不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)トップ > SUUMO住活マニュアル > 注文住宅・土地探し編 > 家・土地の購入から入居までの基本の流れ > ハウスメーカーや工務店など、家を建てる会社を決める

住活のやること・ダンドリをチェックしよう
SUUMO住活マニュアル
家・土地の購入から入居までの基本の流れ

ハウスメーカーや工務店など、家を建てる会社を決める

ハウスメーカーや工務店など、家を建てる会社を決める

建てたい家の希望を固めたら、実際に家を建ててもらう依頼先を決める。注文住宅を建てる場合、会社選びが重要となる。そこで、家を建てる会社(ハウスメーカーや工務店、設計事務所など)の種類や特徴、会社選びのポイントを紹介しよう。それぞれの特徴を正しく理解して、希望の家づくりの参考にしてほしい。

家を建てる会社選びのポイント

個性の違う会社がたくさん。希望に合わせた会社選びを

家を建てるには当然ながら、建てる会社選びが必須になる。あまたある会社の中から、理想をかなえてくれそうな会社探しが、注文住宅の明暗を分けるポイントになるといっても過言ではない。希望を実現する家づくりには、どんな会社に建築を依頼するかが大きく左右するのだ。

まず、会社選びの方法は、情報収集と同じく、住宅情報誌やインターネットを活用するのが一般的。会社の特徴をしっかりとつかむことから始めよう。デザインや得意な工法など、希望に合うかどうかはもちろん、その会社の施工エリアや施工体制などもチェック。住宅展示場で会社の特徴をつかむのも基本的な方法だ。

その後、見当をつけた会社に、より詳しい情報がわかる資料請求をしたり、実際に訪れて話を聞いたりするなどで、依頼してもいいかどうかの判断をしよう。

さらにSUUMOカウンターを活用するのも手。たくさんの会社情報が集まっているだけでなく、会社選びの方法を教えてくれるセミナーなども開かれている。ゼロから会社探しをスタートする人にとっても役立つ情報が手に入るだろう。

ハウスメーカーと工務店の違いと特徴

家づくりの依頼先は、大きく分けて「ハウスメーカー」「工務店」「設計事務所(建築家)」の3種類。なかでもハウスメーカーと工務店が代表的な依頼先になる。それぞれの特徴を紹介しよう。

ハウスメーカーとは?

明確な定義はないが、全国に支社や支店など営業拠点を置き、住宅展示場でモデルハウスを公開していることが多い会社。大手ならではの安心感や安定した品質を重視するならハウスメーカーが適しているだろう。

営業から設計、工事、アフターサービスまで体制が整えられ、品質や技術を高めるための研究にも力を入れている会社が多い。

また、用意されている住宅商品は、自由に間取りをつくる『自由設計型』と、いくつかの間取りパターンや標準仕様の設備から選ぶ『企画型』なのが一般的。

自由設計型といっても、間取りは一定のパターンに変更を加えていき、キッチンや浴室などの設備や内装材、外壁材などは標準仕様のバリエーションから選んでいくことが多いので、後述する工務店に比べると自由度はやや低いだろう。

ただ、定期点検や保証などをきっちりと制度化しているところが多く、建築時の担当者が退職や異動になっても、ルールに沿って対応してくれるのが強みのひとつだ。

また、工法やプラン、住宅の規模、時期などにもよるが、建築工期が工務店よりも短いことが多いのも特徴のひとつ。同じ規模の家を建てた場合、工事全体の流れがシステム化されていて効率的なハウスメーカーのほうが早く家が建つことが多い。

工務店とは?

こちらもハウスメーカー同様、決まった定義はないが、通常、ハウスメーカーよりも狭い範囲で営業を行っているのが特徴のひとつ。1店舗だけでやっているところから、ハウスメーカーのように多店舗展開しているところまで規模はさまざま。

身近なホームドクターのようなパートナーを求めるなら工務店がオススメだ。住宅は完成して終わりではない。入居後の不具合やメンテナンス、将来のリフォームなど先々困ったときに、近所の会社なら長く気軽に頼りにできる。

また、工務店は、間取りや外観デザインなどのプランを、施主といっしょにつくりあげていきやすいのも魅力だ。

例えばキッチンは、施主が気に入ったシステムキッチンを使うことはもちろん、手づくりのオリジナルキッチンをつくることも可能。床に無垢材を使いたいといった、パーツや設備などの希望をかなえやすいのも特徴で、プランの自由度は高いといえるだろう。

