沖縄県版 気になるランキング『あなたが県内で住みたい市郡は?』

沖縄県版 気になるランキング『あなたが県内で住みたい市郡は?』

沖縄県民が選ぶ「県内で住みたい市郡」は、県庁所在地「那覇市」!本島と離島が入り乱れる結果に

あなたが県内で住みたい市郡は?

(複数回答)

  1. 1|那覇市|49.8
  2. 2|宜野湾市|23.8
  3. 2|浦添市|23.8
  4. 4|八重山郡|15.5
  5. 5|豊見城市|14.1
  6. 6|宮古島市|13.0
  7. 7|中頭郡|12.6
  8. 8|名護市|10.5
  9. 8|沖縄市|10.5
  10. 10|石垣市|10.1

※上位10位まで表示

沖縄県民が選ぶ「県内で住みたい市郡」の第1位は「那覇市」。車社会なだけに「交通の便」の良さは重要なポイント

あなたが県内で住みたい市郡は?

華の大都会で暮らしたい。景観のいいあの街で暮らしたい。仕事の都合や、実家の都合もあるけど、遠く離れた別の都道府県はもちろん、同じ都道府県内にだって住んでみたい憧れの場所はあるのではないでしょうか。今回は沖縄県の人たちが選ぶ、『県内で住みたい市郡』ランキングを発表します。

沖縄県の人たちが選ぶ「県内で住みたい市郡」の第1位は、沖縄県で唯一の鉄道『ゆいレール』が通る街「那覇市」。「お店や学校・病院など生活に必要な施設が多く、比較的空港にも近い」など、住んでみたい理由には、施設の多さや空港などの主要施設への行きやすさなどが多く挙げられていました。続いて2位の「宜野湾市」は「ほどほどに都会で住みやすそう」、同率2位の那覇市のお隣「浦添市」は、「(那覇市の)ベッドタウンで住みやすそう」というイメージがあるようです。4位は、いきなり本島から離れたエリア「八重山郡」が登場。2位までの都会的なイメージのある街から一転、「自然豊かなところ」がランクインしました。5位は再び本島に戻って「豊見城市」が選出されています。ショッピングセンターなど人の集まる施設が増えているためか「今後発展しそう」と、将来に期待する理由が多く挙がりました。以下、6位は再び離島から「宮古島市」、そして本島から7位に「中頭郡」、8位に「名護市」「沖縄市」が登場。10位に「石垣市」がランクインしました。

ランキング結果はいかがでしたか?同じ都道府県に住んでいても、街のイメージは人によってさまざま。このランキングを見れば、知らなかったあの街の新たなイメージが浮かんでくるかもしれません。沖縄県内で引越しを考えている人、新たに沖縄県へ引越し予定の人はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか?
その他の都道府県ランキング結果は、こちらからチェック!

利便性が高い離島や、都市化が進んでいても海が美しい街が人気!図書館など文化施設もポイントに

  • 那覇市:県外の人が住みやすいと思うので。(33歳・女性)
  • 宜野湾市:買い物ができる複合施設が多いから。(42歳・男性)
  • 浦添市:住環境や雰囲気が良いので。(56歳・女性)
  • 八重山郡:海が近くてのんびりしている。(35歳・女性)
  • 豊見城市:近年人口が増えて海沿いの住環境が整っているから。(36歳・男性)
  • 宮古島市:離島でありながら先進性がある。(61歳・男性)
  • 中頭郡:図書館が好きだから。(33歳・女性)
  • 名護市:交通の便がよく、自然も残っているから。(36歳・女性)
  • 沖縄市:オシャレなカフェやショップがあるから。(34歳・男性)
  • 石垣市:離島でありながら、都会的な生活ができる。(58歳・男性)

イラスト/tokico
公開日 2017年01月26日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション・建築会社選びをサポートするプロ。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る