賃貸契約の名義変更ってできるの? 手続きの相手と方法、費用まで解説します

賃貸契約の名義変更ってできるの? 手続きの相手と方法、費用まで解説します

賃貸物件で暮らすときには契約者の名義人欄に名前を記入して、賃貸借(ちんたいしゃく)契約を結び、生活をはじめます。では、暮らしはじめてから契約者の名義を変更したいときにはどうしたらよいのでしょうか。どんなときに名義変更が必要となるのか、手続きする相手や流れ、金額について不動産会社に聞きました。

そもそも賃貸の名義変更ってなに? しないとどうなるの?

部屋を借りるときには、借りる人(借主)と、大家さん(貸主)で賃貸借契約書を交わしています。賃貸借契約書には物件の住所や広さ、大家さんの名前、借りる人の名前などが書かれていますが、この契約書に記載された契約者の名義(名前)を変更することを「名義変更」といいます。

賃貸の名義変更はどんなときに必要?

では、名義変更が発生するときはどのようなときなのでしょうか。
「例えば、夫名義で借りていたのを妻名義に変えたい、法人契約していたものを個人名義で契約したいなどがあります。私の感覚では、会社の住宅補助にかかわるご相談が多いと感じています」と話してくれたのはジェクト 不動産部の遠藤祐太さん。

ひと口に名義変更といっても、結婚や離婚、転職、就職などにまつわることが多いため、人の数だけ事例があるそう。さらに、名義変更の手続き/考え方については大家さん、管理会社によって幅があるのが現状だそう。ただ、名義変更が必要となった時点で、早めに相談したほうがいいと遠藤さんは話します。

「借りている側は『契約者の名前を変えるだけ』だと思っていても、新しい契約が必要になる『新規契約』になることもあります。契約者の名前だけでなく人が変更になるということは契約の根本がかわることになり、想像以上に時間やお金がかかることもあるので、まずは自分のケースが名義変更になるのかを自己判断せずに問い合わせてみて」とアドバイスします。

賃貸借契約書の写真
(画像/PIXTA)

賃貸の名義変更をしないとどうなる?

ちなみに、名義変更を行わないで、契約者の名義人と住んでいる人が異なる状態になってしまうとどうなるのでしょうか。賃貸物件では契約者と入居者が異なることはよくあるものの(例:居住者は学生、契約者名義は親)、契約書の名義と現状とが異なる状態では、最悪、「賃貸の名義貸し」と判断され、退去を求められることもありえます。

また、「会社の家賃補助を受けるのは社員が契約者名義になっている必要が多いもの。契約者名義になっていないと、受けられるはずの家賃補助が受けられないのはとても損ですよね」と遠藤さん。面倒がらずに手続きをするのがよさそうです。

これは名義変更が必要なの? 具体的な例を解説

では、名義変更が発生するケースについてチェックしていきましょう。

個人→個人に名義変更するケース

【1】結婚・離婚で氏名が変わったが住まいには住み続けたい
→契約者本人は同一人物。氏名が変わったので「名義変更」の手続きをします。

【2】夫または妻が転職、住宅補助を受けるために名義を変更して住み続けたい
→同一世帯内とはいえ契約者が変更になるケースです。会社によっては別人物と契約のため、現在の契約をいったん終わらせてから、「新規契約」を結ぶことが多いようです。

【3】親が契約、子どもが就職したので子どもの名義に変更したい
→住み続けているのは同一人物。ただし、契約者が変わるため、現在の契約をいったん終わらせてから、「新規契約」を結ぶことが多いようです。

【4】シェアハウスで契約。契約名義人は退去するが、他の住人は住み続けるのを希望しているため、名義を変更して住み続けたい
  →現在の契約をいったん終わらせてから、「新規契約」を結ぶことが多いようです。

法人→法人に名義変更するケース

【1】契約していた法人の名称が変更になった
→契約者本人は同一人物。会社名/法人名の変更なので「名義変更」の手続きをします。

【2】会社が社宅代行業者を変更したため、現在の法人名義から社宅代行業者名義へ変更したい
→不動産会社によって判断が分かれるため、相談してみましょう。

法人→個人に名義変更するケース

【1】借り上げ社宅で暮らしていたが、転職ないし会社が倒産。入居者はそのまま住み続けたい
→契約者本人は同一人物。法人契約をいったん終わらせて新規契約を結ぶことが多いが、管理会社の判断は分かれるようです。

捺印した賃貸借契約書の写真
(画像/PIXTA)

賃貸の名義変更についての相談は誰にすればいい?

