三重県版 気になるランキング『あなたが県内で住みたい市郡は?』

三重県版 気になるランキング『あなたが県内で住みたい市郡は?』

三重県民が選ぶ「県内で住みたい市郡」は、県庁所在地を抜いて、「四日市市」が1位に!サミット開催地のあの街もランクイン!

三重県民が選ぶ県内で住みたい市区郡

三重県民が選ぶ「県内で住みたい市郡」の第1位は、工場の夜景が美しい「四日市市」。日本一短い市名の県庁所在地は2位に

あなたが県内で住みたい市郡は?

華の大都会で暮らしたい。景観のいいあの街で暮らしたい。仕事の都合や、実家の都合もあるけど、遠く離れた別の都道府県はもちろん、同じ都道府県内にだって住んでみたい憧れの場所はあるのではないでしょうか。今回は三重県の人たちが選ぶ、『県内で住みたい市郡』ランキングを発表します。

三重県の人たちが選ぶ「県内で住みたい市区郡」の第1位は「四日市市」。県庁所在地である「津市」を抑えてのトップとなりました。工業都市として発展した四日市市は「県庁所在地並みに街並みや商業施設、飲食関係が整っている」ことに加えて、近鉄またはJRで「名古屋市にアクセスがしやすく、便利」であることが多く挙げられています。2位には「津市」がランクイン。県庁所在地である津市は、県庁などの公共機関が集積している街。1位にはならなかったものの「三重県の中でも比較的都会」という声が多く挙げられました。3位は鈴鹿サーキットでおなじみの「鈴鹿市」がランクイン。その理由はやはり「世界クラスのサーキット場があるなんて夢のよう」と世界的な知名度をもつ、サーキット場への憧れが強く出る結果に。4位の「桑名市」は「名古屋市へのアクセス」の良さが大きな理由。桑名市は愛知県と県境を接する街であり、東海地方のターミナル駅・名古屋駅まで近鉄もしくはJRで20分強で行くことができます。そのためか「(名古屋市で)就職するにも便利」という意見も。これ以降には5位の「伊勢市」や7位の「志摩市」、9位の「鳥羽市」と、観光資源が豊富な伊勢志摩地方の市街が相次いでランクイン。6位には松阪牛で有名な「松阪市」、8位に「亀山市」、10位に「伊賀市」がそれぞれランクインしています。

ランキング結果はいかがでしたか?同じ都道府県に住んでいても、街のイメージは人によってさまざま。このランキングを見れば、知らなかったあの街の新たなイメージが浮かんでくるかもしれません。三重県内で引越しを考えている人、新たに三重県へ引越し予定の人はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか?
その他の都道府県ランキング結果は、こちらからチェック!

名古屋市へのアクセスの良さと、海の近さが住みたい街を選ぶ理由に。伊勢神宮での国際交流も期待できる!?

  • 四日市市:三重県のなかで一番都会だと思うから。(43歳・女性)
  • 津市:商業施設・交通機関が適度に整っているので。(54歳・男性)
  • 鈴鹿市:海が近く釣りができる。(29歳・女性)
  • 桑名市:大型ショッピングモールがあって便利。(40歳・女性)
  • 伊勢市:伊勢神宮にくる観光客や、外国の方と交流が持てそう。(33歳・女性)
  • 松阪市:肉がうまい。(41歳・男性)
  • 志摩市:風光明媚で、海産物がおいしそう。(42歳・女性)
  • 亀山市:交通の便が良く、自然に恵まれているので。(43歳・男性)
  • 鳥羽市:自然の海、山があるから。(45歳・男性)
  • 伊賀市:歴史のある街だから楽しそう。(36歳・女性)

まとめ

三重県民が選ぶ県内で住みたい市区郡の1位は四日市市。街並みや商業施設、飲食関係が整い、名古屋市にアクセスしやすい

2位は県庁所在地で公共機関が集積している津市、3位は鈴鹿サーキットでおなじみの鈴鹿市

TOP10には、名古屋まで20分強で行ける桑名市、観光資源が豊富な伊勢市・志摩市・伊賀市、松阪牛が有名な松阪市などがランクイン

賃貸物件を探す
中古マンションを探す
新築マンションを探す
新築一戸建てを探す
中古一戸建てを探す
土地を探す
注文住宅の会社を探す
売却査定する
リフォーム会社を探す
カウンターで相談する
ハウスメーカーを探す
工務店を探す
イラスト/tokico
公開日 2017年01月26日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション選びと会社選びをサポートします。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る