高知県版 気になるランキング『あなたが県内で住みたい市郡は?』

高知県版 気になるランキング『あなたが県内で住みたい市郡は?』

高知県民が選ぶ「県内で住みたい市郡」は、坂本龍馬の生誕地がトップに!お店と豊かな自然のある市郡が人気です

あなたが県内で住みたい市郡は?

(複数回答)

  1. 1|高知市|75.2
  2. 2|南国市|33.1
  3. 3|四万十市|17.7
  4. 4|香南市|15.4
  5. 5|土佐市|9.8
  6. 6|香美市|7.5
  7. 7|吾川郡|5.6
  8. 8|室戸市|5.3
  9. 8|宿毛市|5.3
  10. 8|土佐清水市|5.3

※上位8位まで表示

高知県民が選ぶ「県内で住みたい市郡」の第1位は「高知市」。高知市に近い土佐湾沿いの市郡が上位に多くランクイン

あなたが県内で住みたい市郡は?

華の大都会で暮らしたい。景観のいいあの街で暮らしたい。仕事の都合や、実家の都合もあるけど、遠く離れた別の都道府県はもちろん、同じ都道府県内にだって住んでみたい憧れの場所はあるのではないでしょうか。今回は高知県の人たちが選ぶ、『県内で住みたい市郡』ランキングを発表します。

高知県の人たちが選ぶ「県内で住みたい市郡」の第1位は、県庁所在地の「高知市」。70%以上の人に選ばれる結果となりました。理由はやはり「交通の便も良く、店もいろいろある」「高知県一番の都市で、高知県の中ではいろいろなものがあるから」など、県庁所在地ならではの利便性の高さが挙げられています。2位は、高知市のお隣で、高知龍馬空港のある「南国市」。土佐の玄関とも言える南国市に住んでみたい理由には「道路も広くて、高知市が近いので買い物が便利」などが挙がっていて、交通の便の良さと高知市への近さが評価されているようです。3位は四国最長の川、四万十川のほとりにある「四万十市」。理由ももちろん「有名な四万十川がある」「自然が多い」「自然が多く適度に栄えているから」など。四万十川にも土佐湾の海にも面した豊かな自然環境があることが住んでみたい理由のようです。4位と5位は、再び高知市の近くに戻り、「香南市」と「土佐市」がランクイン。香南市は「住宅地として栄えてきて、のんびり住めそう」という声が、土佐市は「のんびりしてそう」という声が聞かれました。6位は「香美市」、7位は「吾川郡」。10位以内に海沿いの市群が多くランクインしたなかで、この香美郡と吾川郡は少し内陸にあります。「(陸の)自然が多い」「田舎暮らしをのんびりできる風土」が魅力のようです。8位には「室戸市」と「宿毛市」、「土佐清水市」の3市が同率でランクインしました。

ランキング結果はいかがでしたか?同じ都道府県に住んでいても、街のイメージは人によってさまざま。このランキングを見れば、知らなかったあの街の新たなイメージが浮かんでくるかもしれません。高知県内で引越しを考えている人、新たに高知県へ引越し予定の人はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか?
その他の都道府県ランキング結果は、こちらからチェック!

高知市に近いか?のんびり落ち着いて過ごせるか?高知県民の住んでみたい理由は二極化傾向!?

  • 高知市:利便性が抜群によいから。県内外問わず、どちらへもアクセスがよいため、旅行に行きたくなる。(23歳・女性)
  • 南国市:他県への移動の主体が飛行機なので、空港への利便性を考慮しました。(60歳・男性)
  • 四万十市:自然豊かでおいしいものが多い。(24歳・女性)
  • 香南市:趣味の昆虫採集でいいスポットが集中している場所で、豊かな里山がまだ機能しているから。(35歳・男性)
  • 土佐市:南国市の次に高知市に近いから。(27歳・女性)
  • 香美市:自然な山あいで川のせせらぎを聞きながら住めるので。(55歳・女性)
  • 吾川郡:適当に田舎で都会だから。(39歳・男性)
  • 室戸市:食に不自由しない。(55歳・女性)
  • 宿毛市:文旦がおいしい。(22歳・女性)
  • 土佐清水市:新鮮な魚介類があるから。(40歳・女性)

イラスト/tokico
公開日 2017年01月26日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション・建築会社選びをサポートするプロ。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る