神奈川県版 気になるランキング『老後を過ごしたい都道府県は?』

神奈川県版 気になるランキング『老後を過ごしたい都道府県は?』

神奈川県民が選ぶ「老後を過ごしたい都道府県」の第1位は身近な『東京都』。第2位以下には気候の温暖な県や自然豊かな県が続々ランクイン

老後を過ごしたい都道府県は?

(複数回答)

  1. 1|東京都|23.8
  2. 2|静岡県|17.7
  3. 3|沖縄県|15.9
  4. 4|北海道|7.3
  5. 4|千葉県|7.3
  6. 4|福岡県|7.3

※上位4位まで表示

神奈川県民が考える「老後を過ごしたい都道府県」は、生活が便利なところ、自然環境の良いところ、そして自分の出身地?

老後を過ごしたい都道府県は?

老後はどんな場所でどんな暮らしをしたいか……そう考えたときに思い浮かぶ街はどこでしょうか?やっぱりなんでもある都会?それとも自然豊かな農村?はたまた憧れのリゾート地?リタイア後の生活の場として希望する居住地には、その人の感性が色濃く出てくるかもしれません。今回は神奈川県の人たちが選ぶ、「老後を過ごしたい都道府県」ランキングをご紹介します。

神奈川県の人たちが選ぶ「老後を過ごしたい都道府県」の第1位はお隣の『東京都』。他県のランキングでもよく見られる「便利だから」というコメントに加えて、「出身地だから」という声が目立つのは近隣ならではです。第2位はこれまたお隣の『静岡県』。「温暖で住みやすそう」と環境を評価する声に加えて、こちらも「生まれ育った土地だから」という声が散見されます。第3位の『沖縄県』は、「暖かいから」「のんびり過ごせそう」というリゾート地のイメージが決め手となった模様。そして第4位には『北海道』『千葉県』『福岡県』が同率でランクイン。北海道は「自然が多いから」、千葉県は他都県と併せて挙げる人が多く、「自然もあるけど田舎すぎないから」と、ほどよい自然環境がポイントとなっていることがうかがえます。一方、福岡県は「故郷だから」という博多っ子の声が圧倒的。神奈川県民には、自分の地元へ戻って老後を過ごしたいという人が少なくないようです。

ランキング結果はいかがでしたか?老後を過ごしたい都道府県を見れば、現在の生活を意識しない、本当の理想が見えてくるかもしれません。フリーコメントを見て、選ばれた都道府県の魅力を探ってみてはいかがでしょうか?
そのほかの都道府県ランキング結果は、こちらからチェックしてみてくださいね!

神奈川県民にとって「老後を過ごしたい都道府県」は、最終的に自分がなじめる土地であるかどうかがカギに

  • 東京都:お年寄りにとって必要なものが全てそろっている。(64歳・男性)
  • 東京都:なじみの店があるから。(42歳・女性)
  • 東京都:年を取ってからでは地方の田舎暮らしにはなじめそうもない。(52歳・男性)
  • 静岡県:温泉がある。(28歳・男性)
  • 静岡県:海と山。(68歳・男性)
  • 沖縄県:テンポがゆっくりでお年寄りに向いている。(67歳・男性)
  • 沖縄県:生活経費がおさえられそう。(40歳・男性)
  • 北海道:のんびり過ごせそう。(33歳・男性)
  • 千葉県:東京都に近く土地の値段が安いから。(72歳・男性)
  • 福岡県、熊本県:物価が安くのんびり暮らせそう。(58歳・男性)

イラスト/tokico
公開日 2018年02月22日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る