中古マンション相場、大阪・神戸・京都の10年推移

中古マンション相場、大阪・神戸・京都の10年推移

さまざまな社会情勢に左右される中古マンション相場。2007年から2016年の10年間はどのように移り変わってきたのか―――国土交通省の土地総合情報システムに掲載されている、大阪市、神戸市、京都市の中古マンション取引額のデータから、関西の中古マンション相場10年の変遷を見てみよう。

大阪市では2012年以降、緩やかに右肩上がり

大阪市・中古マンション平均取引価格10年推移
図1

まずは大阪市全体の中古マンション平均取引価格を見てみよう(図1参照)。大阪市の中古マンション平均取引価格は2007年から2009年まで、1740万円台をほぼ横ばい。2010年から2012年までは1600万円台を下降気味に推移するものの、2013年には1700万円台に持ち直した。それ以降を見てみると、2014年に1864万円、2015年に1918万円と平均取引価格は右肩上がりに上昇しており、2016年には2007年から317万円増の2057万円までアップした。

続いて、大阪市内の行政区別の平均取引価格を見てみると、2016年の上位3区は1位 天王寺区、2位は同額で北区、福島区という結果になった。1位の天王寺区は「2017年版 SUUMO住みたい街ランキング 関西版」(以下、「住みたい街ランキング」)で9位にランクインした天王寺を抱える行政区。上町台地など、古くから住宅地として親しまれてきたエリアがあるのに加え、2010年に着工し2014年に開業した『あべのハルカス』(阿倍野区)までは天王寺駅から1駅と身近。中古マンション平均取引価格も2013年から上昇傾向にあり、2007年に2011万円だった平均取引価格は、2016年には715万円増の2726万円まで上昇している。

同額で2位の北区と福島区の平均取引価格は2603万円。2つの区は隣接しており、北区には「住みたい街ランキング」で5年連続2位にランクインしている梅田駅が立地。駅周辺には2013年に『グランフロント大阪』が開業したほか、現在も大規模な再開発プロジェクトが進行中だ。また、福島区は梅田の隣町として、福島駅を中心にオフィスや飲食店が豊富。さらに、官公庁や文化施設が立ち並ぶ中之島には、超高層マンションも多い。大阪市の都心エリアであるどちらの区でも、中古マンション取引価格は2013年以降、2000万円台を割ることなく推移している。

2016年 大阪市内中古マンション平均取引価格 区別ランキング
順位 行政区 平均取引価格
1位 大阪市天王寺区 2726万円
2位 大阪市北区 2603万円
2位 大阪市福島区 2603万円
4位 大阪市阿倍野区 2537万円
5位 大阪市西区 2534万円
6位 大阪市鶴見区 2285万円
7位 大阪市中央区 2147万円
8位 大阪市都島区 2115万円
9位 大阪市浪速区 1976万円
10位 大阪市東成区 1934万円
11位 大阪市城東区 1925万円
12位 大阪市此花区 1852万円
13位 大阪市東住吉区 1849万円
14位 大阪市住吉区 1839万円
15位 大阪市平野区 1684万円
16位 大阪市港区 1487万円
17位 大阪市西淀川区 1474万円
18位 大阪市大正区 1438万円
19位 大阪市西成区 1413万円
20位 大阪市旭区 1386万円
21位 大阪市住之江区 1377万円
22位 大阪市淀川区 1346万円
23位 大阪市東淀川区 1264万円
24位 大阪市生野区 1132万円

2014年以降安定推移の神戸市。トップ3区は10年間ほぼ変わらず

神戸市・中古マンション平均取引価格10年推移
図2

神戸市の中古マンション平均取引価格の10年間の推移はというと(図2参照)、2007年には1669万円だった平均取引価格は、2009年に180万円増の1849万円まで上昇。しかし一転、2010年には前年から151万円ダウンの 1698万円まで下落した。その後、2012年までは上昇基調にあったものの、2013年には再び1700万円を切る1690万円まで下降。2014年以降は1700万円台後半まで持ち直し、それまでの平均取引価格から見ると、高い水準でほぼ横ばいに推移している。このように、比較的アップダウンのあった神戸市だが、10年間の平均取引価格は1749万円という結果となった。

