タウンハウスとは?テラスハウスとの違いは?特徴やメリット・デメリット、賃貸物件もある?

タウンハウスとは?テラスハウスとの違いは?特徴やメリット・デメリット、賃貸物件もある?

タウンハウス、という言葉は耳にしたことがあるでしょう。でも、どんなタイプの家のことを指すのか、テラスハウスとはどう違うのかなど、わかりにくい点も多いかもしれません。そこで、タウンハウスについて徹底解説。メリットやデメリットのほか、タウンハウスの賃貸を探す際のポイントも紹介します。

タウンハウスとは?テラスハウスとはどう違う?

タウンハウスとはどんな家?

タウンハウスとはマンションやアパートのような集合住宅の一種。簡単に言うと「隣の住戸と壁がつながっている戸建て風の住宅」で、ほとんどは2~3階建ての低層住宅になっています。建築法規上では、マンションは「共同住宅」、タウンハウスは「長屋」とされており、その違いは共用部分の有無。どちらも「ひとつの建物を共有(分譲の場合は区分所有)」しているのですが、長屋(タウンハウス)の場合は各住戸外部から直接出入りができる独立した玄関が設けられていることが特徴です。玄関が道路に直接面していない場合は、敷地内通路を設ける必要があり、必要な道路の幅(幅員)は、その物件がある自治体の建築基準条例によって定められます。

一方、マンションの場合は共用のエントランスや廊下、エレベーター、階段などの共用部分があり、各住戸には共用部分を通って出入りするのが一般的です。

タウンハウスのイメージイラスト
タウンハウスは敷地を共有。そのため住民が共用で使える庭があったり、駐車場が敷地の一角にまとめられていたりする

テラスハウスとはどう違うのか

タウンハウスとよく似ているのがテラスハウスです。

テラスハウスは「隣の住戸と壁がつながっている戸建て」。テラスハウスとタウンハウスは外観上の違いが分かりにくいため、同じ意味で使われているケースが見られますが、大きく違うのは敷地の権利形態。分譲のタウンハウスの場合は建物の専有面積の割合に応じて敷地権として土地を共有します。住民みんなで使える庭があったり、管理組合があったりなど、権利や管理形態は分譲マンションに近いといえるでしょう。

テラスハウスの場合は、敷地を分筆(ひとつの土地を分けて登記すること)して各住戸がそれぞれに所有権をもつのが一般的です。このため、外観はどちらも「つながった低層の集合住宅」ですが、形態はタウンハウスはマンション寄り、テラスハウスは戸建て寄りの住宅といえます。

テラスハウスのイメージイラスト
テラスハウスは敷地が分けられ、それぞれの敷地を単独で所有する。駐車場は敷地内に確保されるのが一般的

テラスハウスについて詳しく読む

■タウンハウスとテラスハウス
タウンハウス テラスハウス
外観 隣の住戸と壁が繋がっている低層住宅 隣の住戸と壁が繋がっている低層住宅
・ほとんどが共用
・専用庭がある物件は別途使用料が必要な場合もある
各住戸が所有
建物と土地の権利
(分譲の場合)
区分所有権 所有権

タウンハウスのメリット、デメリットは?

ひとつの建物を共用するという点ではマンションに似ているけれどマンションではなく、お隣の家と壁を共有している(つまり、くっついている)点では戸建てとも言いきれないタウンハウス。そんなタウンハウスでの暮らしにはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょう。

メリット1:戸建て感覚で暮らせる

まず、大きな特徴は戸建て感覚で暮らせること。マンションやアパートのように、足音や椅子を引く音、物を落としたときの音など、上下階の音を気にする必要がないのはメリットです。ただし、隣の住戸と共用している壁の遮音性が低い場合は、注意が必要。また、玄関から直接出入りでき、玄関近くに駐車場がある、または車寄せになるスペースがあれば、買い物から帰ったときの荷物の搬入がラク。専用の庭スペースがあれば子どもを遊ばせたり、ガーデニングや家庭菜園を楽しんだりもできます。

玄関前に共有敷地のあるテラスハウス
どの住戸も玄関から直接外と出入りができるタウンハウス。共有の敷地を専用庭のように使える物件も(画像/PIXTA)

