不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)トップ > SUUMO住活マニュアル > マイホーム購入編 > 物件情報収集のポイント > 情報収集の基本

住活のやること・ダンドリをチェックしよう
SUUMO住活マニュアル
物件情報収集のポイント

情報収集の基本

情報収集の基本
物件情報を集める前に、知っておきたいポイントを紹介。さまざまなツールを駆使して、自分に合うやり方で、情報収集をスタートしよう。

さまざまな情報収集手段を、上手に使い分けよう

情報誌や新聞広告は、複数の物件を一度に眺められる一覧性が魅力

新聞の折り込み広告や投げ込みチラシや住宅情報誌などは、情報を一目で一覧できるのが魅力。どんな物件がどのくらいの価格で流通しているのか、相場観を養うのにも便利だ。

インターネットは情報量と、何より「検索」機能がうれしい

イマドキの情報収集のメインはやはりインターネット。SUUMOをはじめ、専門サイトも多く、情報量が豊富で新しい情報も多い。そして何より便利なのが「検索」機能だ。希望エリアや価格、場合によってはさらに細かい条件で物件を絞り込むことができる。いろいろ検索してみよう。

不動産会社には、営業エリア内の最新物件情報が集まる

中古住宅を探していて条件に合う物件が見つからない場合や、インターネットで調べた物件についてさらに詳しく聞きたいときは、不動産会社に相談するのもいいだろう。資金計画や各種の手続きなどの情報にも詳しいので、早い時期にやり取りをはじめ、相性のいい担当者を見つけられれば、マイホーム探しがラクになる。

希望条件は情報収集のキモ。キレイにまとめておこう

情報収集は「希望条件」に沿って進めるのが一般的

情報収集を始める前に、「希望条件」をまとめておくと、物件検索や絞り込みがしやすくなる。最低でも、物件種別やエリア、物件価格、広さや間取りについて、考えておこう。

■検索前に考えておきたい希望条件

  • エリアや最寄駅
  • 物件価格帯(買える金額)
  • 物件タイプ(新築か中古か、マンションか一戸建てかなど)
  • 広さや間取り

情報の絞り込みのために、細かい希望条件もまとめておこう

いざ検索を始めると、ヒットする件数が多すぎる、というケースも出てくる。そんなときは、以前検討していた「理想の暮らし」を、検索条件として落とし込んでみよう。その条件で絞り込むことができれば、問い合わせなど、次ステップに進みやすくなる。

■「理想の暮らし」を検索条件に

「理想の暮らし」項目 落とし込める検索条件の一例
日当たりのよい家に住みたい ●メイン開口→南向き、南東向き、南西向き
●用途地域→第一種低層住宅地域(一戸建ての場合)
●設備・仕様→ワイドスパンなど
自然豊かな郊外で、子どもを伸び伸び育てたい ●施設・サービス→セキュリティ充実、共用施設
●エリア→具体的な郊外エリアを指定
バルコニーで、夜景を眺めながら乾杯したい ●立地・配置→10階以上の住戸、最上階、東京タワーが棟から見えるなど
家事が楽な家に住みたい ●設備・サービス→フロントサービス、ごみ出し、24時間OK
●キッチン→ディスポーザーなど
犬を飼いたい ●施設・サービス→ペット可

ネット上の便利なツールを活用しよう

検索サイトに会員登録して、物件情報をメールで受けとろう

SUUMOの場合、会員登録しておけば、希望条件やお気に入り物件を登録し、次回以降のアクセスが簡単になる。その他、条件に合う物件情報を定期的にメール配信するサービスなども利用できるので、積極的に活用していこう。

スマートフォン対応のアプリも数多く登場

インターネット上には、物件検索のための情報サイト以外にも、さまざまなマイホーム探しの便利ツールが存在する。最近では、iPhone、iPadやAndroidといった、スマートフォンに対応したアプリも登場しているので、好みに応じて活用していこう。

最終更新日:2017年2月8日