不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)トップ > SUUMO住活マニュアル > 注文住宅・土地探し編 > 家・土地の購入から入居までの基本の流れ > 家を建てるために必要な情報収集をする

住活のやること・ダンドリをチェックしよう
SUUMO住活マニュアル
家・土地の購入から入居までの基本の流れ

家を建てるために必要な情報収集をする

家を建てるために必要な情報収集をする

注文住宅を建てる際はしっかりと情報収集をしたいもの。雑誌やインターネット、住宅展示場や中立的なアドバイスをもらえるスーモカウンターなどさまざまな情報収集手段がある。

ここでは、注文住宅における情報収集方法について紹介していく。上手に使い分けて、希望どおりの家づくりを実現してほしい。

情報収集前にやるべきこと

ゼロからスタートするのが注文住宅。建てる際、事前に知っておいたほうがいいことは「家づくりの流れやダンドリ」。建売住宅やマンションと違い、特有の契約手続きの種類が多く、決めるべき事柄も多いからだ。

また当然ながら希望条件に沿って進めるのが大前提だ。そこで、情報収集を始める前に、家族で希望条件をまとめておこう。

住みたいエリアや予算、デザインなど住みたい家の希望条件を整理

家族それぞれの希望をリストアップし、譲れない条件を把握しておけば、土地探しはもちろん、数多くある建築会社の絞り込みもしやすくなる。スムーズな購入につながるし、なにより住んでからの後悔が防げるはずだ。
※建築会社……ハウスメーカーや工務店など、家を建てるときに依頼をする会社のこと

優先的にまとめておきたいポイントは「住みたいエリア」、「予算」、「好みのデザイン」。加えて、個室が欲しい、趣味を楽しみたい、家事をラクにしたいなど家族それぞれの条件を話し合っておこう。

注文住宅購入における情報収集方法

土地探しなら、まずはインターネット

チラシ、雑誌、SUUMOなどの情報サイトなど、注文住宅を建てるときに使える情報源はさまざまある。中でも土地探しに関してはインターネットサイトで検索するのが基本になる。豊富で最新の情報が集まっていて、いきなり不動産会社に行くよりも効率的でたくさんの物件を比較検討しやすいからだ。

また探していく中で希望のエリアがいくらくらいかの相場観も養うことができるので、予算に合わせてエリアや立地条件、広さなどを変え、自分が納得のいくものに絞っていくこともできる。

時間を無駄にせず、スムーズに探しやすくなるだろう。掲載情報の中では、その土地を取り扱う不動産会社の名前、連絡先もわかる。希望エリアでの取り扱い物件が多ければ、そのエリアに強い不動産会社といえるので、実際に土地探しをお願いする不動産会社探しにも役立つはずだ。

デザインを考えるなら住宅情報誌&住宅情報サイトで

デザインに関しては、住宅情報誌や住宅情報サイトが横並びで情報収集しやすいので定番だ。

特に注文住宅関連の雑誌を選ぶ際には、施工例写真が豊富に掲載されているものを選びたい。在来工法、プレハブ工法、二階建て、平屋など、住宅にはさまざまな建て方があるが、それらの特徴について写真を見ながら理解でき、自分が希望する建物はどんな建て方ならできそうかのイメージもつけられる。

さまざまなデザイン、仕様が掲載されているので、もしかしたら思わぬアイデアが見つかり、視野を広げてくれるかもしれない。

また、住宅専門誌ではなく、インテリアや美術関連、カフェ関連など、自分の好きな空間のイメージが掲載されている雑誌を活用する人も多い。スクラップにしてまとめていくうちに、希望のデザインテイストが固まることもある。

建築会社の中には、こうしたスクラップなどをまとめた「家づくり希望ノート」をつくることを勧める会社もある。後々プランを相談する際に、視覚的に理想を共有できることで希望とのかい離を防げるからだ。ぜひ作成しておきたい。

最近では、情報収集をスマホで行う人も多く、インスタグラムやピンタレストなどの手軽に使える画像サイトを活用する人も増えているので、一度見てみてはどうだろう。

実際に見て確かめるなら、まずは住宅展示場へ!

建物を実際に見ることができる住宅展示場は、主に建築会社探しで活躍する。建築会社が得意とする工法やデザイン性、こだわり素材などが詰まった家を体感できるので、建築会社の特徴がわかりやすいからだ。

敷地内に一つの建築会社しかない展示場と複数の会社があるもの(総合住宅展示場)の2タイプある。後者は、会社選びの手前の、さまざまなタイプの住宅を見ながら、自分の条件を絞り込んでいくのにも便利だ。

展示場見学では家だけでなく、その建築会社の対応力も判断したい。例えば担当者の人柄や物腰などから、相談しやすい会社かどうかの目安になる。

また、家事をラクにしたい、家族のつながりを感じられる間取りにしたい、ナチュラルなデザインにしたいなど、自分の希望を伝え、それらに答えた実績があるか過去の施工例を見せてもらったり、どんな設計士がいるかなど、会社の体制までヒアリングできたりすれば実際に依頼する際の判断基準になる。

建物だけでなく土地探しまでサポートしてくれる会社かどうかなども聞くことができるので、土地探しが不安な人はぜひ質問してほしい。

住宅展示場によっては、住宅ローンなどのお金に関してや、土地探しに役立つセミナー、説明会などが開かれていることもある。家づくりの情報がたくさん欲しい人はチェックしたい。

子ども連れでも訪れやすいイベントなども開催されていることが多いので、家族で訪れたいという人は事前に何が行われているかを調べておくと、親子ともにストレスなく見学ができるかもしれない。

注意点としては、見学しているのはあくまでモデルハウスだということ。実際に自分たちが建てられる価格、広さの家なのかは判断しにくい。あくまで会社の特徴やアイデア探しというイメージで見学しよう。

完成見学会への参加もおすすめ

建築会社がある程度絞れてきたら、その会社で実際に建てた人、家を見学する「完成見学会」にも参加してみたい。実際に建てた人から、こだわった点から大変だったことなどを聞くことができるので、より具体的に家づくりがイメージできるはず。建てた人だからわかる建築会社の魅力や個性を知ることができるので、会社選びの基準にもなるはずだ。

もちろん気になる建築会社があれば、実際に連絡を取り、話を聞きに行くのもいいだろう。完成し、すでに住んでいるご家族の家を見せてくれたり、自社のモデルハウスが充実していたりする建築会社もあるので、具体的な情報が集められるはずだ。

建築会社や不動産会社ではない、中立的なアドバイスが欲しい人は?

そのほかには、電話や対面で中立的なアドバイスをしてくれる場所もある。スーモカウンターは、専任スタッフが希望の家づくりに関して丁寧なヒアリングをして条件の優先順位をつけてくれ、わかりにくいダンドリなども教えてくれる。

さらに希望に合うような建築会社も複数、紹介からアポイント取りまでお願いできる。家づくりに関するセミナーなどサービスが充実しているので、活用してみるのもいいだろう。

●取材協力
佐川旭さん

佐川旭建築研究所代表。一級建築士、インテリアプランナー。間取り博士とよばれるベテラン建築家で、住宅だけでなく、国内外問わず公共建築や街づくりまで手がける

取材・文/山口俊介

最終更新日:2020年1月30日