不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)トップ > SUUMO住活マニュアル > マイホーム購入編 > 内覧会から入居までの流れ > 新築・中古物件の引渡し&入居の流れと注意点

住活のやること・ダンドリをチェックしよう

SUUMO住活マニュアル

内覧会から入居までの流れ

新築・中古物件の引渡し&入居の流れと注意点
引渡し&入居の流れと注意点
内覧を終えると、マイホーム入居の日もぐっと近づいてくる。ここでは、入居までの流れと、引渡し時の注意点を確認しておこう。

夢の新生活まであと少し。最後まで気を抜かないで手続きを

マイホームの代金をすべて支払う「残金決済」

残金決済とは、マイホームの代金のうち、まだ支払っていない分をすべて払うこと。期日までに不動産会社から指定された口座に振り込むのが一般的。残金決済の期日は契約時に決められるので、住宅ローンの借入金の支払い(ローン実行)が残金決済までに行われるように、金融機関に早めに頼んでおこう。金融機関から不動産会社の口座に直接振り込んでもらうこともできる。なお、新築マンションの場合は、入居説明会などで、ローン決済や登記の手続きなどについて説明してくれるので確認を。

住宅ローンは、ローン実行時の金利が適用される

住宅ローンの金利は、申込時ではなく、ローン実行日のものが適用される。このため、購入前に立てた資金計画のときから毎月返済額などが変化する可能性があるので注意しておこう。

残金決済が終わったら、いよいよ引渡し

残金決済が終われば、司法書士により所有権の登記が行われる。また、新居の鍵を受け取って、ついに念願のマイホームが実現。ただし、引渡し時にも、忘れずに確認しておきたいポイントがあるので、チェックしておこう。

引渡し時にもきちんと物件をチェックしよう

可能であれば不動産会社の担当者立会いの下、最終チェックを

新築物件の場合は、内覧会で指摘したポイントがクリアされているか確認しよう。また、中古物件で、引渡しまで物件全体を見られるチャンスがなかった場合は、契約時に渡された「付帯設備表」と「物件状況確認書」と見比べ、その通りになっているか確認を。

設備の使用方法などの説明をしてもらおう

給湯機やオール電化のパネルなど住設備の使い方を、マニュアルをひっくり返して調べるのは面倒。不動産会社の担当者に聞けば、親切に教えてくれるので、使用法が分からないものについては、質問してみよう。

引越しのダンドリを考えよう

新築マンションの場合は一斉入居になるので注意

新築マンションは入居可能日が決まっているため、みんなが好き勝手に引越しを決めると、同じ日に集中して大変なことになりかねない。そこで、引渡しの1カ月~2カ月前に「入居説明会」を開催して、引越しの日程や時間調整をしたり、管理しやすいように、依頼できる引越し業者を絞るといった措置が取られる。入居のダンドリを確認しておこう。

引越しは少しでも安く、手軽に。一括見積もりなどを利用して

引越しは、できるだけ安く手軽に済ませたいもの。最近では、便利な業者引越しを、一括見積もりで相見積もりとすることによって、お得に利用できるサービスも多い。見積もりは無料の場合が多いので、チェックしてみよう。

最終更新日:2019年4月3日