奈良県版 気になるランキング『老後を過ごしたい都道府県は?』

奈良県版 気になるランキング『老後を過ごしたい都道府県は?』

奈良県民が選ぶ「老後を過ごしたい都道府県」の第1位は『大阪府』。第2位には、海が美しい遠く離れたかの地がランクイン

老後を過ごしたい都道府県は?

(複数回答)

  1. 1|大阪府|22.0
  2. 2|沖縄県|19.1
  3. 3|兵庫県|11.6
  4. 4|京都府|11.0
  5. 5|北海道|8.7

※上位5位まで表示

奈良県民が考える「老後を過ごしたい都道府県」は、なじみがあって利便性の高い土地!海があることもポイントに?

老後を過ごしたい都道府県は?

老後はどんな場所でどんな暮らしをしたいか……そう考えたときに思い浮かぶ街はどこでしょうか?やっぱりなんでもある都会?それとも自然豊かな農村?はたまた憧れのリゾート地?リタイア後の生活の場として希望する居住地には、その人の感性が色濃く出てくるかもしれません。今回は奈良県の人たちが選ぶ、「老後を過ごしたい都道府県」ランキングをご紹介します。

奈良県の人たちが選ぶ「老後を過ごしたい都道府県」の第1位は『大阪府』。「交通の便がいい」「何でもそろう」と、都会の利便性を挙げる声と、「出身地」「18歳まで住んでいた」となじみのある土地の安心感を挙げる声の2点で支持を集めました。第2位は『沖縄県』で、大阪府のようななじみ深さはないものの、「温暖な気候」で「海がきれい」と、老後に「のんびり過ごせそう」なイメージが強くあるようです。第3位は「兵庫県」で、「便利な神戸市に住みたい」「海が見えて便利なところ」など、海を絡めたコメントが散見されるのが印象的でした。第4位はこれまたご近所の『京都府』で、「趣のあるところで静かに暮らしたいが、都会的で便利そうでもある」と、昔は都として栄え今なお活気ある京都府ならではの意見が見られます。第5位はぐっと離れて『北海道』。沖縄県と一緒に選んで「どちらものんびりできそう」という意見のほか、「冬は沖縄県、夏は北海道」と季節によって暮らし分けするユニークな意見も。南北のリゾート地、どちらか迷うなら、いっそ両方……という妄想もふくらみます。

ランキング結果はいかがでしたか?老後を過ごしたい都道府県を見れば、現在の生活を意識しない、本当の理想が見えてくるかもしれません。フリーコメントを見て、選ばれた都道府県の魅力を探ってみてはいかがでしょうか?
そのほかの都道府県ランキング結果は、こちらからチェックしてみてくださいね!

奈良県民にとって「老後を過ごしたい都道府県」は自然と都会のバランスが大事

  • 大阪府:知っている場所は安心感がある。いざという時に不自由がない。(51歳・女性)
  • 沖縄県:暖かく、風邪をひかなくなりそうだから。(32歳・男性)
  • 沖縄県:大好きで、自然のなかで自給自足したい。(24歳・女性)
  • 兵庫県:娯楽も多く、交通機関も整っており、ほどよく自然が残っているから。(25歳・女性)
  • 京都府:訪れる場所がいっぱいあって充実しそうだから。(34歳・女性)
  • 京都府:神社仏閣が好きなので、いろいろ探索したい。(36歳・女性)
  • 京都府:今の生活圏を変えなくてすむ。(70歳・女性)
  • 北海道:喧騒から離れて自給自足の生活をしたい。(22歳・男性)

賃貸物件を探す
中古マンションを探す
新築マンションを探す
新築一戸建てを探す
中古一戸建てを探す
土地を探す
注文住宅の会社を探す
売却査定する
リフォーム会社を探す
カウンターで相談する
ハウスメーカーを探す
工務店を探す
イラスト/tokico
公開日 2018年02月22日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション選びと会社選びをサポートします。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る