、聞いてみました。

そもそも銀座・新橋エリアってどんなところ?

銀座と新橋。雰囲気は違えど、東京を代表するエリアのひとつ

世界中の高級ブランド店などがずらりと立ち並ぶ「銀座」、数多くの会社と庶民的な居酒屋などが軒を連ねる「新橋」。隣接しながらも、趣は異なる2つの街ですが、古くから東京を代表する街のひとつです。

路線図
銀座エリアは、なんといっても中心部は東京メトロ銀座線や日比谷線、丸ノ内線「銀座駅」がある銀座4丁目エリア。銀座1丁目~8丁目までを結ぶ銀座通り周辺には、有楽町駅や銀座一丁目駅、東銀座駅、新橋駅など、JR・東京メトロ・都営地下鉄の駅が豊富にあるため、多方面からのアクセスが可能です。

新橋駅は、日本鉄道の発祥の地としても知られていて、山手線や東海道本線、横須賀線といった主要なJR路線と東京メトロ銀座線、浅草線などが乗り入れています。徒歩圏には都営大江戸線の汐留駅もあり、複数路線を使いわけることも可能です。あわせてお台場方面へとむかう「ゆりかもめ」の始発駅もあるため、働く人に混じって国内外からの観光客の姿を見かけることもあります。

Q1 銀座・新橋エリア勤務で一人暮らしの人は何線沿線に住んでいる?

複数の路線に分散。なんと9路線がランクインする結果に

複数の路線に分散。なんと9路線がランクインする結果に
まず、銀座・新橋エリア勤務の人が、現在暮らしている沿線について聞いてみたところ、なんと5位までに驚きの9路線がランクイン。1位はJR京浜東北線で10.6%と頭ひとつ抜けて多くの人に選ばれていますが、新橋駅・有楽町駅へ乗り換えなしでアクセスできる点と、埼玉県〜東京都〜神奈川県を横断する沿線で広いエリアから物件を選べる点が理由かもしれません。

次いで2位には、同率の5.8%でJR総武線と東京メトロ有楽町線、日比谷線が登場。これらの路線も乗り換えナシで銀座・新橋エリアへとアクセスできるのが特徴です。5位には、4.8%の同率で東急東横線と東武スカイツリーライン(東武伊勢崎線)、都営大江戸線、三田線が並びます。エリア内に複数の駅・路線がある「銀座・新橋エリア」だけあって、やはり多くの路線に分散する傾向があるようです。

ちなみに、現在、暮らしている最寄駅を聞いたところ、男性は川崎や蓮根を挙げる人が複数いた一方、女性は、学芸大学や鶴見、西大島などを挙げていました。

路線の選択肢が豊富すぎる!どこから絞ればいいんだ〜東京スゲ〜

Q2 銀座・新橋エリア勤務で一人暮らしの人の通勤時間は?

40分以内が最多。次いで50分以内・60分以内と長め?

40分以内が最多。次いで50分以内・60分以内と長め?
それでは、銀座・新橋エリア勤務の人が通勤にかけている所要時間はというと、1位が40分以内で22.1%、2位が50分以内で20.2%、3位が60分以内で18.3%という結果に。通勤時間は40分〜60分というのがひとつの目安のようで、これは渋谷など、他エリア勤務の一人暮らしと比べると、やや長い傾向にあります。

さらに4位は30分以内で16.3%、5位には70分以内が7.7%と続きます。銀座・新橋エリアは中央区・港区と都心のど真ん中に位置するエリア。そこから通勤時間20〜30分以内で通勤できるとなると、やはり家賃も高くなりがち。一人暮らしの現実的な予算を考え、通勤時間をかける選択をしている人が多いのかもしれませんね。

Q3 銀座・新橋エリア勤務で一人暮らしの人は最寄駅から徒歩何分の家に住んでいる?

駅徒歩10分以内が最多、駅徒歩5分とあわせて半数以上に

駅徒歩10分以内が最多、駅徒歩5分とあわせて半数以上に
先ほどの設問で答えた通勤時間のうち、駅から自宅までの徒歩分数はどのくらいなのでしょうか。1位は徒歩10分以内で33.7%という結果に。2位には駅徒歩5分以内が24%で続き、3位は駅徒歩15分以内が16.3%という結果になりました。駅からの徒歩分数よりも、家賃や広さ、間取りなどをを優先して家探しをしているのかもしれません。

4位には7分以内で14.4%、5位には20分以内が5.8%となっています。駅から自宅までの往復は、良い運動や気分転換になるもの。日々の通勤時間をリフレッシュタイムにしている人も多いようです。

Q4 銀座・新橋エリア勤務で一人暮らしの人はどれぐらいの家賃の家に住んでいる?

家賃相場は6万円〜7万円未満が最多に!

