不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)トップ > SUUMO住活マニュアル > お金・制度編 > 家を買う・購入する前に知っておきたい住まい関連の諸制度 > 【フラット35】S

住活のやること・ダンドリをチェックしよう
SUUMO住活マニュアル
家を買う・購入する前に知っておきたい住まい関連の諸制度

【フラット35】S

6-12

質の高い家を買うと【フラット35】の当初金利が引き下げられる

長期固定金利の住宅ローン【フラット35】には、借入当初10年間(または5年間)の金利が0.25%引き下げられる「【フラット35】S」という制度もある(※)。このローンは、一定基準以上の性能を持つ質の高い家を購入・建築する際に利用できる。

具体的には、「省エネルギー性」「耐震性」「耐久性・可変性」「バリアフリー性」に関する性能基準のうち1つ以上について、一定の性能基準を満たすことなどが条件になる。また、「【フラット35】S」には、金利引下げ期間を10年間とする金利Aプランと、5年間とする金利Bプランとがあり、Aプランのほうが条件となる住宅の基準は高くなる。

「【フラット35】S」を利用する場合、【フラット35】の取扱い金融機関に確認して申し込む。【フラット35】の金利は金融機関によって金利が異なるので、比較検討することが大切だ。

※当制度は、予算金額に達する見込みとなった場合、年度中に受け付け終了となることがある

「【フラット35】S」は中古住宅購入にも利用できる

「【フラット35】S」が利用できる住宅の主な条件は以下のとおり。等級表示されているものは住宅性能表示制度の等級と同じだが、住宅性能評価書を取得する必要はない。なお、中古住宅には特有の基準があり、利用しやすくなっている。

〈金利Bプラン〉(新築・中古共通の基準)

次の(1)~(6)のうちいずれか1つ以上の基準を満たすこと
(1)断熱等性能等級4の住宅かつ、一次エネルギー消費量等級4以上の住宅
(2)建築物エネルギー消費性能基準を満たす住宅
(3)耐震等級(躯体構造の倒壊等防止)2以上の住宅
(4)免震建築物
(5)高齢者等配慮対策等級3以上の住宅
(6)劣化対策等級3、かつ、維持管理対策等級2以上の住宅(マンションは一定の更新対策が必要)

〈金利Bプラン〉(中古特有の基準)

次の(1)~(4)のうちいずれか1つ以上の基準を満たすこと
(1)二重サッシまたは複層ガラスを使用
(2)建設住宅性能評価書の交付を受けた住宅(省エネルギー対策等級2以上または断熱性能等級2以上、)または中古マンションらくらく【フラット35】のうち「【フラット35】S」(省エネルギー性(外壁等断熱)に適合するもの)として登録された住宅
(3)浴室および階段に手すりが設置された住宅
(4)屋内の段差が解消された住宅

〈金利Aプラン〉(新築・中古共通の基準)

次の(1)~(4)のうちいずれか1つ以上の基準を満たすこと
(1)一次エネルギー消費量等級5の住宅(認定低炭素住宅
および性能向上計画認定住宅を含む)
(2)耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)3の住宅
(3)高齢者等配慮対策等級4以上の住宅(マンションの専用部分は等級3でも可)
(4)認定長期優良住宅
※2021年10月の設計検査申請分より、土砂災害特別警戒区域内の新築住宅については「【フラット35】S」が利用できなくなる

最終更新日:2021年5月31日