特優賃(特定優良賃貸住宅)とは? 家賃の補助などお得? メリット・デメリットは?

特優賃(特定優良賃貸住宅)とは? 家賃の補助などお得? メリット・デメリットは?

特優賃(特定優良賃貸住宅)など、公共の住宅というとお得なイメージを持つ人も多いようですが、実際にどんなふうにお得なの? 借りるのは簡単? メリットだけでなく、デメリットも? 特優賃をはじめ公共住宅に関することを、賃貸物件の管理運営を手がけるハウスメイトパートナーズの伊部尚子さんに聞きました。

特優賃とはどんな住宅?

一定の基準を満たした優良な住宅の家賃に対して補助が出る

特定優良賃貸住宅(以下、特優賃)とは、良質な住宅を軽い負担で借りられる、公的賃貸住宅制度。「特定優良賃貸住宅の供給の促進に関する法律」に基づき、土地のオーナーが都道府県や住宅金融公庫などの資金を利用して良質な住宅を建設し、主に中堅所得ファミリー層向けに供給される賃貸住宅のことです。

よく聞く「都民住宅」とは、東京都の特優賃物件のこと。「UR」と「公社」住宅の違いは運営母体です。

入居者は、入居する世帯の所得額に応じて、住宅の本来家賃(契約家賃)の一部を国や県または市が補助し、入居者の家賃負担を軽減する家賃補助を受けることができます。

なお、この家賃補助は、入居後から毎年一定率で減少し、入居者負担額が本来家賃に追いつくまで最長で20年間にわたり実施されるというもの。またほかにも、礼金・仲介手数料の免除、更新料ゼロなどのメリットが得られます。

ただし、申し込みにあたっては収入および入居条件の基準をクリアすることが必要。これら収入基準や入居条件等は各自治体の特優賃制度により異なるため、確認が必要となります。

また、「東京都の特優賃は『都民住宅』と呼ばれ、取り扱う不動産会社は決まっています」とハウスメイトパートナーズの伊部さん。ほかにも東京都が管理する「都営住宅」、都市再生機構(旧公団)が運営する「UR住宅」、都道府県など地方自治体の外郭団体である住宅供給公社が運営する「公社住宅」など、さまざまな公営住宅がありますが、運営する組織や入居するための条件などが異なるので、よく注意しながらチェックしましょう。

特優賃物件を見学するファミリーのイラスト
(イラスト/もり谷ゆみ)

特優賃はどんなメリットがある?

メリットは、保証人が不要&初期費用が抑えられること

特優賃の特徴、メリット・デメリットとして挙げられることが多いポイントについて、実際はどうなのかを以下にまとめてみたので参考にしてください。

メリット
●家賃が安い
よく挙げられるのが、家賃が安いということ。「入居する世帯の所得学に応じて、家賃の一部を国と地方自治体が負担してくれます。所得が低くなるほど補助額は上がるので、低所得な家庭ほど家賃の負担は少なくなります」と伊部さん。「ただし、最近はエリアなどによって民間の賃貸住宅の賃料も下がってきているところが多いので、以前ほどの割安感はなくなってきているところもあります」

●初期費用が少ない
保証人が不要で、仲介手数料や礼金がいらないため、入居するときの初期費用を抑えられるというのも大きなメリットです。「ただし、これも『家賃』のところで前述したように、最近は同じようなメリットがある民間の賃貸住宅も増えています」

●つくりがゆったりとしている
特優賃として認められるには、面積や構造について一定の基準(自治体によって異なる)を満たす必要があるため、「敷地も、共用部も、物件ごとの間取りもゆったりとつくられているのが特徴です」

特優賃はどんなデメリットがある?

デメリットは、建物や入居条件

デメリット
●住宅設備が古い
住宅設備や建具などは築年数によって大きく違います。「古いものは網戸がなかったり、キッチンのコンロは入居者が自分で持ち込むタイプになっていたりするところもあります。新築の場合は物件の質が高くなりますが、入居が抽選となることが多く、競争率も高くなることがあります」

●入居条件が厳しい
特優賃に入居するにはさまざまな条件を満たす必要がありますが、最も大きなポイントは「世帯年収に上限があること」(条件・金額などは自治体によって異なる)。「審査が厳しいというより、世帯年収が条件に当てはまらないことで利用できないというケースが多いようです」

広い廊下を走りまわって遊ぶ楽しそうな子供と、それを見守る30代夫婦のイラスト
敷地や共用部、それぞれの住戸の間取りもゆったりしているのが特優賃の特徴(イラスト/もり谷ゆみ)

特優賃の物件はどうやって探す?

各地方自治体のウェブサイトやSUUMOで探せる

特優賃の物件を探すにはインターネットが簡単。各地方自治体のウェブサイトや「(都道府県名)特優賃」などで検索すれば、最新の詳しい情報を探すことができます。

また、関東の特優賃物件に関しては、SUUMOの特優賃ページでも探せますのでチェックしてみましょう。

特優賃は狭き門なので、ほかにも初期費用を抑える一般物件も探してみよう

家賃や初期費用が抑えられるなど、お得なメリットが多い特優賃の物件。しかし、入居するときの条件を満たしていなかったり、新築の物件を狙うと競争率が高かったりと、なかなか狭き門であることも現実。

ただし、メリットのところで解説したように「最近は民間の賃貸住宅の家賃も下がってきており、保証人が不要な物件も。また、フリーレント付き、敷金礼金が少ない(以前は敷金・礼金がそれぞれ家賃の2カ月・2カ月分だったのが、1カ月・1カ月、さらには1カ月・0カ月の物件も増えてきている)ことで初期費用が抑えられる物件など、特優賃と同様のメリットのある民間の賃貸住宅も増えてきているので、そちらにも目を向けてみましょう」

「特優賃に限定して探そうとすると、物件数も決して多くないのでかなり難しくなってしまいます。このエリアに住みたいという希望があって、その中で物件情報を探すとき、特優賃もあるかどうかチェックしてみる、という探し方がいいでしょう」。希望する条件にぴったり合う物件があるかどうかを探す前に、自分が借りられる条件を満たしているかどうかを確認しましょう。

まとめ

特優賃は公的な家賃補助があり、初期費用が少なくて済む公共の賃貸住宅

世帯年収の上限があるなど入居するための条件は厳しい

最近は民間の賃貸住宅で同様のメリットがある物件も増えている

賃貸物件を探す
取材・文/前川ミチコ イラスト/もり谷ゆみ
公開日 2020年03月31日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション・建築会社選びをサポートするプロ。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る