女性の一人暮らしはオートロックが安全?安心の賃貸選びと防犯対策を伝授!

女性の一人暮らしはオートロックが安全?安心の賃貸選びと防犯対策を伝授!

女性が一人暮らしをするときはどのようなことに気をつけるべきなのでしょうか。賃貸マンション・アパートは、オートロック付きを選ぶべき?でも、オートロックがついていれば安心なの?そのほかに注意する点は?犯罪が増えている今、自分も親も安心できる賃貸物件選びのポイント、被害に遭わないための防犯対策など、気になることを防犯ジャーナリストの梅本正行さんに教えてもらいました。

オートロックとは?どんなシステム?

オートロックとはどんなシステム?どうやって出入りするの?

初めて一人暮らしをする方は、オートロックとはどんなものか知らない方も多いかもしれません。オートロックとは、インターホンと連動する電気錠を備え、玄関ドアの施錠や解錠を自動で行うシステムです。

オートロック付きマンション・アパートのエントランスにある共用玄関ドアは、普段はロックされています。入居者・来訪者が出入りするときの流れは以下の通りです。

・住人がマンション・アパートに入るとき……専用の鍵や暗証番号などを使ってドアを解錠する

・住人がマンション・アパートを出るとき……ドアの内側に近づくとセンサーが反応して自動または押しボタンでドアが開き、ドアが閉まると自動で施錠される

・友人、宅配業者らが来訪したとき……来訪者はエントランスの集合玄関機の押しボタンに部屋番号を入力して呼び出し、入居者がインターホンで来訪者の顔や声を確認してオートロックを解錠する

つまり、オートロックは、住人や住人が許可した人だけが建物内に入ることができて、不審者や勧誘員など知らない人が建物に入るのを防ぎ、防犯性を高めるシステムです。

東京都安全安心まちづくり条例にもとづいた「住宅における犯罪の防止に関する指針」においても、「共用玄関に各住戸と通話可能なインターホン及びオートロックシステムが導入されていること」が「犯罪の防止に配慮した住宅の構造及び設備等に関する基準(共同住宅)」のひとつとして挙げられています。

オートロックシステムによる玄関ドアの解除の仕組み
オートロックのシステム図解
来訪者が訪れたときのオートロックシステム解除の仕組み・概念図 ※物件により異なります(画像提供/野村不動産)
オートロックの玄関の写真
誰でも出入りできるドアの先に共用玄関ドアがある(画像提供/PIXTA)
集合玄関機の写真
エントランスの集合玄関機(画像提供/PIXTA)

オートロックの鍵の種類と解除方法

オートロックシステムの鍵・オートロックの種類は大きく分けて4つあります。

【オートロックシステムの鍵の種類】

・集合キー式……部屋の鍵と共用で、差し込み型の鍵でオートロックを解錠します。鍵のパターンが一致すれば開くため、複製されるリスクがあります。

・暗証番号式……テンキーで暗証番号を入力して解錠。鍵を持ち歩く必要がなく、紛失や締め出されるリスクがありません。

・カードキー式……カードをカードリーダーにかざす磁気カード式と、埋め込まれたICチップをセンサーにかざして読み取る非接触ICカード式があります。ICチップをスマホ・携帯電話に搭載して、スマホを鍵にできる場合もあります。複製が困難で、入退出の履歴管理ができるメリットがあります。

・生体認証(指紋認証・顔認証式)……あらかじめ登録した指紋データや顔データを鍵として使うシステム。不正解錠は限りなく困難ですが、肌荒れなどが原因で正確に読み取れない場合も。費用が高いため、一部の高級マンションのみに導入されています。

スマホで解錠しようとする人の写真
スマホをかざすことでエントランスを開ける最新のシステムもある(画像提供/PIXTA)

賃貸マンション・アパートでは、オートロックシステムはどの程度普及し、どんな種類が採用されているのでしょうか。防犯ジャーナリストの梅本正行さんに聞くと「オートロックシステムはマンションではだいぶ普及していますが、アパートでは2割~2.5割以下です。圧倒的に多いのは歴史の長い集合キー式、暗証番号式ですがセキュリティ面で弱点があり、その弱点を補う非接触カード式、生体認証を使ったものが出てきています。

集合キー式、暗証番号式より防犯性が高い最先端の顔認証、カードキー式がオススメですが、地方ではオートロックがついていないところが多いですし、ひと縛りでは語れません」と話しています。

オートロック付きの賃貸マンション・アパートは安全?