メリット2:管理費や修繕積立金が発生するが、計画的なメンテナンスが行われる

ひとつの建物を居住者で共有する分譲のタウンハウスは管理組合が結成され、建物自体の管理やメンテナンスに居住者全員がかかわることになります。マンションと同様に毎月の管理費や修繕積立金が発生するのが一般的。ただし、この出費をデメリットと考えるかどうかは本人次第。戸建ての場合も外壁や屋根などのメンテナンス費用がかかり、そのための出費は発生しますし、修繕計画に沿って費用が積み立てられてメンテナンスができるのはメリットといえます。なお、タウンハウスは1住戸当たりの外壁や屋根の面積が独立した戸建てよりも少ない分、同程度の床面積の戸建てに比べて、メンテナンス費用が抑えられる傾向にあります。

デメリット1:修繕やリフォーム、建て替え時に問題が発生することが

分譲で、ある程度住戸数のあるタウンハウスであれば、管理組合が結成されて修繕計画に沿って将来のメンテナンスを行うことができますが、注意したいのは2戸、3戸といった小規模なタウンハウス。屋根や外壁の修繕をしたくても反対する住民がいてなかなか実現しないことが。また、将来の建て替えも全戸で合意がなければ難しいのが現実です。

また、間取り変更や設備交換など他の住戸に影響のないリフォームは可能ですが、増築は難しいでしょう。

タウンハウスは戸建て感覚の暮らしができますが、将来的なメンテナンスや管理に関してはマンションでの暮らしに近く、物件によっては管理組合が機能しているマンションのようにスムーズにはいかないケースもありそうです。

デメリット2:採光や通風が十分かに注意

隣の住戸と共有している壁には、当然ですが窓やドアは付けられません。角住戸なら3方向に開口部を設けることができますが、両側をお隣にはさまれた中住戸の場合は、窓を設けられるのは2方向。タウンハウスで暮らすなら、採光や通風が確保できる向きか、または、天窓(トップライト)が設けてあったり、風が通りやすく光が届きやすい開放的な間取りになっていたりなど、配慮されたプランかを確認しておくことが大切です。

欧米で古くから見られるタウンハウス
住戸と住戸の間に間隔が必要ない分、コンパクトな敷地でも床面積を確保しやすいタウンハウス。欧米でも日本でも古くから建てられている集合住宅のスタイルだ(画像/PIXTA)

タウンハウスを賃貸で探す場合に知っておきたいことは?

賃貸物件を探すときのポイントは?

解説したように、タウンハウスとテラスハウスは違うもの。でも、賃貸業界ではどちらも「テラスハウス」と呼ばれるのが一般的です。

賃貸物件を探している人で「テラスハウス」を希望するのは、どんな人なのでしょうか。賃貸不動産に詳しいハウスメイトマネジメントの伊部尚子さんによると
・庭が欲しい
・子どもが小さいので階下への音で気兼ねしたくない
・上階の騒音で悩んだことがある
・戸建てより安い家賃で、戸建て感覚で住みたい
といった理由で探す人が多いのだとか。

「連棟式(いくつかの物件がつながった形式)の建物はかなり昔からありますので、不動産仲介会社に『テラスハウスを探しています』と言っていただければ、担当者には普通に通じます。その際、庭が欲しい、音が気になるなど、なぜテラスハウスがいいと思っているかを伝えておくと、より希望に合った物件を探しやすくなります」(伊部さん、以下同)

最近はどんな物件があるの?

賃貸のテラスハウス(タウンハウス)は、庭が広くとられていたり、複数棟が建てられていたりなど大型の物件は敷地にゆとりが必要なため、郊外で供給されることが多く、都心の場合でも駅から離れた住宅地で見られるそう。

また、最近の物件では他の入居者とコミュニケーションがとれるようなプランが増えているのだとか。
「畑付きや、共用の広場があるなど、共用部が充実しているものが増えています。庭スペースがあまりない場合、日当たりや眺望を確保するために、2階がリビングになっているタイプも増えていると思います」

共用の畑があるタウンハウス
共用部が充実している物件なら、住人同士のコミュニケーションも楽しめる。敷地の広さや立地によってさまざまなプランがあるので、希望の暮らし方を思い描きながら物件探しをするのがオススメ

タウンハウスでの暮らしを検討する際は、分譲ならテラスハウスとの違いを把握し、賃貸の場合は、どんな暮らしがしたいからタウンハウス(テラスハウス)を探すのかを不動産仲介会社に伝えて、希望の暮らしをかなえましょう。

まとめ

複数の住戸が壁を共有している連棟式の建物がタウンハウス

テラスハウスとは主に土地に対する権利が違い、タウンハウスは敷地を共有することになる

賃貸の場合「テラスハウス」と呼ばれるのが一般的

賃貸物件を探す
新築一戸建てを探す
中古一戸建てを探す
取材・文/田方みき イラスト/森越ハム
公開日 2020年06月17日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション・建築会社選びをサポートするプロ。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る