保証人がいない!「保証人なし」で賃貸物件を契約するには

保証人がいない! 「保証人なし」で賃貸物件を契約するには

賃貸物件を借りるときには保証人が必要になることがほとんど。しかし、親を頼れない事情があったり、家族に年収を知られたくなかったりと、保証人を頼める相手がいなくて困っている人も少なくないはず。ここでは「保証人なし」で賃貸物件を契約する方法を紹介しよう。

「保証人」はなぜ必要? 「連帯保証人」とは違うの?

賃貸借契約にあたって、なぜ「保証人」が必要なのだろう。大東建託の広報担当者に聞いてみた。

「例えば、入居者様の家賃滞納などがあると、オーナー様は家賃収入を得られなくなります。また、家賃滞納や迷惑行為をした場合でも、入居者様は借地借家法で権利が保護されるため、オーナー様は一方的に契約を解除することができません。こうしたリスクを担保するため、保証人が必要になります」

なお、賃貸借契約の保証人は「連帯保証人」という位置付けになるケースが多いようだ。保証人と連帯保証人は「入居者様が家賃などを支払うことができなくなった場合、代わりに支払い義務を負うという点では、どちらも同じ」なのだとか。

「ただし、『保証人』はオーナー様から請求を受けた際に『まずは入居者本人に請求してください』と主張することができるのに対し、『連帯保証人』の場合はそのような主張をすることができず、自分自身で支払う義務があります。つまり、連帯保証人のほうがより責任が重く、入居者様ご本人と同等の義務を負わなければならないのです」

責任が重いだけに、連帯保証人になるにはさまざまな条件が。「オーナー様や管理会社、また賃料や入居者様の信用情報、資力などによって多少の違いはありますが、以下のような条件、書類が必要となることが一般的です」

連帯保証人なるために必要な条件・必要なもの

必要な条件
・親族(2親等以内)である
・継続的収入がある、もしくは不動産を所有している
・反社会的団体にかかわる人物でない など

必要なもの
・実印
・印鑑証明
・収入証明
・住民票 など

やっぱり保証人がいない……。「保証人なし」で賃貸借契約を結ぶことはできる?

やっぱり親にも頼めないし、親戚にも頼みにくい……という場合でも、現在は「保証人なし」で賃貸借契約を結べる場合がいくつかある。さっそく紹介していこう。

保証会社が利用できる場合

イラスト

契約時や月々・更新時など支払額や時期にはさまざまなタイプはありますが、定められた保証料を支払うことで、保証人の代わりになってくれるのが保証会社。保証サービスを行うリクルートフォレントインシュア(※)で営業企画を担当する安川さんによると、「保証会社が保証人の役割をするので、保証人を立てられなくても賃貸借契約ができます」とのこと。

ただし、保証会社は物件によって異なり、自分で選べるわけではないため、保証会社と契約を結んでいる管理物件を選ぶ必要がある。「保証会社と契約しているかどうかはオーナーの意向なので、一概に利用できるとはかぎりません。まずは、仲介会社に確認してみましょう」と安川さん。

保証してもらうための基準は保証会社によって異なるが、一般的には、収入における家賃の割合はよくチェックされるポイント。また、クレジットカードの支払い状況も重視される場合があるので注意が必要だ。

(※)「リクルートフォレントインシュア」は2017年10月3日より「オリコフォレントインシュア」になりました

クレジットカードで家賃を支払える場合

イラスト

大東建託の広報担当者に聞くと、利用できるのは「当社が取り扱いのあるクレジットカード会社(VISA、マスター、JCB、アメックス、ダイナースクラブ)のクレジットカードを持っている人で、不動産会社様やオーナー様がクレジットカードで決済ができるシステムを導入しているケース」

また、この方法にはたくさんのメリットが。「金額の大きい家賃をクレジットカードで決済することで、ポイントやマイルを貯めることができます。また、負担の大きい契約時の初期費用の支払いを、分割やリボ払いで支払うこともできます」

クレジットカードの利用限度額など、自己管理さえしっかりできれば、便利でお得な方法といえそうだ。

UR賃貸住宅を利用した場合

イラスト

保証人が不要な賃貸物件もある。とはいえ、保証人なしでも入居してほしいという不人気・ワケあり物件ばかりではない。上記で紹介したような、保証会社を利用できる賃貸物件のほか、UR賃貸住宅を利用すれば、保証人なしで借りることができるのだ。

ただし、UR賃貸住宅を利用するには、収入もしくは貯蓄が一定の基準に達している必要が。具体的には平均収入額が基準月収額(家賃の4倍。家賃が一定の金額を超える物件についてはURが定めた固定額)以上あること、または貯蓄額が月額家賃の100倍以上あること、となっている。

収入や貯蓄額が基準に達してさえいれば、保証人だけでなく、礼金や仲介手数料、更新料が不要というメリットもある。

「保証人を頼む人がいない」、「いるけど頼みづらい……」――そんな人も、保証人なしで良質な物件を借りられる時代になってきた。保証人で悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみては?

取材協力/大東建託株式会社、株式会社リクルートフォレントインシュア、都市再生機構(UR都市機構)
取材・文/前川ミチコ イラストレーション/地獄カレー

(※)「リクルートフォレントインシュア」は2017年10月3日より「オリコフォレントインシュア」になりました

公開日 2017年09月28日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション・建築会社選びをサポートするプロ。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る