不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)トップ > SUUMO住活マニュアル > お金・制度編 > 家を買う・購入する前に知っておきたい住まい関連の諸制度 > 環境性能表示制度

住活のやること・ダンドリをチェックしよう

SUUMO住活マニュアル

家を買う・購入する前に知っておきたい住まい関連の諸制度

環境性能表示制度
6-15

建物の省エネ性や緑化などを総合的に評価し、表示する

環境性能表示制度とは、一戸建てやマンションの省エネルギー等に関する性能(環境性能)について、自治体が制定した一定の評価基準に基づいて建築物を評価する制度。環境性能表示制度のある自治体では、不動産会社や建築会社は基準に沿って販売物件を評価し、その結果をホームページや広告に表示することを義務づけられる。対象となるのは一定規模以上の建物で、省エネ性・耐久性・緑化などの項目ごとにランク付けし、数値やマークによって表示されるケースが一般的だ。

自治体による環境性能表示制度の多くは、「省エネルギー性能」「環境負荷の少ない建築材料の利用」など建築物の環境配慮のほか、「室内の快適性」や「景観への配慮」なども含めた建物の品質を総合的に評価している。これは一般財団法人建築環境・省エネルギー機構が運用する「建築環境総合性能評価システム(CASBEE)」に基づくものだ。なお、地域性や政策などに合わせてCASBEEを一部修正した評価制度を制定する自治体もある。

自治体が定めた基準に基づいて、建築主が自己評価

例えば、大阪市の制度「CASBEE大阪みらいへ」では、延床面積2000平米以上の新築建築物について、工事現場や広告への環境性能表示を義務付けている。評価項目は「CO2削減、みどり・ヒートアイランド対策、建物の断熱性、エネルギー削減」のほか、「太陽光発電設備またはその他再生エネルギー利用設備の導入の有無」などだ。さらにこれらをまとめた総合評価もあり、共通のラベルに5段階評価で分かりやすく表示されている。

また、東京都では独自の基準に基づく「マンション環境性能表示」を行っている。表示される項目は「建物の断熱性、設備の省エネ性、太陽光発電・太陽熱、建物の長寿命化、みどり」の5項目で、共通のラベルにいずれも3段階で表示される。対象となるのはマンション用途の延床面積が2000平米以上の分譲または賃貸マンションで、間取図が付く広告やチラシなどに表示される(評価・表示が義務付けられるのは延床面積5000平米を超えるマンション)。

最終更新日:2019年5月24日