不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)トップ > SUUMO住活マニュアル > マイホーム購入編 > 住宅・家購入におけるローンの選び方・基礎知識 > 住宅ローンの金利タイプ

住活のやること・ダンドリをチェックしよう
SUUMO住活マニュアル
住宅・家購入におけるローンの選び方・基礎知識

住宅ローンの金利タイプ

住宅ローンの金利タイプ
住宅ローンの金利には「固定金利型」と「変動金利型」を中心に、いくつかのタイプが存在する。主なタイプと、それぞれの特徴について見ていこう。

固定金利型、変動型、固定期間選択型の違いを知ろう

返済額が変わらず、資金計画を立てやすい固定金利型

固定金利型の魅力は、長期にわたる返済期間中、金利が一定なので、返済額が変わらないこと。変動金利に比べて、金利は高めに設定されることが多いが、将来市場全体の金利が高くなってしまっても、現状のままの金利が適用されるため、金融情勢に振り回されることなく、安心して返済ができるのがメリット。

<固定金利型のイメージ図>

固定金利型のイメージ図

返済中、定期的に金利が見直される変動金利型

変動型は、借入当初の金利が低いのが魅力。ただし、借入後、市場金利の動きに合わせ、定期的(半年ごと)に金利が見直されるため、将来的に金利や返済額が上がる可能性がある。返済額は5年に1度見直され、上がる場合は前回の1.25倍を上限とするのが一般的。変動型を借りる場合は、毎月返済額を少なめにして金利や返済額上昇時に備えるなど、リスクへの備えが必要だ。

固定期間とその後の金利タイプを選べる固定期間選択型

「固定」という言葉が入るが、変動金利と同じく返済中に金利や返済額が変わるタイプ。5年、10年など借入後一定期間の金利を固定にし、固定期間終了後はその時点の金利が適用される。ただし、次回には前回と異なる金利タイプを選ぶこともできる。固定期間が短いほど金利は低めだが、最近は10年固定の金利を大きく引き下げた商品も登場している。

<固定期間選択型のイメージ図>

固定期間選択型のイメージ図

最終更新日:2017年6月19日