「メゾネット」ってどんな家? 住み心地やメリット・デメリットを一級建築士が解説

「メゾネット」と聞いて思い浮かぶのは、「高級感がある」「おしゃれ」といったイメージ。でも、具体的にメゾネットがどのようなものか分からない方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、これまで集合住宅で数多くのメゾネット物件を設計してきた、田口知子建築設計事務所代表の田口知子さんにメゾネットとは何か、住み心地やそのメリット・デメリットなどを伺いました。

メゾネットってどんな家? ロフトとの違いは?

「メゾネット」とは、もともとフランス語で「小さな家」を意味する「maisonnette」が語源です。日本では、一般的に集合住宅ながらひとつの住宅内部に内階段があり、2階以上の階層で構成された物件がメゾネットと呼ばれています。アパートやマンションのような集合住宅でありながら、戸建て住宅のように利用することができるのが特徴。物件によっては、高層階など一部のみをメゾネットにしているタイプもあります。

ここで「ロフトとはどう違うの?」という疑問が浮かんだ方も多いと思います。ロフトは、部屋の一部分に中二階を設けたつくりのこと。いわゆる「屋根裏部屋」的なイメージです。

※画像提供 田口知子建築設計事務所

建築基準法でロフトは、面積が居室部分の2分の1未満、高さが最大で1.4mまでのスペースについて、床面積に合算されない「小屋裏物置等」と定義していますが、この場合、原則として窓の設置は認められておらず、換気目的の開口部も大きさが決まっているのです。

これに対して、メゾネットは上下階をつなぐ内階段が設置されています。また、上階部分が居室扱いとなるため、天井までの高さや窓に制限がなく、ロフトと比べて広々としたスペースが特徴的です。吹抜けを用いた開放的な空間など、デザインの自由度が高いのもポイントといえるでしょう。もちろん、上記のような小屋裏物置等の条件に当てはまらないロフトもありますが、多くの場合は「内階段」「2階部分のスペース」「窓の有無とサイズ」などでメゾネットかロフトかを判断できます。

「メゾネットの建物を設計する際は、そこで生活する方の自由度が広がるように立体的な空間の利用を心がけています」(田口さん、以下同)

※メゾネット マンション平面図
※メゾネット マンション平面図
※メゾネット マンション断面図
※メゾネット マンション断面図

メゾネットに住むメリット・デメリットは?

メゾネットに住む一番のメリットは、「フラット」と呼ばれるワンフロアタイプのマンションやアパートと違い、戸建て住宅のように階層によって居住エリアのゾーン分けができることです。例えば、1階をリビングとダイニング、2階を寝室とプライベートルームのように分ければ、突然の来客でもプライベート空間を見られる心配がありません。また、フラット住戸と比べて生活音を気にせず過ごせるのも魅力です。

アパートやマンションの場合、子どもの足音やドアの開閉音などが階下に伝わらないよう、なにかと気を使うシーンが多くなります。しかし、メゾネットで2階を子ども部屋にすれば、室内を元気に走り回っても、階下に伝わる足音が大幅に軽減されます。さらに、上下階でインテリアの雰囲気を変えても違和感が少ない、といった点もポイントといえるでしょう。

例えば、パブリックスペースとなるリビングはラグジュアリーな北欧家具でまとめつつ、2階の寝室やプライベートルームを自分好みのアジアンテイストに仕上げたり、子ども部屋を大好きなキャラクターモチーフのインテリアでコーディネートしたり、といった楽しみ方もあります。

メゾネット施工例2
※画像提供 田口知子建築設計事務所

そのほか、メゾネットは吹抜けなどの間取り次第で、採光や通風の面でもメリットが生まれます。上階から降り注ぐ自然光が室内を柔らかく照らし出す空間を演出できたり、ライフスタイルに応じて明るい部屋と暗い部屋が使い分けられたり、吹抜けによって十分な通風が確保できたり、といった具合です。

一方で、メゾネットのデメリットは、水まわりやベランダなど各種設備の配置によって、家事動線が長くなりがちな点です。例えば洗濯物を干すシーンでは、フラット住戸なら洗濯機からベランダまでそこまでの距離はありません。しかし、1階に洗濯機、2階にベランダがあるメゾネットの場合、距離が延びるだけでなく階段のアップダウンが加わります。また掃除についても、フラット住戸と比べて階段のあるメゾネットのほうが手間はかかります。

内階段があるため、同じ床面積のフラット住戸と比べると部屋として使えるエリアが若干狭くなりやすいというデメリットもあります。ただし、メゾネットは吹抜けなど設計次第で開放感のある空間演出もできるため、一概に「内階段がある=狭い」とは言い切れません。このあたりは、実際の物件で内階段の位置や印象を確認しておくと良いでしょう。

そのほか、冷暖房の効率についてもフラット住戸といくつかの違いがあります。まず、メゾネットは上下方向に空間の容積が大きいため、全体が適温になるまで時間がかかりやすいといえます。冷房に関しては、上階に熱い空気が抜けることから、冷房を多様しなくても下階の温度が下がりやすく、省エネにもつながります。一方で上階は熱がこもりやすく、冷房効率が良いとはいえないでしょう。暖房についてはこの逆で、下階が暖まりづらく、上階が暖まりやすいという傾向があります。ただし、こうした条件は間取りや断熱性能、冷暖房設備などによって変わってくるので、物件ごとに確認してみてください。

メゾネットはどんな人におすすめ?

メゾネットのメリットやデメリットでも紹介しましたが、「集合住宅のなかでも、メゾネットは戸建て住宅のような住み心地を求めている方に加え、ゾーニングしやすいためプライベートなスペースをしっかりと分けたい方や来客の多い方に最適です。また、フラット住戸と比べて生活音を気にせず過ごせることから、子どものいるファミリー層にも良いでしょう」

※画像提供 田口知子建築設計事務所
※画像提供 田口知子建築設計事務所

「そのほか、家事動線が長くなりやすいということは、その分だけ階段の昇降を含めて体を動かすことにもつながります。なかには『階段は危険』というイメージをもっている方もいらっしゃると思いますが、安全面までしっかりと考慮された設計であれば、階段はお年寄りや子どもにとって危険なものではないのです。むしろ、健康のための適度な運動になるというメリットとして捉えることもできると思います」

このようにメゾネットタイプの物件は、フラットな集合住宅とは違った数々の魅力があります。予算や家族構成、ライフスタイルなどと照らし合わせながら、ぜひ最適な物件を選んでみてください。

賃貸物件を探す
取材・文/アウル
公開日 2018年03月02日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る