不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)トップ > SUUMO住活マニュアル > 注文住宅・土地探し編 > 家・土地の購入から入居までの基本の流れ > 住む場所や、理想の家・暮らしをイメージする

住活のやること・ダンドリをチェックしよう
SUUMO住活マニュアル
家・土地の購入から入居までの基本の流れ

住む場所や、理想の家・暮らしをイメージする

住む場所や、理想の家・暮らしをイメージする

せっかく家を建てるなら、できる限り理想の家にしたいもの。注文住宅ならその理想の家を実現できる。そこで、理想的な家づくりをするために必要な、将来のライフプランの立て方や、家族が満足する間取りのつくり方をご紹介。何を考えておけばいいのかを知って、理想の家づくりの参考に。

理想のライフプランの考え方

「多額のお金や労力がかかる家づくりは、家族全員の人生設計(ライフプラン)を考える絶好の機会」と一級建築士の佐川さんは話す。特に注文住宅は住む場所から建てる家まで、すべて自分たちで考えるものだけに、理想の暮らしをつくることができるはずだ。

「今」の暮らしと「将来」の暮らしをイメージしよう

人生設計をするには、普段の暮らしと将来の暮らしの両方を考えることが大切。普段の暮らしは通勤・通学、食料品や日用品の買い物、子育て、趣味などがベースに、将来の暮らしは子どもの成長や老後の暮らしなど、先を見据えた暮らしのイメージがベースになる。

こうしたことを踏まえて、自分たち家族はどんな暮らしを望んでいるかをまず整理してみよう。

例えば快適性を重視するなら、風通しや日当たり、断熱性の高い家が候補になるだろう。子育てを重視するなら、どんな環境で子育てしていきたいか、治安や教育環境の充実度、大きくなって電車を使った通学などを想定した最寄駅の使い勝手などの立地選定は当然重要になる。

さらに親子のコミュニケーションの深まりやすさなどを考えてみると、子ども部屋をどうつくりたいのかといった具体的なプランの希望も挙がってくる。

老後の暮らしを考慮するなら、上り下りを円滑にするための階段の勾配角度を緩やかにする、廊下の幅を広くとるなど、生活動線上のバリアフリーも魅力となる。子どもが独立した後の居室の使い道も考えてみるのもいいだろう。

もちろんお気に入りに囲まれた空間などデザイン性も満足度を大きく左右する。まずは希望の暮らしをできるだけ具体的に挙げて、優先順位をつけてみよう。

「したい暮らし」の希望をとにかく挙げてみよう!

■立地環境

  • 通勤しやすい
  • スーパーが近いなど買い物しやすい
  • 最寄りに子育て便利な公園がある
  • 小学校や中学校に通いやすい
  • 病院など公的施設が充実している
  • 道路が整備されている。街路灯がある、歩道が広い

■空間・設備・性能

  • 冬暖かく夏涼しい
  • 天然素材で快適に暮らしたい
  • エコ設備が充実した家がいい
  • 万一の際にも安心できる防犯防災の家
  • 収納充実で片づけしやすい家
  • 毎日の家事がラクな家がいい
  • 家族の気配を感じられる家
  • 好きなインテリアに囲まれたい
  • 自然を感じて開放的に暮らしたい
  • 趣味を活かしたスペースの家に暮らしたい
  • 断熱性が高い心地よい家

注文住宅購入者がよく挙げる「したい暮らし」の一例。こうした「暮らしの希望」を整理することから家づくりを考えていこう。

ローン支払いから教育費用などマネープランも考える

もちろん土地探し、家づくりだけでなく、お金について考えることも重要だ。毎月のローンの支払いにくわえて、子どもがいる場合、教育費用がいつごろピークになるのか、住み続けるための修繕費用、万一病気をした場合のことなども考えておきたい。こうしたマネープランは人によって異なるので、ファイナンシャルプランナーなど専門家にアドバイスをもらうのも手だ。

家族が満足する間取りのつくり方

家族が集うリビングを中心に考える

家は家族の暮らしの場。だからこそ家族全員が満足できる家にしたい。ライフスタイルや家族構成、年齢によって変わるが、家族全員が満足できる間取りのポイントは、「家族が集い、暮らしの中心になるリビングから考えること」という(佐川さん)。

例えば、玄関から子ども部屋など各居室に向かう際、必ずリビングを通るような間取りにすると、自然と家族が顔を合わせる機会が増え、コミュニケーションが円滑になりやすい。

また、快適に過ごせる空間なら自然と家族が集まる場所になるもの。そこで、床や壁材にむくや漆喰(しっくい)など、肌ざわりがよかったり、調湿効果のある自然素材を使ったりすると、心地よく過ごせる空間に。

さらに吹抜けを設けたり、仕切りを少なくしたりすることで視覚的に開放的なリビングにもできる。こちらも心地よさにつながることが多いと人気だ。

子どもがいる家庭ならリビング学習ができる間取りも

定番となってきたリビング学習ができる間取りもおすすめだ。

個室にこもらずに、リビングなど家族の気配があるところで勉強ができるようにした空間のことをスタディコーナー(スタディスペース)といい、キッチンカウンターを幅広にしたり、壁にカウンターを設けたり、子どもや親子の勉強空間をリビング・キッチン、廊下の一角につくることを指す。

親は家事などで忙しい暮らしの中でも宿題を見てあげられるし、子どもも常に親の目が行き届いていると感じ、集中力が増すという。それ以外にも、何気ない会話が増え、子どもの悩みに気づいてあげやすくなるなどの効果が期待できる。より親子の距離が近くなるだろう。

可変性のある家づくりになっているか?

長い目で見た場合、家族構成やライフスタイル変化に対応できる家づくりも大切。キーワードになるのが「可変性」だ。

例えば、広いワンフロアの子ども部屋をつくれば、子どもが増えたとしても成長してから間仕切りを入れて2部屋にできる。子どもが独立した後は、広い部屋に戻して夫婦の趣味部屋にすることも可能だ。

さらに昨今の家づくりで一般的な考えになってきたのがフリースペース。あえて用途または利用者を限定せず、フリーアドレスの空間を指す。

例えばファミリークロゼットやファミリーライブラリーなど、家族共用の空間にすれば、家族で服や本を共用できたり、親が服を選んだり着替えたりしながら子どもの身支度を手伝ったりなど、自由度高く多用途に使える。

また、将来子どもが独立したときも、居室にできたり多用途に使えたりと、長く使い勝手のいい家になる。

見た目だけでなく、生活のしやすさも考慮したい

もちろん生活しやすさも大切。毎日使う洗面浴室へ向かう動線が2つ以上あったり、洗面台も広めの設備をセレクトしたりすると、ストレスなく家族みんなが心地よく暮らせるだろう。使い勝手を考えた場所に収納を充実させるのも便利に暮らせるポイントだ。

間取りではないが、目に見えないところでは、断熱性や気密性も家族が快適に暮らすための要素に。建築会社によって得意とする工法や仕様があるので、快適性にこだわりたい人はそうした会社探しも考えてみよう。

注文住宅だからこそ、家族みんなの理想をとことん追求できる。暮らしの利便性と快適性、将来性など、家族全員で話し合って理想の暮らしから理想の家を実現してほしい。

●取材協力
佐川旭さん

佐川旭建築研究所代表。一級建築士、インテリアプランナー。間取り博士とよばれるベテラン建築家で、住宅だけでなく、国内外問わず公共建築や街づくりまで手がける

取材・文/山口俊介

最終更新日:2020年1月30日