福岡県版 気になるランキング『老後を過ごしたい都道府県は?』

福岡県版 気になるランキング『老後を過ごしたい都道府県は?』

福岡県民が選ぶ「老後を過ごしたい都道府県」の第1位は『沖縄県』。2位以下はすべて九州地方という結果に!

老後を過ごしたい都道府県は?

(複数回答)

  1. 1|沖縄県|26.4
  2. 2|熊本県|10.7
  3. 3|宮崎県|10.0
  4. 4|大分県|9.3
  5. 5|長崎県|8.6

※上位5位まで表示

福岡県民が考える「老後を過ごしたい都道府県」は九州地方に集中。観光地としての特長がコメントに並ぶ結果に

老後を過ごしたい都道府県は?

老後はどんな場所でどんな暮らしをしたいか……そう考えたときに思い浮かぶ街はどこでしょうか?やっぱりなんでもある都会?それとも自然豊かな農村?はたまた憧れのリゾート地?リタイア後の生活の場として希望する居住地には、その人の感性が色濃く出てくるかもしれません。今回は福岡県の人たちが選ぶ、「老後を過ごしたい都道府県」ランキングをご紹介します。

福岡県の人たちが選ぶ「老後を過ごしたい都道府県」の第1位は『沖縄県』。「暖かい」「海がきれい」というリゾート感が「ゆったりと過ごせそう」というイメージにつながっているようでした。第2位は『熊本県』で、「親戚がいる」など地縁を理由にしたコメントが多数。2位以下のいずれの県でも「実家」「出身地」というコメントが多く見られました。また、「観光でよく行き魅力的」と訪れたことのある人の意見も散見されました。第3位は『宮崎県』で、同じ九州地方でも特に「気候が温暖で過ごしやすそう」な点に魅力があるよう。第4位の『大分県』には、「温泉がよさそう」「温泉で健康を維持したい」と、県のキャッチフレーズ「おんせん県おおいた」にふさわしいコメントが挙がっています。第5位は『長崎県』で「歴史を感じられる街」と、ここでも観光に結びつくようなコメントが。それぞれに観光視点でのコメントがあるのは、観光資源豊富な九州地方ならではといえるでしょう。

ランキング結果はいかがでしたか?老後を過ごしたい都道府県を見れば、現在の生活を意識しない、本当の理想が見えてくるかもしれません。フリーコメントを見て、選ばれた都道府県の魅力を探ってみてはいかがでしょうか?
そのほかの都道府県ランキング結果は、こちらからチェックしてみてくださいね!

福岡県民にとって「老後を過ごしたい都道府県」は身近な観光地?適度な便利さと田舎らしさのバランスを魅力に感じる様子

  • 沖縄県:乾燥が少なそうなので。(79歳・女性)
  • 沖縄県:高齢になっても住みやすいような気がする。(66歳・男性)
  • 沖縄県:独特な雰囲気が好き。(47歳・男性)
  • 熊本県:自然が多く温泉が豊富だから。(51歳・女性)
  • 熊本県:都会じゃなく田舎すぎないから。(38歳・男性)
  • 宮崎県:のんびりできそうだから。(54歳・男性)
  • 宮崎県:父親の郷里でもあり、自然のなかで静かに暮らしたい。(53歳・男性)
  • 大分県:親が残した家があり、景色がよいところなので。(64歳・女性)
  • 大分県:子どもや孫たちが会いに来てくれるのに隣の県だったら日帰りできる距離です。(60歳・女性)
  • 長崎県:なぜか生まれた土地は、DNAがしっくりくるというか、住みやすい土地だと思います。(37歳・女性)

イラスト/tokico
公開日 2018年02月22日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション・建築会社選びをサポートするプロ。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る