賃貸の名義変更には、名義の変更と新規契約の2つがありますが、まずは誰に相談すればよいのでしょうか。

「お住まいの不動産を管理している『管理会社』にご相談ください。もし、管理会社がわからなければ、賃貸借契約書を見てください。管理会社の名称と連絡先、もしくは大家さん自ら管理している自主管理であれば大家さんの連絡先が記載されています」(遠藤さん)

管理会社は電話だけでなく、WEBで申し込みができることもあるようです。まずは一度問い合わせをして、必要なもの、書類などについて聞いてみましょう。

賃貸の名義変更の手続きの流れは?何が必要?

次に、名義変更で行う手続きの流れ、必要なもの、金額について整理しましょう。

名義変更のみの場合

【1】 管理会社に一報、来店日時を決める

【2】 名前変更がわかるものを持参(本人確認書類など。必要なものは会社によって異なるので問い合わせ)

【3】 来店して変更契約、覚書といった書類に記入
(家賃保証会社の保証料、火災保険料などの名義も変更する)

上記の契約では、契約期間のほか、敷金や礼金、家賃保証、火災保険などの契約も継承することが多いようです。

「単に名前を書き換える名義変更では、『名義変更手数料』などの名目で数万円などが必要になることが多いと思います。金額は先に聞いておくとよいでしょう。また振り込みになるのか、手続き時に支払うのかを確認しておくとよいですね」(遠藤さん)

新規契約となる場合

新規契約とは現時点の賃貸借契約を終わらせて、審査を経て、再契約することをいいます。通常の物件契約と同様、審査も行われますし、敷金・礼金、火災保険料、家賃保証料、町内会費などがあらためて発生します。

「契約者の名前を変更するだけと思っている人が多いのですが、契約者が変われば当然、契約をしなおさないといけません。想像していたよりも費用がかかるといわれることが多いものです」(遠藤さん)

【1】管理会社に一報、来店日時を決める

【2】訪問して現在の契約を解約、契約者の申込を行う
※来店時に解約をして、申込を一度に行います。先に申し込みを行ってしまうと、二重契約とみなされ保証会社の審査が通らなくなってしまう可能性があるので注意を。
※顔写真つきの本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)などを持参する。会社によって異なるので詳細は確認を

【3】新規契約者の内容で大家さん、家賃保証会社、不動産管理会社が審査

【4】審査に通ったら、不動産会社で重要事項説明を受け、契約する

【5】家賃などを入金する

カレンダーのイメージ
(画像/PIXTA)

賃貸の名義変更にはいくらかかる?

かかる金額ですが、敷金や礼金、家賃保証料や火災保険料、仲介手数料などによって異なりますが、家賃1~2カ月分と想定しておくのがよさそうです。ただ、実態としては不動産会社によって判断が分かれることも多く、家賃保証会社によっては結婚しているのであれば保証料不要、敷金は返還せずに新しい契約に充当する、火災保険料は月割で返還するなどのケースもあるそう。不動産管理会社、家賃保証会社、火災保険会社によって千差万別なのが現状なので、きっちりと確認をしましょう。

賃貸の名義変更かかる期間は?

かかる時間は必要な書類がそろっているときで1カ月程度、必要書類を集めて提出したり、大家さんや家賃保証会社の審査などに時間がかかると2カ月程度が目安だそう。

就職や転職、結婚、離婚、同居など、新しい生活をはじめるときはなにかと慌ただしく、さまざまな手続きが必要となります。ただ、賃貸借契約の名義変更は忘れずに行い、気持ちよく暮らしたいものですね。

まとめ

賃貸借契約中に契約者の名前を変更することが「名義変更」にあたる

家族でも契約者が変更になる場合は「新規契約」になるため、初期費用がかかる

「新規契約」になる場合、費用として家賃1~2カ月分が求められることも

賃貸物件を探す
中古マンションを探す
新築マンションを探す
新築一戸建てを探す
中古一戸建てを探す
土地を探す
注文住宅の会社を探す
売却査定する
リフォーム会社を探す
カウンターで相談する
ハウスメーカーを探す
工務店を探す
取材・文/嘉屋恭子
公開日 2020年11月18日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション選びと会社選びをサポートします。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る