不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)トップ > SUUMO住活マニュアル > 注文住宅・土地探し編 > 家・土地の購入から入居までの基本の流れ > 注文住宅購入の流れ・ダンドリを把握する

住活のやること・ダンドリをチェックしよう
SUUMO住活マニュアル
家・土地の購入から入居までの基本の流れ

注文住宅購入の流れ・ダンドリを把握する

注文住宅購入の流れ・ダンドリを把握する

注文住宅を建てるには複数の手順を踏む必要がある。流れの中で押さえておきたいポイントや必要な手続きを理解することで、理想どおりの注文住宅が建てやすくなる。ここでは、注文住宅を購入する基本的な流れ・ダンドリやそれにかかる期間を紹介していきたい。

エリアや予算など、条件の優先順位を決める

「住みたい場所」「いくら出せるか」がスタート

注文住宅の魅力は土地探しから始まって、自由に家づくりができること。漠然と思い描いていたことを、できるだけ具体的にすることが大切になる。購入の流れのスタートになるのは土地探しだが、土地探しを始める前までに、最低でも住みたいエリアと予算を明確にしておきたい。

土地探しは、漠然と探していたのでは「これだ!」という土地にはなかなか出合えない。

住みたいのは「どのエリア」なのか、まず「○○区」「○○市内」「○○線沿線」など広い範囲でエリアを決め、通勤で使う最寄駅までの距離や子どもがいる場合は学校までの距離、自治体の子育て支援制度などの環境、毎日の買い物利便性など、妥協できるところと譲れないところをリストアップ。

また予算では、自己資金として用意できる金額と、無理なく返済できる借入額を計算し、予算のメドを立てておこう。建てたい会社、土地探しも絞り込みやすくなり、時間の無駄を省けるはずだ。

暮らしの希望を整理することで、建てる会社選びの基準になる

どんな家に住みたいかを想像するのはワクワクするもの。

大切なのは「木をふんだんに使った家」「ギャラリーのようなモダンな家」などデザインテイストから、子ども部屋の数、趣味のスペース、ガレージの有無など、家族みんなが希望する条件を列挙して、その中で優先順位を決めること。そうすることで、希望の家を建てられるハウスメーカー探しも、ぐっとスムーズになるはずだ。

希望条件をクリアにするコツとして、今の住まいの不満点を挙げてみるのも手だ。イメージを具体的にするために、住宅誌や情報サイトの施工例を参考に希望の間取りや設備の知識を深めておくのもオススメ。

また、条件に合う家や土地の大きさは、モデルハウスや完成済みの建売住宅の見学で目安をつかむことができるので、より具体的にするために積極的に動いてみよう。

注文住宅を建てる流れと期間

大きく分けて9つのステップ。検討から入居まで約1年~1年半はみておこう

検討から入居までに、1年以上かかることもある注文住宅の購入。入居までにはいくつものステップが必要だ。一般的な注文住宅を建てる流れを表にまとめてみたので、子どもの入学前など、自分たちが希望する時期に新生活がスタートできるよう、期間とともに把握しておこう。

注文住宅の一般的な流れと押さえておきたいポイント
注文住宅の一般的な流れと押さえておきたいポイント

期間は通常、情報収集から引き渡しまで約1年~1年半。もちろんプランニングに半年以上かけたり、土地探しに数年がかりの人もいたりするので、あくまで参考程度に。それよりも入居したいタイミングに合わせて動き出すのが大切だ。

土地と建築会社探し

まずはじめは土地と建築会社探し。通常、土地を探すときはインターネットで。不動産会社に依頼し、物件情報を提供してもらったり、一緒に土地を見て回ったりすることもできる。不動産会社によっては、あらかじめ希望を伝えておくと、新しい情報が来たらすぐ土地情報を紹介してくれるケースもあるので相談してみよう。

また、建築会社に土地探しを手伝ってもらう方法もある。建築会社によっては土地の仲介を行う部署が社内にあったり、グループの不動産会社などと提携している場合もあったりするからだ。

希望する大きさやプランの建物が建てられるかどうかも判断してもらえるので、できれば土地探しと並行して建てる会社探しをする際、こうしたサービスを受けられるかどうかも合わせて検討してみてほしい。

もし何も決めていなくても、SUUMOカウンターのようなサービスをしてくれる窓口に相談すれば、希望に即したアドバイスが受けられるので、活用してみるのも手だ。

土地購入、住宅ローン選び

その後は、土地購入、住宅ローン選び、建築会社の見積もり依頼と費用や契約関係の手続きが発生する工程に。そして建築会社を決めたらいよいよ最終プランを詰めていく。プラン決定までの期間は人によって違いがあるが、希望どおりの家づくりのための大事なファクターなので妥協せずに相談しよう。

建築会社の見積もり依頼と費用や契約関係の手続き

プランが確定したら、建築会社と工事請負契約を結ぶ。そしてプランが法令に違反していないか建築確認申請を出し、チェックをしてもらう。これ以降に例えば窓の大きさなど法律にかかわる部分のプラン変更があると再申請が必要になり、時間と費用がかかるので注意したい。

建築確認申請が通れば住宅ローンの申し込みをして本審査。すべて通過すれば工事開始になる。

工事開始前~完成まで

工事開始前には長いお付き合いになる近隣への挨拶を行おう。また、工事前の安全祈願のための地鎮祭や、家の骨組みが完成した後に行う上棟式は実施するかしないかは建てる人の希望次第なので、建築会社や家族と相談して決めてほしい。

工事中は時々現場に行き、進行状況の確認を行おう。職人さんとコミュニケーションを取りながら進めることも理想の家づくり実現のポイントだ。

完成後は建築確認申請を行った役所や審査機関による完了検査で申請どおりに建てられているかの確認が行われ、問題がなければ検査済証が発行される。

このほか、施主立ち会いのもと建築会社と一緒に竣工検査という最終チェックを行う。例えばトイレはしっかり水が流れるか、ドアがスムーズに開くか、クロスがはがれてないかなどを確認する。

また、設備の使い方なども説明も受けられる。不具合があればその場で建築会社に相談しよう。

これが一般的な注文住宅購入の流れになる。注意点は工程の中で複数回の支払いのタイミングがあるなど、手続き関係で並行して考えることが多いこと。建築会社と相談しながら、その都度確認しながら進めてほしい。

●取材協力
佐川旭さん

佐川旭建築研究所代表。一級建築士、インテリアプランナー。間取り博士とよばれるベテラン建築家で、住宅だけでなく、国内外問わず公共建築や街づくりまで手がける

取材・文/山口俊介

最終更新日:2020年1月30日