賃貸契約の流れと期間を押さえて、初めてでもスムーズな部屋探しを!

賃貸契約の流れと期間を押さえて、初めてでもスムーズな部屋探しを!

ワクワクする初めての部屋探し。ところが、多くの人が進学や就職で部屋を探す時期は、不動産会社もオンシーズンとなり、人気の物件はタッチの差でなくなってしまうことも。気に入った物件を逃さず、スムーズに入居するため、賃貸契約の流れを押さえよう!

賃貸契約の全体の流れを押さえよう!~部屋探しから契約まで~

まずは、賃貸契約の一般的な流れと、それぞれにかかる期間の目安をチェック。賃貸物件の管理運営を手がけるハウスメイトパートナーズの伊部尚子さんに聞いてみた。

物件の検索から入居まで、早ければ下図のとおり1~2週間ほどで進むケースもあるそうだが、それはすべてがスムーズに運んだ場合の最短の目安。気に入る物件がすぐ見つからなかったり、入居審査がなかなか通らなかったりして、数週間かかるケースも少なくないようだ。

その点も考慮に入れると、「3月末までの入居を目指すなら、2月くらいから不動産会社に行っても早すぎることはないでしょう。オンシーズンだからと早めに不動産会社に行っても4月入居の予約はできないため、契約後に家賃が発生します。物件によってはフリーレントで2月末に契約して、4月から家賃が発生するケースもありますので不動産会社に相談してみてください。

また、新築物件は早めに動くことが大事。不動産サイトなどで物件を検索して、予算内でどんな部屋に住めるのかイメージをもっておくと不動産会社との話がスムーズですよ」(伊部さん)

賃貸契約の流れとかかる期間の目安
賃貸契約の流れとかかる期間の目安
物件の入居可能時期や条件などによっても異なるが、一般的な賃貸契約は図のような流れ・期間で進んでいく(SUUMO編集部作成)

部屋探しから入居するまでの流れや準備するものは?

上の図の1~7それぞれのステップでどんなことをするのかを詳しく解説。また、スムーズに進めるための「時短のコツ」についても教えてもらったので参考にしよう。

不動産探しサイトで物件検索から不動産会社への来訪、物件の内見までの流れ

【時短のコツ】エリアを決め、予算内で住める部屋の相場を知る

 1.不動産探しサイトで物件検索
まずは自分が住みたい部屋をイメージして、インターネットの不動産探しサイトなどで希望の条件を入力し、自分の予算でどんな部屋が借りられるのかをチェック。予算内で見つからなければ、駅から遠い、狭い、築年数が古いなど、妥協できるポイントを見つけて選択肢を広げてみよう。それでも難しければエリアを変えることも検討を。最低でもエリアを決定し、次のステップに進もう。

 2.不動産会社に行く
住みたいエリアが決まったら、そのエリアの物件情報が多い不動産会社、気になる物件を持っている不動産会社をリストアップし、事前に予約をして行ってみよう。このとき、自分の予算でどんな部屋を借りられるのか、相場が分かっていると話がスムーズに進む。

 3.気になる物件を内見
希望条件に近い物件情報があり、内見ができる状態なら、物件見学へ。ここで「この物件がいい」「もう少し探してみよう」という判断ができるかどうかは、1のステップ次第。予算内で住める部屋の相場をしっかり把握できていれば、後悔のない判断ができそうだ。

物件の申し込み、入居審査から契約、入居までの流れ

【時短のコツ】必要な情報・書類を先回りして用意する

 4.申し込み
住みたい物件が見つかったら、即申し込みを。特に進学・就職の時期など賃貸のオンシーズンは、迷っている間に他の人に先を越されることも多いので注意。入居申込書に、入居希望者と親など連帯保証人になる人の住所・氏名・連絡先、勤務先、年収、勤続年数などを記入するので、事前に調べておこう。

 5.入居審査
貸主(不動産会社または大家さん)が入居希望者の書類の内容に基づいて審査。主に家賃の支払い能力があるかどうかを見るため、収入を確認することが多い。進学する人は合格証明書、就職する人は内定通知書など、入手できる書類は入手しておくとスムーズだ。

 6.契約
入居審査が終わると、契約内容や物件に関する確認をして契約。入居者の住民票、連帯保証人の住民票や印鑑証明書、収入の証明書(申し込み時点で必要な場合もある)、運転免許証や健康保険証のコピーなどをそろえる必要がある。住民票や印鑑証明書は有効期限が3カ月なので、契約日に有効であることも確認を。郵送のやりとりを含め、入居審査後1週間ほどかかる。これも先回りして書類を用意しておくとスムーズに進む。
特に、現在の居住地と部屋を借りるエリアが離れている人は、必要な書類をそろえるのに時間がかかるケースもあるので、早め早めの準備が鉄則だ!

 7.引き渡し・入居
鍵の引き渡しは、契約が終われば即日OKのことも。実際の入居日に合わせて設定する。

新入学生必見!受験シーズンは部屋探しのオンシーズン。親と協力してスムーズな部屋探しを

地方から進学する人の場合など、親が子どもに代わって部屋探しをするケースも。

このとき「親が気に入った物件でも、子どもが気に入らないということがよくあります」と伊部さん。「予算が決まっていても、その中での選択肢は豊富にあるので、よく話し合いを。親子の意見がまとまらないまま不動産会社に行っても、スムーズに進みません」

イラスト
部屋探しをする前には、親と子の意見のすり合わせておくことが重要(イラスト/つぼいひろき)

合格が決まってから入居日までに余裕がない場合は、「物件の問い合わせをしながら、親切にしてくれそうな不動産会社を絞っておくのもおすすめ。希望の物件がなくなったとしても、不動産会社とのつながりができていれば、スムーズに次の物件探しに進めます」

イラスト
親が子どもに変わって部屋探しをする際は、子どもの希望をよく理解して(イラスト/つぼいひろき)

進学・就職での部屋探しは、入居者も不動産会社もドタバタ。そんななかで満足できる物件を見つけ、契約、入居までをスムーズに進めるには「不動産会社にとってやりとりしやすい相手」になることが重要なポイントのようだ。不動産会社に行く前に希望条件を決め、相場をつかみ、事前に用意できる情報や資料は先回りして取り寄せ、効率よく進めよう。

賃貸物件を探す
中古マンションを探す
新築マンションを探す
新築一戸建てを探す
中古一戸建てを探す
土地を探す
注文住宅の会社を探す
売却査定する
リフォーム会社を探す
カウンターで相談する
ハウスメーカーを探す
工務店を探す
取材・文/前川ミチコ イラスト/つぼいひろき
公開日 2019年02月13日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション選びと会社選びをサポートします。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る