オートロック付きでも入居者以外が建物内に入ることができる

梅本さんによると、「オートロックがついていない物件は、堂々と正面から入れるので、オートロック付きより犯罪被害件数は多いです」、とのこと。しかし、オートロック付きでも入居者以外がエントランスから建物に入る3つの方法があるそう。

「住民がエントランスドアを開けてから閉まるまで、10秒ほどの時間があります。そのわずかな隙を狙って住人の後についてきて入る『共連れ(ともづれ)』、風除室で電話をしているふりなどを装って待ち伏せして、住人が建物から出るときにすれ違いで入る『入れ違え』があります。そして、犯罪のプロは、身近なものを使ってドアの内側のセンサーを作動させてオートロックを開けることもできてしまいます」

共連れのイラスト
エントランスが開くときに後ろから不審者がついてきて建物に入る「共連れ」

オートロックは犯罪抑制にひと役買っていると言えますが、盲点もあります。「オートロックがついているから安心」と過信しないで、建物に出入りするときは周りを見て開錠しましょう。

オートロックより大事な防犯意識と鍵、ドアガード

あなたは、ゴミ捨てや近所に買い物に出るとき、「すぐに戻るから大丈夫」と部屋の鍵を締めずに出かけていませんか。「面倒だから鍵を掛けないタイプか、誰も入ってこないと油断しているタイプか、どちらかです。部屋から一歩でも出るときは施錠する習慣を身に着けましょう。

実は、出かけるときに部屋の鍵を掛けない人は3割近くもいると言われています。オートロックがついている物件はとりあえずオススメですが、オートロックは防犯のひとつのツールにすぎないので、過信は禁物です。オートロックの有無より、自分の防犯意識が最も大事です」。以下は、梅本さんに教えてもらった、オートロック以外の防犯性が高くなる条件です。

住戸の玄関横にもカメラ付きインターホン

エントランスのインターホンにカメラがついていること。かつ、住戸の玄関ドアの横にもカメラ付きのインターホンが設置されている場合は防犯性が高いです

インターホンに応える人の写真
住戸内のインターホンを操作して来訪者の顔と声を確認(画像提供/PIXTA)

玄関ドアはツーロックタイプ

1つの玄関ドアに鍵が2つついているワンドア・ツーロックタイプは、ピッキングやロックを不正解錠するのに時間がかかるため、比較的安全性が高いです。同じ種類の鍵が2つではなく、鍵穴がついた鍵と自動的にロックされる電子錠がついている部屋がオススメです。

鍵がツーロックタイプでない場合は、不動産屋さんか大家さん、管理会社に相談を。許可が下りれば、自分でつけることができます。ドアが閉まったら自動的に施錠される種類の鍵もありますので、カギ屋さんに相談しましょう。

ドアガード付きの玄関ドア

女性の一人暮らしはネット通販で買い物をする機会が多く、来訪者に慣れて警戒心が薄れています。最近は、警察や宅配業者を装った犯罪が増えているため、住戸の玄関ドアにドアガードがついている物件を選び、外出から帰ったら鍵をかけるついでに、ドアガードもセットすることを習慣にします。

人が来てもドアガードをしたまま対応して、宅配荷物の伝票や警察手帳を見せてもらうなどして「間違いない」と思ったら初めてドアガードを外して鍵を開けるようにしましょう。

「性善説ではなく性悪説で、まずは疑うことが必要。犯罪被害に遭わないためには、ひと手間ふた手間を惜しまないで」と梅本さん。毎回施錠し、ドアガードをセットする、ツーロックドアにするなどは、オートロックの有無にかかわらず犯罪防止に有効です。

ドアガードの写真
玄関ドアの室内側のドアガードはU字型とチェーンタイプがある(画像提供/PIXTA)

オートロック外で起きる犯罪は窓からの侵入が圧倒的

犯罪はオートロック外から多く起きていると梅本さんは指摘。犯罪者は正面ではなく、建物の裏や駐輪場、駐車場など、人目につかないところから入ってきます。どこから侵入してくることが多いのか、梅本さんに教えてもらいました。

裏門、非常口など

塀や柵がない、高さが低い、裏門や非常口から簡単に建物内に入れる場合は、安全とは言えません。また津波避難対策などで、非常用の外階段から建物内に入る扉に鍵がかかっていないマンションもあります。

窓からの侵入が6割以上

下の警視庁のデータをみても、侵入犯罪者のうち窓からの侵入が63.4%と圧倒的に多いことがわかります。女性の一人住まいで最も気をつける場所は玄関より窓、ベランダなのです。

