不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)トップ > SUUMO住活マニュアル > マイホーム購入編 > マイホーム購入の基本ダンドリ > マイホーム・住宅購入、基本の流れを押さえよう

住活のやること・ダンドリをチェックしよう

SUUMO住活マニュアル

マイホーム購入の基本ダンドリ

マイホーム・住宅購入、基本の流れを押さえよう
基本の流れを押さえよう
購入のダンドリを検討するには、まず一般的な流れを押さえておくことが大切。購入までにどんな作業や手続きが必要なのか、主なポイントをまとめてみた。

物件購入の流れの全体像を把握しておこう

物件購入の流れの全体像を把握しておこう

1.情報収集

希望エリアにはどんな物件があって、どのくらいの価格で売られているのか、まずはざっくり、相場を把握することから始めてみよう。SUUMOなどで、エリア、間取りなど大まかな希望条件で検索をしてみるのも◎。物件をチェックしているうちに、条件が固まってくることもある。少しずつ条件を細かくして、気になる物件をチェックしていこう。

2.問い合わせ・物件見学

「もっと詳しく知りたい」「実物を見てみたい」と思える物件が見つかったら、早速問い合わせしてみよう。新築マンションなら、まずモデルルームに行ってみるのも手。中古や一戸建ての場合も、気になる物件の問い合わせ先の会社に連絡して、物件見学のダンドリをつけてもらおう。複数の物件を見学すれば、こだわりたいポイントや、自分なりの相場観も見えてくるはず。納得できる物件が、なかなか見つからない場合は、エリアなどの条件を広げて探してみよう。

3.絞り込み

たくさんの情報を集めて、見学を繰り返したなかで、「これは!」と思える物件はあっただろうか?いくつかの候補物件がピックアップできたら、次は絞り込みの作業となる。いろいろな物件を見て、自分自身の優先順位を整理し、自分が本当に納得できる物件を選ぼう。

4.購入申し込み

自分が本当に買いたい物件に出合えたら、いよいよ申し込みを行う。購入申し込みとは、「この家を買いたい!」という意思表示と、交渉スタートのための手続き。新築マンションなどは「申込証拠金」として、2万円~10万円程度のお金が必要になることも多い。

5.住宅ローン事前審査

購入の意思が固まったら、申し込みと同時に住宅ローンの事前審査を受けるのが一般的。実際に住宅ローンを組むことができるか、いくら借りられるのか、金融機関による事前審査が行われる。これに通らないと契約に進めないので、無理のない資金計画で臨みたい。

6.重要事項説明と契約書の確認

契約を前に、売買する物件や契約内容について、きちんと確認しておく必要がある。できれば契約日より前に、「重要事項説明書」や「契約書」などコピーをもらって、しっかり読み込んでから重要事項説明や契約の日を迎えよう。

7.契約

いよいよ正式に契約。重要事項説明書や契約書の内容を把握し、不明点や疑問点はしっかり質問して、理解・納得したうえで、署名したい。契約が成立すればもう後戻りはできない。契約後に買い手側の都合で解約する場合、契約時に支払った手付金は放棄することになる。また、契約から所定の期間が経った後に解約する場合、違約金が発生することになるので注意しよう。

8.住宅ローン申し込み~ローン契約

売買契約が成立したら、住宅ローンの申し込みを正式に行う。その後、金融機関による本審査を経て、承認されれば、金融機関と正式なローン契約(金銭消費貸借契約)を結ぶことになる。

9.内覧チェック

建物の完成前に契約を行う新築物件の場合、物件の引き渡し前に、完成した建物の状態をチェックする、「事前内覧会」が行われる。ここでは、建物の状態・仕上がりが契約と異なる部分はないか、きちんと確認しておこう。何か問題があるようなら、引き渡しの日までに解決してもらえるように依頼する。なお、中古物件や、建物の完成後に契約を行う新築の場合は、物件見学時にチェックしておくことが大切だ。

10.残金決済

残金決済とは、購入価格から手付金を引いた金額すべてを支払うこと。住宅ローンの借入金は金融機関から直接不動産会社の口座に振り込んでもらうよう頼むこともできる(融資実行)。残金の支払いが確認されたら、物件の引き渡しが行われる。

11.引渡し・入居

住宅ローンの決済が終われば、念願のマイホームの引き渡し・入居となる。引き渡しでは、住まいの鍵を受け取るほか、司法書士によって不動産の所有権移転(新築の建物は所有権保存)登記が行われる。引き渡し時にもう一度建物の状態を確認し、問題がなければいよいよ新生活のスタートだ。入居の翌年には、確定申告で住宅ローンの控除申請もお忘れなく。

最終更新日:2017年1月18日