部屋の最適な湿度は?カビや結露、乾燥で悩まない部屋探しのポイント

部屋の最適な湿度は?カビや結露、乾燥で悩まない部屋探しのポイント

湿度は高過ぎるとカビの原因になったり、低過ぎると喉を痛めて風邪の原因になったり。部屋の湿度コントロールって難しいもの。できるだけ最適な湿度で暮らすための、部屋選びのポイントや、暮らし方のポイントをプロに聞きました。

部屋の湿度、最適なのは何%?

室内で快適に過ごせる目安は湿度40%~60%

室内で快適に過ごせる湿度は40%~60%といわれています。しかし、外の湿度が80%、90%と高くなる梅雨時期や雨の日は室内の湿度もぐんと上がります。逆に、エアコンやストーブで暖房を使用する冬には、30%を切ったり、20%台になるなど湿度はぐんと下がります。室内の湿度は、季節や暮らし方で変動するのです。

湿度は過ごしやすさだけでなく、私たちの健康面にも影響します。例えば、湿度40%を下回ると喉が乾燥し、気道粘膜の防御機能の低下で、インフルエンザにかかりやすくなります。肌や髪の乾燥も気になります。反対に湿度が60%、70%と高くなるとダニやカビが発生しやすくなります。

特に冬など、風邪予防を考えて、部屋の湿度を高くする人もいます。しかし、これは要注意。
「今問題になっているのは過加湿です。室内の湿気でカビが発生しやすくなりますし、カビはダニのエサになり、健康に悪影響を及ぼします」(一級建築士事務所OfficeYuu代表・Yuu(尾間紫)さん)

カビの胞子はアレルゲンになりアレルギー性の病気や、呼吸器系の病気を引き起こすことも。また、カビで増えたダニもアレルギーの原因になります。

室内の快適な湿度を示した図
湿度は低すぎても高すぎても健康に悪影響(図作成/SUUMO編集部)

ジメジメの湿気に悩まない部屋探しのポイントは?

地面の状態や環境をチェック

室内の湿度は常に変化します。同じ部屋でもジメジメする日もあれば、カラカラに乾燥する日もあるでしょう。でも、賃貸の部屋を探す際には、湿気のたまりやすい部屋は避けたいもの。

まず、チェックしておきたいのは建物が建っている土壌です。泥炭地など水はけの悪いジメジメとした地盤のエリアでは、適切な湿気対策を行っていなければ、地盤の湿気が室内に影響を及ぼし、特に1階の部屋では湿度が高くなることが。建物の基礎のあたりにカビやコケが生えていたり、押入れの中や畳の下がかび臭かったりしたら要注意。

また、敷地内の手入れがされておらず、雑草が生い茂っていると雨上がりに建物周辺の湿度が高くなるほか、地面の乾きも遅くなります。物件見学の際は、建物のまわりも見ておきましょう。

海沿いやすぐそばに川が流れている建物、森や山、植物の茂った崖などが背後にある建物も湿度が高くなりがちです。

物件見学で室内の湿気の影響をチェック

室内の湿度は日によって違います。晴れた日が続いていると、ジメジメしやすい部屋かどうかは体感湿度だけではわかりません。

「部屋にカビやカビの跡がないか、目で見て確かめましょう。壁のビニルクロスのつぎ目や、窓のパッキン部分が黒くなっていることがありますが、これは汚れではなく黒カビのことがあります。洗濯機置き場やキッチンの隅、お風呂などの空気がたまりやすいところや、北向きの部屋はカビやすいのでしっかり確かめましょう。和室の塗り壁がぼんやりと黒ずんでいたら、それもカビです。畳の裏側も確認しておくと安心です」(Yuuさん)

また、洗濯物を室内に干すのも湿気の原因に。ベランダに干せるか、浴室乾燥機があるかを確認しましょう。

カビを見つけた人のイラスト

オンラインで物件見学。湿気は確認できる?

転勤や進学、就職などで遠く離れた場所の部屋探しをする場合、不動産会社のスタッフに現地へ行ってもらい、映像と音声で物件の説明をしてもらう「オンライン内見」や「オンライン物件見学」を利用する人もいるでしょう。

部屋の湿気が気になる人は、事前に間取図を確認。部屋や収納が北向きにあるならオンライン内見時に状態を確認させてもらいましょう。また、部屋の中に空気がこもると湿度も上がりがち。窓の大きさや位置、風が抜けるよう窓が複数あるかもチェックが必要です。

オンライン内見に対応している不動産会社のミニミニでは、部屋を借りたい人の希望に沿って、確認したい部分のアップの映像を送るなどの対応が可能。「部屋の中に空気がこもると湿度も上がりがち。窓が風の通りやすい位置に複数あるか、部屋の隅やサッシ、浴室などにカビがないかなどを、リアルタイムで会話をしながらご確認いただけます。窓の外に湿気がたまりやすい茂みやフェンスがないか、隣の建物が近すぎないかもオンライン内見で確かめることができます」(ミニミニ中央・河内さん)

事前に間取図を確認し、気になることを伝えておくと確認のし忘れを防げます。特に北向きに部屋や収納があるなら、壁や中の状態のチェックが大切です。

オンライン内見・オンライン物件見学についてもっと詳しく
オンライン内見とは?IT重説とは?自宅で部屋探しのメリット、デメリットを解説

湿気に悩まないための暮らし方のポイントは?