住宅対象侵入窃盗の侵入口
住宅対象侵入窃盗の侵入口
住宅対象侵入窃盗とは「一戸建て住宅」「その他の住宅」「中高層(4階建て以上)住宅」を対象とした空き巣、忍び込み、居空きのこと(出典:警視庁「2019年中の住宅対象侵入窃盗の発生状況)2020年9月2日時点
共同住宅の侵入口(2019年)
1位 2位
共同住宅(3階建て以下)
総数6,186件

49.8%
表出入口
36.9%
共同住宅(4階建て以上)
総数2,364件
表出入口
57.0%

29.8%
3階建て以下の共同住宅では窓からの侵入が約5割、4階建て以上は約3割(出典:警察庁「住まいる防犯110番」)

「無施錠」の次に多いガラス破りと合かぎ

共同住宅は、中高層住宅(4階建て以上)よりも低層住宅(3階建て以下)の方が侵入件数が圧倒的に多く、特に低層住宅で窓ガラスが狙われることが多いです。

侵入手段で最も多いのが、無締り(無施錠)です。無施錠の次に、ドア錠などを工具で開錠して侵入する「不正解錠」やガラスを割ったり破ったりして侵入する「ガラス破り」も多く発生しています。その他、合かぎ以外にピッキング、サムターン回しなどの施錠開け、ドア錠破り、戸外しなどもあります。

共同住宅の侵入手口(2019年)
1位 2位 3位
共同住宅(3階建て以下)
総数6,186件
無締り
47.1%
ガラス破り
28.0%
合かぎ
8.8%
共同住宅(4階建て以上)
総数2,364件
無締り
44.7%
合かぎ
16.6%
ガラス破り
15.0%
共同住宅の形態に関わらず無締りが4割以上も。玄関や窓は施錠を習慣に(出典:警察庁「住まいる防犯110番」)

防犯性能が期待できない「網入りガラス窓」

住居内に侵入しようとする人の写真
バルコニーから侵入する犯罪者のガラス破り(画像提供/PIXTA)

侵入犯罪で多い窓の「ガラス破り」対策はどのように行えばいいのでしょうか。「網入りガラスは安全と思っている人が多くいますが、網入りガラスは火災のときにガラスが割れて飛び散るのを防止するためのもので防犯上は意味がありません」(梅本さん)

強化ガラスは耐風圧に対する強度を目的としたもので、防犯性は高くありません。網入りガラス、強化ガラスともに防犯性は普通の板ガラスと同様です。防犯性が高いのは、防犯ガラスか専門の施工業者が貼った防犯フィルム(いずれも「防犯建物部品目録」に掲載されているもの)です。真夏も窓を開けて寝ることは禁物です。外出時、就寝時はすべての窓に鍵をかけ、窓に鍵付き補助鍵をつけたり、防犯フィルムを貼りましょう。

安全な賃貸アパート・マンション探しのチェックポイント

防犯カメラはどこについていると安心できる?

犯罪抑止効果がある防犯カメラはどこについているといいでしょうか。「エントランス入口、集合ポスト、エントランスホール、エレベーター前、エレベーターの中、非常階段。またエレベーターのかごの映像が1階のエレベーターホールのモニターに映ると安全性が増します。また駐車場と駐輪場にもカメラがあり、明るいかどうかも大事です」と、梅本さん。

防犯カメラが設置された住宅の写真
防犯カメラが敷地内の要所に設置されていると安心(画像提供/PIXTA)

同じマンションの同じフロアに住む人は、家族構成や生活スタイルを把握しやすく、過去には同じフロアの人に襲われた事件もありました。理想ですが、各階の通路に防犯カメラがあると、かなり防犯性が高いです。

物件内見時に確認したい犯罪者に狙われがちな場所

少しでも犯罪被害に遭う確率を下げるためには、犯罪者に狙われにくい物件を選ぶことが大切です。物件内見時にチェックしたいポイントを見ていきましょう。

人が雨どいに登った跡はないかチェック

空き巣は雨どいを登ってベランダに侵入することが多いそう。建物の外を見て、2、3階に簡単に登れるような雨どいはないか、雨どいに指の跡や足でこすったような跡がないかを確認します。

集合ポストの鍵が閉まっているかチェック

エントランス近くの集合ポストにはダイヤル式の鍵がついていますが、大きな事件が起きている物件では3割以上が鍵をかけていなかったそうです。「ダイヤルを回さずにそのまま引っ張って開く場合は鍵がかかっていません。20戸の物件で6戸以上鍵が開いていたら住人の防犯意識が低い証拠なので、住むのはやめた方がいいです」(梅本さん)