一方、工務店のアフターメンテナンス体制は、会社によって異なる。定期点検や保証の制度も設けている会社や、不具合があればすぐに駆けつけて修理してくれるという地域の工務店ならではの手厚い対応が強みのところも。

ただ、忙しい時期には修理を頼んでも待たされることがあるなど、会社規模による差も。また品質では、均一な企画、部材を使うハウスメーカーに比べ、現場で施工する職人によって左右されるのも違いといえるだろう。

ちなみに地域密着型の工務店の多くは、テレビCMなどではなく、口コミや紹介などで長く営業を続けている。だからこそ、その工務店で家を建てた人からの技術力や対応の評価は重要な情報だ。

また、その工務店が何を大切にして家づくりをしているかは、ホームページなどからもわかる。『自然素材を活かした家づくり』『施主と寄り添う家づくり』など、アピールポイントが書かれていることが多いので、自分の好みと合っているかを確認したい。

そのほか、工務店の特徴の一つとして、フランチャイズの加盟店になっていることも。

フランチャイズ本部が開発、指導する工法や規格を使い、各地域の工務店がフランチャイズ加盟店として施工するスタイルだ。加盟している工務店は、本部が一括で仕入れた建築資材を使うことでコストが抑えられたり、本部や他の加盟店と技術や経営に関する情報を共有できたりするなどのメリットがある。

工務店によっては、複数のフランチャイズに加盟し、さまざまな工法、デザインテイストの家づくりを手がけているところもある。

設計事務所とは?

より独創的なアイデアを求めるなら、設計事務所(建築家)に依頼する方法もある。建築家がそれぞれの作風でオリジナリティの高い住まいを設計してくれる。

実際の施工は建築家が紹介する工務店が手がけるケースが一般的。施主と工務店の間に入り、施主に代わって工事監理をしてくれたり、追加変更工事が発生してもスムーズに増減金額をチェックしてくれたりする事務所も多い。

設計管理費は事務所によって異なるのであらかじめ確認しておこう。

家を建てる会社を決めた後の流れ

実際に依頼先が絞れたら相見積もりを

こうした依頼先の情報収集においては、工事中の現場や、竣工した住宅の見学会が催されていたら、できるだけ足を運んでおきたい。

工事中の場合は建物の構造や下地など、完成したら隠れてしまう部分も見ることができる。完成した住宅では内装の仕上げやデザインが実際に見られるほか、住む人のナマの声が聞けるケースもある。

また、依頼先の候補が絞り込まれたら、検討のたたき台となるラフプランと概算見積もりの作成を依頼しよう。比較のため3社程度に「相見積もり」をとるケースが一般的だ。

各社同じ条件で概算見積もりを作成してもらおう

ラフプランをチェックするときは、伝えた要望が反映されているかどうかを確認。そのためにも、見積もりを依頼する段階で、間取りや設備などに対する要望を整理し、各社に同じ条件で作成してもらうことが重要となる。

概算見積もりはまず、予算内におさまっているかどうかをチェックする。もしも予算をオーバーしている場合は、その理由を聞いてみよう。

例えば道路が狭く、資材を運ぶ車が小型タイプしか入らない、あるいは防火サッシにしなければならない地域だったとか。その場合どうすれば予算内におさまるかを検討してもらおう。

さらに入居後のメンテナンスや保証体制が整っているかどうかも重要だ。定期的メンテナンスは家の寿命を延ばし、快適さを維持するのに欠かせない。入居後何カ月、何年目にどのような定期点検が行われ、費用がどの段階から発生するかを確認しておこう。

また完成保証や性能保証などの保証制度についても、保証の範囲や費用負担の有無などについてチェックしておくと、住んだ後も安心して暮らせるだろう。

ちなみにSUUMOカウンターでは、アドバイザーと希望の家の条件を整理した後、その条件で家を建てられる建築会社を複数社紹介してくれ、価格やアフターサービスなどの比較も一緒にできる。

また、建築完了前、万一、建築会社が倒産してしまった場合に備えた完成保証と、入居後に設備が故障した場合に備えた保証も無料で利用できる。

●取材協力
佐川旭さん

佐川旭建築研究所代表。一級建築士、インテリアプランナー。間取り博士とよばれるベテラン建築家で、住宅だけでなく、国内外問わず公共建築や街づくりまで手がける

取材・文/山口俊介

最終更新日:2020年1月30日