家賃相場は6〜7万円未満が最多に!
新たな住まいに引越しを決めるとき、やはり気になるのは家賃。結果は、最も多いのが6万円〜7万円未満で32.7%、次いで7万円〜8万円未満が21.2%になります。

3位は8万円〜9万円未満で13.5%、4位には9万円〜10万円が10.6%とだんだん金額が上がっていく結果になっていますが、5位には6万円未満が9.6%と格安な金額もランクイン。銀座・新橋エリア勤務の人は家賃をゆずれない条件としつつ、通勤時間や駅からの徒歩分数は優先順位を下げて「駅から歩いてもいい」「通勤時間は60分以内ならアリ」などと、賢くメリハリをつけているようです。

6万円台でこの広さは穴場だな〜

Q5 銀座・新橋エリア勤務で一人暮らしの人はどんな間取りの家に住んでいる?決め手は?

1Kが半数弱!驚きの3LDK住まいも

1Kが半数弱!驚きの3LDK住まいも
通勤時間や家賃と並んで、気になるのが間取りです。1位は49%とほぼ半数の人が選んだ1K。続いて、2位がワンルームで14.4%と、一人暮らしがしやすい「王道の間取り」が圧倒的に選ばれているよう。

続いて3位は1DKで13.5%、4位には同率で1LDKと2DKが7.7%となっています。こうしたダイニングキッチンと寝室を分ける間取りであれば、一人でゆったりとくつろいだり、友人などを招いてわいわい「家呑み」をするのも楽しくなることでしょう。

Q6 銀座・新橋エリア勤務で一人暮らしの人がその街(駅)を選んだ決め手は?

重視しているのはやはり「交通利便性」

重視しているのはやはり「交通利便性」
それでは、銀座・新橋エリア勤務の人に、住まい探しの際、何を重視したのかを聞いてみました。ランキングの1位に輝いたのは「交通利便性がいい」で50.0%。ちょうど半数の人が、交通利便性を重視したという結果に。具体的なコメントを見ていきましょう。

  • JR京浜東北線 鶴見:都内にも横浜にも川崎にも出やすい(40歳・女性)
  • 東急東横線 大倉山:駅まで近く、東京方面・横浜方面とも出やすい(32歳・女性)
  • JR京浜東北線 川崎:複数の路線の駅が利用しやすい場所にある(40歳・男性)
  • 都営三田線 本蓮沼:会社まで乗り換え無しで行けて、比較的家賃が安くて広いから(29歳・男性)
  • JR南武線 武蔵新城:武蔵小杉や溝の口からの乗り換えで利便性がいい(31歳・男性)
  • JR京浜東北線 大宮:関東の中心なのでどこへ行くにも利便性がいいと思うから(33歳・男性)
  • 京王線 初台:バスも充実している(35歳・女性)
  • 東武スカイツリーライン(東武伊勢崎線) 松原団地:東京メトロや東急との乗り入れがあるから(28歳・男性)
次いで重視した項目はというと、「生活利便性がいい」で、26.9%という結果に。

  • 都営三田線 本蓮沼:徒歩圏内に複数のスーパーがある(40歳・女性)
  • 東急目黒線 西小山:スーパーマーケットやコンビニが多く、物価も安い(36歳・男性)
  • JR総武線 亀戸:下町で物価が高くない。買い物先が多い(31歳・男性)
  • 都営新宿線 西大島:スーパー・コンビニ・飲食店が複数ある(25歳・女性)
重視した内容の3位は「街の雰囲気がいい」で22.1%。どのような雰囲気に引かれたのか、チェックしてみましょう。

  • 東急東横線 学芸大学:帰り道に商店街があって、活気があるし、少し中に入れば閑静な住宅街でよい(37歳・女性)
  • 西武池袋線 大泉学園:緑も多く生活感のある街だから(30歳・女性)
  • 東急田園都市線 三軒茶屋:今の家に住む前も三茶で住み慣れているし、町の雰囲気が好きだから(32歳・女性)
  • 京王井の頭線 久我山:駅が小さいが静か。吉祥寺にも近い(35歳・女性)
4位には「知人・家族が近くに住んでいる」12.5%。ご近所に知り合いや友人・知人がいるのも、住まいを選ぶ際には欠かせない要素のようです。

  • JR総武線 千葉:家族が近くに住んでいるので、何かあったときに頼れる(38歳・女性)
  • 東京メトロ日比谷線 北千住:実家に近い(30歳・女性)
  • JR中央線 武蔵境:前に住んでいた場所より会社に近くなる(39歳・女性)
5位は「職場・学校が近い」が4.8%という結果になりました。

  • JR総武線 平井:家賃が安いこと。また、下町という雰囲気もまったりしていて良いと感じたこと(29歳・男性)
  • 東京メトロ日比谷線 八丁堀:会社に近い(36歳・男性)
  • 小田急線 東海大学前:大学が近かったから(36歳・女性)

サブカルの聖地に有名なお寺も登場!ご近所のおすすめスポットは?