集合ポストの写真
マンションの集合ポストは施錠状態をチェックする(画像提供/PIXTA)

ベランダに立って周辺施設をチェック

賃貸物件の内見時には、ベランダに立って外に何が見えるかを確認します。両手を160度くらい広げたとき、視界の中に公園や駐車場があるかどうかをチェックします。公園が目の前にある部屋、駐車場が近い部屋、見晴らしがいい部屋は一見魅力的ですが、部屋から見える場所からは、部屋を見られる可能性も高いのです。「実は公園から部屋の様子を下見して狙いをつけるケースが多い。また駐車場に車を停めて様子をうかがう手口があり、駐車場から見える家は犯罪被害率が高いです」(梅本さん)。公園、駐車場と同様、コンビニから情報をとり狙う犯罪者も多いので要注意です。

周辺施設を確認する人のイラスト
物件内見時にはベランダに立って両手を160度広げ周辺施設を確認

女性の一人暮らしで特に注意・実践したい防犯対策

空き巣と並んで、一人暮らしの女性が狙われやすいのが暴行、下着泥棒、盗撮などの性犯罪です。女性が1人で住んでいることがばれない生活を心がけ犯罪を抑制しましょう。

照明器具を防犯ツールとして活用

夕方以降、部屋が真っ暗になり不在だとわかる状況は危険です。道路から見える部屋は室内灯を点けっぱなしにして出かけましょう。LED電球にすると電気代が節約できます。また、タイマー付きのリモコン照明や照明スイッチを採り入れ、夕方に照明が点くようセット。レースのカーテンはしっかり閉めて、厚手のカーテンは10cm~15cm位開けて、室内の光が外に漏れるようにします。

室内の様子が見えないカーテンを

レースのカーテンだけで生活をするのはNG。ミラーカーテンは、外の光を入れつつ外から中の様子が見えないので防犯対策に有効です。

女性用の下着は室内干し、男物の洗濯物や靴も用意

下着類は必ず、洗濯物もできるだけ室内干しに。ベランダに干すときは、男性用も一緒に干します。また、玄関に男物の靴を置いたり、集合ポストに男性の名前を書くなど、男性も住んでいるように見せかけます。

ゴミは個人情報を消して朝に捨てる

何気なく捨てているゴミには、名刺、領収書、薬、診察券など、個人情報がたくさん含まれ、実は情報の宝庫。ゴミを捨てるときはシュレッダーにかけ、個人情報がわからないようにします。また、ゴミの中身を見られないよう、前日の夜ではなく、収集日の朝に捨てましょう。

挨拶や声がけで不審者の侵入を抑制

同じマンション・アパートの住人に会ったら挨拶をして顔見知りになっておくと何かのときに情報交換や協力がしやすく、住民と住民でない人の判断もしやすくなり、防犯効果につながります。隣近所やよく行くお店の人ともコミュニケーションをとっておくと、困ったときに相談しやすいでしょう。

下町など人の目が多い街、環境を選ぶ

マンションが乱立するような場所は、隣の人の顔も知らない人が多く、防犯上はオススメではありません。昔から住んでいる方が多い下町は人の目が多く、犯罪者が徘徊しにくい環境です。各警察署が発表している犯罪統計を見ると犯罪発生率が高い場所がわかるので、参考にしましょう。

女性が賃貸マンション・アパートで一人暮らしを始めるとき、オートロック付きを選ぶのは第一関門としてオススメです。けれども、オートロック付きエントランス以外からの侵入経路はさまざまで、オートロックや防犯カメラ付きだからと安心しすぎることはかえって危険です。

オートロックの有無よりも大事なのは、玄関と窓の施錠の徹底、防犯意識です。侵入犯罪者に狙われやすいポイントをおさえて安全な物件を選びましょう。そして、女性の一人暮らしだとわからない防犯生活を当たり前の日常にして安全・快適な暮らしを送りましょう。

まとめ

オートロックは犯罪抑制には役立つが、過信は危険

玄関の施錠を徹底。ツーロックドア、ドアガード付きで防犯性がアップ

エントランスより窓からの侵入犯罪に注意しすべての窓を施錠する

防犯意識を高く持ち、性悪説を原点に心にも鍵をかける

賃貸物件を探す
中古マンションを探す
新築マンションを探す
新築一戸建てを探す
中古一戸建てを探す
土地を探す
注文住宅の会社を探す
売却査定する
リフォーム会社を探す
カウンターで相談する
ハウスメーカーを探す
工務店を探す
取材・文/佐藤由紀子 イラスト/青山京子
公開日 2020年11月11日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション選びと会社選びをサポートします。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る