静岡県版 気になるランキング『老後を過ごしたい都道府県は?』

静岡県版 気になるランキング『老後を過ごしたい都道府県は?』

静岡県民が選ぶ「老後を過ごしたい都道府県」の第1位は『沖縄県』!静岡県にはほとんどない○◯が見られる、北のリゾート地もランクイン

老後を過ごしたい都道府県は?

(複数回答)

  1. 1|沖縄県|21.1
  2. 2|東京都|16.9
  3. 3|神奈川県|15.5
  4. 4|北海道|9.2
  5. 4|愛知県|9.2

※上位4位まで表示

静岡県民が考える「老後を過ごしたい都道府県」は、気候の良さだけでなく、交通や買い物などの利便性の高さも欠かせない要素

老後を過ごしたい都道府県は?

老後はどんな場所でどんな暮らしをしたいか……そう考えたときに思い浮かぶ街はどこでしょうか?やっぱりなんでもある都会?それとも自然豊かな農村?はたまた憧れのリゾート地?リタイア後の生活の場として希望する居住地には、その人の感性が色濃く出てくるかもしれません。今回は静岡県の人たちが選ぶ、「老後を過ごしたい都道府県」ランキングをご紹介します。

静岡県の人たちが選ぶ「老後を過ごしたい都道府県」の第1位は『沖縄県』で、「暖かく自然豊か」「きれいな海に囲まれてのどかに過ごせそう」など、「気候と景色」の良さがコメントのほとんどを占めます。一方、第2位の『東京都』では、「徒歩圏内に、コンビ二もある」「何でもあって便利そう」と、とにかく利便性の高さが高評価でした。第3位の『神奈川県』は、東京都と同じく「交通の便が良く、外出や買い物が楽にできる」といった利便性の高さが挙がりつつ、お隣の県だからか「出身地」「なじみがある」という声も聞かれました。第4位は『北海道』と『愛知県』が同率でランクイン。『北海道』は「のんびり暮らせそう」「旨いもんが多い」と北のリゾート地らしいコメントが並ぶなか、「雪が見たい」という意見も。実は静岡県は沖縄県並みの「雪なし県」。雪深い土地への興味から北海道が浮かんだ人も少なくないのかもしれません。『愛知県』はお隣ゆえか「自分が育った地域」や「土地勘がある」という人がほとんど。老後は「身内のまわりで安心して住みたい」という人から支持を集めてのランクインとなりました。

ランキング結果はいかがでしたか?老後を過ごしたい都道府県を見れば、現在の生活を意識しない、本当の理想が見えてくるかもしれません。フリーコメントを見て、選ばれた都道府県の魅力を探ってみてはいかがでしょうか?
そのほかの都道府県ランキング結果は、こちらからチェックしてみてくださいね!

静岡県民にとって「老後を過ごしたい都道府県」は、リゾート地でゆったりするか、買い物・移動に便利な街で暮らすかの2択!

  • 沖縄県:暖かくてのんびりしていて大好きな場所だから。(44歳・女性)
  • 沖縄県:ゆとりがありそうだから。(50歳・男性)
  • 東京都:知り合いが多いから、暮らしやすい。(42歳・女性)
  • 東京都:都会の生活を経験したい。(47歳・男性)
  • 神奈川県:好きな温泉がある。買い物も便利。(37歳・女性)
  • 神奈川県:鎌倉市が好き、横浜Fマリノスが好きだから。(46歳・女性)
  • 神奈川県:インフラが整っていて生活しやすいから。(50歳・男性)
  • 神奈川県:親の家があるので、そのまま住むことができるため。(45歳・男性)
  • 北海道:北海道の中でも札幌市。都会でキレイで、公共交通機関が発達している。(58歳・男性)
  • 愛知県:ゆっくり野球を見に行きたい。(46歳・男性)

イラスト/tokico
公開日 2018年02月22日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション・建築会社選びをサポートするプロ。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る