銀座・新橋エリア勤務の一人暮らしの人に、自分が暮らしている街(駅)の「お気に入りスポット」とその理由を聞いてみました。
  • JR京浜東北線 鶴見:総持寺。総本山だけあって敷地が非常に広く非日常を味わえる(29歳・男性)
  • 東急東横線 大倉山:三ツ池公園。四季を通じて景色が楽しめるし広いので子連れでものびのび遊べる。お弁当を持ってデートにも最適(32歳・女性)
  • 東急目黒線 不動前:目黒川。春は桜が咲いて、冬はイルミネーションがちらほらあります。ランニングなどもできます!(40歳・女性)
  • JR総武線 千葉:千葉公園。駅から比較的近く、池やグラウンドもあってリラックスできる(38歳・女性)
  • 東京メトロ日比谷線 北千住:ルミネ北千住。レストラン街はたのしい(35歳・男性)
  • JR中央線 中野:中野ブロードウェイ。マニアックなものがたくさんある(34歳・女性)
  • 都営浅草線 馬込:羽田空港。ランニングで行くと8kmぐらいあるけどそのスケールに感動する(34歳・女性)
  • 東京メトロ千代田線 根津:bar mano。落ち着いて飲めるバーだが、イベントをしたりご近所さんと知り合えたり楽しい場所なので(38歳・女性)
  • 東武スカイツリーライン(東武伊勢崎線)松原団地:草加松原遊歩道。眺めがよく、整備されているから(28歳・男性)
  • 都営新宿線 西大島:アリオ北砂。夜遅くまでやっているので、便利(28歳・女性)
  • 東京メトロ銀座線 外苑前:東郷神社。意外と中庭?庭園がきれい(26歳・女性)
  • 東急田園都市線 三軒茶屋:松陰神社。吉田松陰が祭られている、桜がきれい(32歳・女性)
  • JR京浜東北線 浦和:蔦屋書店。書籍と筆記用具など充実。カフェが併設されているので、ゆっくりできる(30歳・女性)
すご〜い!さすがサブカルの聖地!

Q7 銀座・新橋エリア勤務で一人暮らしの人が家探しをするときに候補に入れていた街(駅)は?

最後に紹介するのが、家探しをするときに住みたいと考えていたのに、実際には住まなかった街(駅)とその理由についてです。当初は「住みたい!」と夢描いていたものの、最終的に現在の街に決めた理由を探っていくと、理想を抱きつつも現実的に住む場所を探していることが分かります。

  • 東急東横線 下丸子:中延と悩んだ。職場まで乗り換えなしで行ける駅だったため検討していたが、品川区ということもあり家賃が高く断念した(26歳・女性)
  • 東急目黒線 西小山:武蔵小山。大きな商店街があって便利そうだったから(36歳・男性)
  • 小田急線 祖師ヶ谷大蔵:代々木上原、明大前も候補に入れていた。交通の便が良く複数路線が利用できるが、良い物件に巡り会えなかったため(38歳・男性)
  • 東京メトロ丸ノ内線 西新宿:南阿佐ヶ谷がいいなと思った。商店街や飲食店など、家の周りがとても栄えていて、駅からもすぐ近くだったから(36歳・女性)
  • 東急東横線 学芸大学:元々中目黒に住んでいて、通勤が便利だったのでそこが理想だったが、家賃が高くて条件に合う物件が見つからなかったため断念した(37歳・女性)
  • 京王線 初台:幡ヶ谷がよかった。幡ヶ谷のほうが飲食店が充実している(35歳・女性)
  • JR総武線 市川:船橋。同じ快速が止まる駅だった。ただ通勤時間を考えて市川にした(38歳・男性)
  • 東急池上線 久が原:八潮。通勤時間は今とほぼ同じだが家賃が安く部屋のグレードが高い。街がきれい(26歳・女性)
  • 都営新宿線 西大島:清澄白河、森下・菊川・住吉でも検討した。複数使用できる路線があり良いと思ったが、家賃が高いか駅から離れるため断念した(25歳・女性)
  • JR総武線 平井:池袋、錦糸町、市川、新小岩、船橋。答えた駅はどれも都心などへのアクセスがしやすくまた、駅周辺にはショッピングモールがたくさんあり、日々の生活を楽しめると思ったが、家賃がどれも高いので結局断念して、現在の平井駅にした(29歳・男性)
  • JR京浜東北線 浦和:北浦和。同じような物件でも家賃が安くなるが、北浦和の場合、京浜東北線しか路線がないため断念(30歳・女性)
どちらも快速停車悩むなあ

銀座・新橋エリア勤務の一人暮らしでは、家賃7万円未満の物件に住んでいる人が4割超にもなるなど、家賃最優先で住まいを探している人が多いようですね。一方で、会社から家までの通勤時間や、最寄駅から家までの徒歩分数は他エリアよりも長めの傾向にあり、優先順位のメリハリの付け方がとても上手なよう。9路線利用できるエリアだけに、駅や路線の選択肢がとても豊富。思い入れの強い街(駅)に絞り込んで家探しをするのではなく、ほかのエリアも幅広く検討することで家賃だけでなく、間取りや設備など、自分の重視したい項目にぴったりの住まいを探せることでしょう。

取材・文:嘉屋 恭子 イラストレーション:杉崎 アチャ
公開日 2017年03月24日
最終更新日 2017年04月19日
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る