次に、行政区別で神戸市内の中古マンション平均取引価格を見てみると、2016年の平均取引価格上位3区は東灘区、灘区、中央区となっている。実はこの3区、10年間のうち、2012年と2015年をのぞいて、トップ3を独占。10年間全体の平均取引価格を見ても、平均価格のトップ3は同3区となっている。

平均取引価格1位の東灘区は、「住みたい街ランキング」で6位の岡本や10位の御影などを抱える区。「住みたい街ランキング」の行政市区別の結果においても、4位にランキングしており、「住みたい街」として人気のエリアだ。そして同じく、「住みたい街ランキング」の行政市区ランキングで3位にランクインしているのが、平均取引価格でも3位となった中央区。中央区は元町や三宮などが所在する市の中心的なエリアで、2015年の『神戸ハーバーランドumie』の開業も記憶に新しい。また、2016年平均取引価格で2位の灘区には、同年3月にJR神戸線の新駅、摩耶駅が開業している。

2016年 神戸市内中古マンション平均取引価格 区別ランキング
順位 行政区 平均取引価格
1位 神戸市東灘区 2489万円
2位 神戸市灘区 2115万円
3位 神戸市中央区 1860万円
4位 神戸市西区 1763万円
5位 神戸市長田区 1403万円
6位 神戸市須磨区 1378万円
7位 神戸市兵庫区 1350万円
8位 神戸市垂水区 1346万円
9位 神戸市北区 950万円

京都市全体の平均取引額は、2015年から1900万円台をキープ

京都市・中古マンション平均取引価格10年推移
図3

最後は京都市の10年推移だ(図3参照)。市全体の中古マンション取引価格はアップダウンを繰り返しながらも緩やかに上昇。平均取引価格は10年間で213万円アップし、2016年の平均取引価格は1991万円となった。また、行政区別で京都市内の中古マンション平均取引価格を見ると、2016年の上位は、1位 左京区、2位 中京区、3位 北区の3区。左京区は2643万円、中京区は2612万円、北区は2535万円と、いずれの平均取引価格も、2000万円台後半となった。

さらに、各区の10年間の推移を見てみると、とりわけ目を引く動きをしているのは、1位の左京区。同区の平均取引価格の変動幅が他の区と比べ、非常に大きくなっているのだ。10年間で一番高い平均価格となった2011年の3716万円に対し、一番低い2012年は1856万円と、その差はほぼ2倍という動きを見せている。しかし、2013年以降は安定的に上昇傾向にあり、2000万円台前半から中盤を推移している。

そして、平均取引価格2位の中京区は10年間を通して2300万円台から2600万円台を安定的に推移。同区は「住みたい街ランキング」で上位に入っている烏丸御池がある市の中心地だ。「住みたい街ランキング」の行政市区別のランキングでは、関西圏全域が対象の調査にもかかわらず、6位にランクインしており、京都市内屈指の人気エリアといえそうだ。

また、平均取引価格3位の北区だが、中京区と同様、平均取引価格は比較的安定した動きを見せ、ほかの2区のよりは比較的低い水準であるものの、2007年から2015年までは2000万円前後を推移。ところが、2015年から2016年で平均価格が613万円アップの2535万円まで上昇し、2016年は平均取引価格が市内3位という結果となった。

2016年 京都市内中古マンション平均取引価格 区別ランキング
順位 行政区 平均取引価格
1位 京都市左京区 2643万円
2位 京都市中京区 2612万円
3位 京都市北区 2535万円
4位 京都市東山区 2156万円
5位 京都市西京区 1968万円
6位 京都市下京区 1895万円
7位 京都市右京区 1725万円
8位 京都市上京区 1698万円
9位 京都市南区 1651万円
10位 京都市伏見区 1586万円
11位 京都市山科区 1359万円
構成・取材・文:島田美那子
公開日 2017年11月09日
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る