嫌なジメジメに悩まずに快適に暮らすための部屋探しも大切ですが、「部屋の湿度を左右する一番のポイントは、暮らし方です」とYuuさん。同じ部屋でも暮らし方によって、湿度は上がったり下がったりするのです。

そこで、まずは「湿度を上げない」ための暮らし方のポイントをYuuさんに教えていただきました。

窓を開けて風通しをよくする

空気がよどむと湿度が上がりカビが生えやすくなりますから、空気だまりをつくらないことが大切です。窓を開けて十分な換気をしましょう。空気の入口と出口があればいいので、窓が複数ない場合でも、玄関ドアが開けられるといいですね。

部屋干しはしない

閉め切った部屋の中で洗濯物を干すと湿度は一気に上がります。ベランダがなく、室内干しをするしかない場合は、浴室乾燥機を活用するのがオススメです。

除湿器や除湿剤を使う

雨の日など洗濯ものが浴室に入り切らず、浴室乾燥機だけでは足りないこともありますから、除湿器も上手に活用しましょう。押入れやクロゼット、洗面室など湿気がたまりがちなところで使用するのもオススメです。シューズボックスなどの収納スペースやシンク下には除湿剤も置いておくといいでしょう。除湿剤はまめに交換を。

家具を壁から離す

家具は、風の流れを遮る位置に置かないこと。そして、壁から少し離して置き、空気が流れるようにすることがポイントです。特にベッドは湿気をもちやすいので、必ず壁との間を空けましょう。

換気扇をきちんと使う

煮物をしたり、やかんでお湯をわかしたりすると、室内の湿度はみるみる上がります。キッチンで料理をする際には換気扇を必ず使うこと。ちょっとお茶を飲むための少量のお湯をわかすときでも、換気扇をオンにして湿気をためない習慣をつけるといいでしょう。

便器や浴槽にはフタを

便器にたまっている水からの湿気は少量ですが、トイレは狭いので影響はあります。便器のフタは必ず閉めること。入浴後、お湯を抜かずにおくなら浴槽にもフタをしておきましょう。

着た洋服はすぐにしまわない

一日着た服は湿気や匂いがついています。そのままクロゼットに入れるとカビの原因になりますから、脱いだ洋服を一時的にかけておく『ちょいかけ』用のコーナーがあるといいですね。スーツは浴室乾燥機で軽く乾燥させるのもオススメです。

観葉植物や水槽は増やしすぎない

植物は鉢の受け皿に水がたまりますし、土は湿っています。気温の高い昼間には植物の葉や茎からも水分が蒸散されて部屋の湿度が上がりがち。観葉植物は癒やし効果もありますが、増やしすぎると湿気の原因になります。熱帯魚などを飼う水槽も同様です。

カビの原因を特定した人のイラスト

カラカラの乾燥に悩まない部屋にするには?

乾燥を防ぐには加湿器を活用

部屋の中でも外でも乾燥を強く感じるのは冬。空気が含むことができる水分量は空気の温度によって変わり、気温が低いほど水分量は少なくなります。水分量の少ない室内で、加湿機能がない暖房を入れると、室温だけが上がり、水分は増えないため相対的に湿度が下がることになります。

「部屋の乾燥を改善するために最適なのは加湿器です」(Yuuさん)というように、乾燥しがちな部屋、特に冬は加湿器を活用しましょう。

室内に洗濯物を干したり、浴槽にお湯をためたりするのもいいでしょう。

「乾燥する部屋で注意したいのは、むしろ加湿のし過ぎです。乾燥を恐れるあまり、加湿器などで湿度を上げすぎるとカビやダニの発生につながります」(Yuuさん)
断熱性の低い窓の場合、冷えたガラスに室内の水分が触れて水になる結露が起き、カビが発生することもあります。

湿度が低過ぎる部屋は健康によくありませんが、過剰な加湿にも注意が必要です。

窓の結露
窓やサッシの結露は窓枠などのカビの原因になる(画像/PIXTA)
まとめ

室内の快適な湿度は40~60%

快適な湿度を保つには、家具の配置や洗濯、料理の仕方など暮らし方が重要

部屋探しでは十分な換気ができる窓の配置になっているかをチェック

部屋の周辺環境も湿度に影響するので内見時に確認を

賃貸物件を探す
中古マンションを探す
新築マンションを探す
新築一戸建てを探す
中古一戸建てを探す
土地を探す
注文住宅の会社を探す
売却査定する
リフォーム会社を探す
ハウスメーカーを探す
工務店を探す
取材・文/田方みき イラスト/いぢちひろゆき
公開日 2020年10月21日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション・建築会社選びをサポートするプロ。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る