部屋の匂いで後悔しない!におわない賃貸物件探しのコツと臭いの消し方

部屋の匂いで後悔しない!におわない賃貸物件探しのコツと臭いの消し方

友人の部屋に遊びに行ったとき、自分の部屋では感じないニオイを感じることがあります。住んでいる人の暮らし方によって、部屋にはさまざまなニオイがついているもの。賃貸では、前の住人が残した匂いが気になることもあります。匂いの原因は何なのでしょう?ニオイに悩まない部屋探しのポイントや、嫌な臭いの取り方を紹介します。

部屋のニオイ、その原因は何?

人が暮らしている部屋にはさまざまな匂いがします。アロマや香水、飾っている花などの良い香りは、ホッとするものですが、生ゴミのような生臭さや、カビ臭さ、複数のニオイが入り交じったその家独特のニオイは気になります。では、家のニオイの原因にはどんなものがあるのでしょうか?

部屋のニオイの原因

「部屋のニオイの発生源はさまざま。キッチンの排水口は油や食品カス、浴室や洗面台の排水口は皮脂や髪の毛などが付着することで、嫌なニオイの元になります。また、排水管のトラップ(排水管の途中に設けられた水のたまる部分。下からの悪臭や外虫などの侵入を防ぐ役割がある)部分のズレや破損で水が溜まっていない状態になると、下水管からのニオイが部屋の中に漂います。キッチンの生ゴミ、押入れやクロゼットに発生するカビなどもニオイの原因です」(一級建築士事務所OfficeYuu代表・Yuu(尾間紫)さん)

S字トラップの写真
排水設備の配管の途中に設けられるトラップ。写真は「S字トラップ」と呼ばれるタイプでカーブしている下の部分に溜まる水がニオイや害虫の侵入を防ぐ(画像/PIXTA)

そのほか、室内の空気がこもりがちな部屋では、料理の匂いや、飼っているペットや住んでいる人の体臭、タバコの煙など、さまざまなニオイが壁や天井、カーテンなどに染み付き、その部屋独特の匂いとなってしまいます。

「換気が不十分だったり、湿度が高い部屋はニオイが強く感じられます。部屋にニオイがするかどうかは、暮らし方が大きく影響するのです」(Yuuさん)

空室になっていた賃貸の部屋がにおうことがあるのは?

部屋探しで賃貸物件をまわっていると、気になるニオイを感じる部屋に遭遇することがあります。残っているニオイが退去後のクリーニングで使用した消毒のニオイなら、時間とともに消えてしまいますが、なんともイヤな臭いがすることも……。

「空室になっている部屋でニオイがする場合、排水口のトラップに原因があるかもしれません。お風呂や洗濯機置き場、キッチンなど、長期間水を流さずにいると排水口のトラップ部分でフタの役割をしていた水が蒸発して、下水のようなニオイが上がってきます」(Yuuさん)

不動産会社の人にニオイが上がってくる箇所に水を流してもらい、ニオイが収まるかどうかを確かめてみるといいでしょう。

排水溝のトラップの説明イラスト

「何の臭いかわからないけれど、部屋がにおう場合は、もしかしたら壁のにおいの可能性もあります。古いビニールクロスの場合、臭いが染みついて、掃除をしても消えない場合があります。これは壁紙を貼り換えると収まります。また築年数が経ったコンクリート住宅の場合は、コンクリートそのものからカビ臭がすることもありますので要注意です」(Yuuさん)

部屋探しでは何をチェックすればいい?

入居後、臭いに悩まないための物件探しで確認したいことは?

部屋のニオイを感じるか、気になるかは個人の感じ方によって違ってきます。ですから、賃貸の部屋探しをするなら、現地で確認するのがベストでしょう。

先ほども触れたように、湿度が高い部屋、換気が悪い部屋はニオイがこもりがちですから、部屋に入ったときに「晴れているのにジメジメしている」と感じたら要注意。また、部屋の窓を開けてみて、外に風の通りを遮るような建物やフェンスがないかも確認しましょう。部屋には方向の違う位置に2カ所以上の開口部があると通風が期待できます。

新築物件ならニオイはしない?

前の住人が飼っていたペットやタバコの臭い、長年少しずつ蓄積したさまざまなニオイを確実に避けたいなら、新築物件から探すのもひとつの方法です。新築なら、排水口もキレイな状態ですし、カビのニオイもしないでしょう。

ただし、気をつけたいのは接着材や塗料などに含まれる化学物質に対して過敏な体質の場合。現在は、シックハウス対策のために有害物質の使用禁止や制限をする法律が定められているため、昔の新築の家で感じたような強い接着剤のニオイを感じることは少なくなっています。しかし造り付けの家具に使用されている接着材や塗料から、ニオイがすることがあります。気になる場合は、こまめな換気でニオイを追い出すことが必要です。

新築の部屋に満足している人のイラスト

オンラインで物件見学。現地で確認できない場合は?

部屋のニオイを確認したくても、転勤や進学、就職などで遠く離れた場所の部屋探しをしていて、自分で確認ができないという人もいるでしょう。

その場合、間取図や写真だけで物件を決めてしまわずに、自分の代わりに不動産会社のスタッフが現地へ行き、映像と音声で物件の説明をしてくれる「オンライン内見」「オンライン物件見学」を利用するのもオススメです。

オンライン内見に対応している不動産会社のミニミニに伺うと、「ニオイの気になる・気にならないは、個人の感覚によるところが大きいため、オンラインでお伝えするのは難しいポイントですが」と前置きしたうえで、「部屋のニオイが気になる場合は、事前にお伝えください。リアルタイムで会話をしながら室内をご案内できますから、窓の位置や数、大きさ、窓の外に建物や茂みなど通風の邪魔になりそうなものはないかなどを映像でご確認いただけます」(ミニミニ中央・河内さん)とアドバイスをしてくれました。

オンライン内見・オンライン物件見学についてもっと詳しく
オンライン内見とは?IT重説とは?自宅で部屋探しのメリット、デメリットを解説

ニオイを解消する方法は?

物件探しのときには気にならなかったのに、暮らし始めてみると、部屋になんらかのニオイがあり、気になってしまう……。対処方法は、ニオイの原因によってさまざまですが、ここではよくある原因別に、ニオイの解消法を紹介しましょう。

水まわりのニオイの解消

キッチンや洗濯機置き場、浴室などの排水管のトラップ部分に、常に水がたまるようにし、また汚れが臭いの原因であることが多いので、ていねいな掃除を心掛けましょう。
「日々の掃除が大切です。まとめて掃除をするより、まめにキレイにするほうがラク。排水口の掃除方法は設備機器の機種によって違っています。備え付けの取り扱い説明書を確認してお手入れをしましょう。物件によっては定期的に排水管洗浄が行われますから、きちんと洗浄してもらうようにしましょう」(Yuuさん)

トイレの掃除

「トイレは、便座と便器のすきまや、床と便器の境目に汚れが残り、ニオイの原因になります。忘れずに丁寧に掃除をすることが大切。また、ビニールクロスはニオイがつきやすいので、壁も丁寧に拭きましょう」(Yuuさん)

カーペットや壁、天井の掃除

床や壁、天井などは面積が大きくニオイの原因にもなりやすいので、特にニオイのつきやすい素材の場合は、中性洗剤を薄めたもので拭き、水拭きで仕上げましょう。素材によっては変色することもあるので、隅の目立たない場所で試してから拭くと安心。カーペットの場合は洗浄だけでなく消臭作用もある重曹も使用できます。粉のままの重曹をまいてから軽くこすり、掃除機で吸い取ればOKです。

カーペットを掃除する人の写真
カーペットや壁は中性洗剤を薄めたものでこまめに掃除(画像/PIXTA)

ニオイをためこまない暮らし方は?

「ニオイが部屋につくのを防ぐために、いちばん重要なのは暮らし方です」とYuuさん。十分な換気をして湿気やニオイを部屋から追い出すこと、こまめな掃除でニオイの発生源になる汚れをためこまないことが大切だそう。そこで、ニオイが部屋につかないようにするための、日々の工夫を紹介します。

カーテンなどの布製品の洗浄

「布にはニオイがつきやすいため、布製のソファやカーテン、クッションなど、布ものが多い室内はニオイが残りがちです。カーテンはこまめに洗濯。ソファやカーペットなど洗濯できないものは、目立たないところで試してから洗剤を含んだタオルで拭き上げる『拭き洗い』を」(Yuuさん)

エアコン内部の洗浄

カビが内部に発生しがちなエアコン。ニオイだけでなく、カビの胞子はアレルギー性鼻炎やぜんそくなどの要因となります。内部の洗浄が欠かせませんが、最近のエアコンは精密なものも多いので、賃貸の場合は管理会社に相談のうえ、専門の会社に依頼するのが安心です。

十分な換気

2003年の建築基準法の改正で、賃貸住宅も含む新築住宅には24時間換気システムの導入が義務づけられています。「電気代がもったいないからと、24時間換気システムのスイッチを切ってしまう方がいます。最近の住宅は気密性が高く、十分に換気をしなければカビの胞子やウイルスなどで室内の空気が汚染された状態になります。換気システムは常時運転させましょう」(Yuuさん)

また、冷暖房効率が落ちそうだからと吸気口を閉めてしまう人がいますが、部屋の空気を入れ替えるには吸気口から外気を取り入れることが必要です。吸気口は開けたままにすること、そして、ゴミやホコリがたまって換気効率が下がらないようにするためフィルターの掃除や交換も忘れずに。

吸気口の写真
部屋の中に外気を取り入れるために必要な吸気口(画像/PIXTA)

しっくいや珪藻土のタイルを活用

しっくいや珪藻土などを使った壁材には室内の消臭や湿度調整を行う性質があります。賃貸住宅の場合、自分で壁材を張り替えることはなかなかできませんが、タイル状になったものを玄関の床やシューズボックス、キッチンや洗面台のシンクの下に敷くのもオススメです。

料理を始める前から換気扇を使用

肉や魚を焼いたり、揚げ物をしたりするとニオイが室内に漂います。「ニオイを軽減するために、換気扇を上手に使いましょう。料理を始める10分くらい前から換気扇をまわして室内に空気の流れをつくります。料理のあとも30分くらいは換気をしておきましょう」(Yuuさん)

掃除をこまめにしたほうが汚れが落としやすいのと同様、部屋のニオイを解消するための掃除や換気、住宅設備のお手入れもこまめに行って、部屋のにおいを解消しましょう。

まとめ

部屋のニオイの原因はさまざまだが、水まわりの排水口に注意

賃貸物件探しでは、現地での確認がベスト。現地へ行けない場合はオンライン内見で通風などをチェック

ニオイに悩まない部屋を保つには、まめな掃除と暮らし方の工夫がポイント

賃貸物件を探す
中古マンションを探す
新築マンションを探す
新築一戸建てを探す
中古一戸建てを探す
土地を探す
注文住宅の会社を探す
売却査定する
リフォーム会社を探す
カウンターで相談する
ハウスメーカーを探す
工務店を探す
取材・文/田方みき イラスト/竹村おひたし
公開日 2020年10月19日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション・建築会社選びをサポートするプロ。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る